2015年06月27日

「《存在証明しようとしない》力」(豊かさについて) vol.306

***********************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

「《存在証明しようとしない》力」(豊かさについて) vol.306

***********************************************************************

みなさまこんにちは。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。


☆★☆ 寺子屋&英語
秋から新規通常クラスやるかもしれません(まだ考え中) 
1day ワークショップ は6月はなし、7月やるかも☆★☆


☆★☆ローフード・フォー・ビジー・ピープル☆★☆
ローフードの基本とレシピ開発の土台が学べます。
このレシピ集を土台に、多くのローシェフが活躍して
いらっしゃいます。
まだお持ちでない方は、一冊持っておいてくださいね。
(書籍は写真が少ないので、テキスト派向けです)
書籍
http://goo.gl/31fdYv
DVD
http://goo.gl/vefC7g


☆★☆  お休みしていた 、「エンジェル・ジューサー」のご紹介が、
近々再開できそうです。もう少しお待ちください
(遅れててすみません)☆★☆


☆★☆ このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください ☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net


☆★☆無料e-book☆★☆
◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を無料でお伝えします。vol.01』
超ボリューミー! !これだけでもお教室が開けるぐらいの内容です^^
お友達にもぜひ下記のURLをご紹介ください。
http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf



☆★☆ note で、子宮筋腫のことを書いています、が。少し休止中 ☆★☆

3月11日に受けた検査で、
今まで10個以上あった子宮筋腫が、
2個しか確認できませんでした。その2個も小さくなっていました。
が、その後のことは思うところあって止まっています
(実は、その理由が今回のメルマガの記事です)
子宮筋腫の経緯についてなど
ご興味のある方は見てみてくださいね。

note
https://note.mu/ishizukatomo_rbj



☆★☆ 「《存在証明しようとしない》力」(豊かさについて) vol.306 ☆★☆


こんにちは。

vol.304 と 305 のあいだは
一ヶ月以上あいだがあき、
しかもその間に
「夢が破れる」という
「悲報」(´Д`|||) があったわけですが、

305と最新号306のあいだは
とりあえず20日ほどで出せてます……。


そして、その間にオーストラリアに行って、
帰って来て、タフな日常
(実家の仕事は最大のヤマという感じで、
父の病院の付き添いも多い)
が始まっちゃってます^^

オーストラリアは素晴らしい体験だったのですが、
全然情報発信しなかったのは、
・海外移動生活がすっかり日常化
・実は想像以上のカルチャーショック&価値観揺さぶりで
本当に横っ面はられたようにビシバシきまして、
そのあとの人生計画に影響を与えたりして(!)
まだ頭がクラクラしているぐらいで、
ほんとにだんまりになってしまいました。


そして、前回お伝えした「悲報」の続きですが、
なんと! そのあとどんどん悪くなりまして(驚)
ここ数年の全身はいったい何だったんだろう(涙)
と思うぐらい、
振り出しに戻った、あるいは
それ以下になったような最悪感でした
(完全に抜け出したと思ったので
落胆もより一層だったのだと思います)


この状態がずーっと続くのでは?
もしかしたら、私、もう二度と雲が晴れた状態を
見ずに死ぬかもしれない

とまで思いましたとさ。(そんな、ともさん!)


どうしてこんなに道からはずれちゃったのかしら……?


ようやっと
検証してみる余裕が出て来て、
「これが理由かもしれない」と思ったことは、



4月にヨーロッパから帰って来て以来、
ボキャビルにあまり力を入れすぎて
(なにしろ、2000ページ中560ページまで目を通しました。
アルファベットでいうと、Fに入ったところです)


あれだけ絶賛していた

Daily Reflections:
A Book of Reflections by A.A. Members for A.A. Members
(「毎日の繰り返し
AAメンバーによるAAメンバーのための日めくりブック」
http://goo.gl/ZlPbpm

を読むのをさぼるようになっていたことです。


「おお、それなら因果関係ありえる!」と
思って、
また目を通すようにしたところ、
現在一週間ぐらいたったのですが、
幸いなことに、
かなり効力があり、回復することができました。


そして、
前回の「夢がかなった」状態には
戻らなかったのですが、
また、別の(もしかしたらそれよりいい)
棚ボタが転がり込む、という体験もしました。


この「棚ボタ」は、
「棚ボタ」というと運だけでどこから
転がり込むもの、というイメージですが、
そうではなくて、
実は、「過去に自分で自分のためにやっておいて
すっかり忘れてた」というものです。
例えて言えば、
「金銀財宝、穴を掘って埋めておいたら、
利子が増えて、莫大に増えてた」
みたいな^^

前回の「夢がかなった」は、
その「夢」の内容が他人に依存したものであったので、
今回の、自分で積み上げたものほうが、ずっとずっと
安定性が高いものであることは
疑いようがありません。

そして、正確にいうなら
「棚ボタ」ではなくて
「棚卸し」ですよね。
自分が持っている資源を発見した、
という話なので。

あ、そうだ。
そういえば、朗報ついでにもう一つ。

上記で紹介した
Daily Reflections:
A Book of Reflections by A.A. Members for A.A. Members
(「毎日の繰り返し
AAメンバーによるAAメンバーのための日めくりブック」)

なのですが、
なんと、無料で全文読めるページを発見しました!
PDFなので、ダウンロードもできるのです。

こちら↓
http://silkworth.net/pdf/alcoholics-anonymous-daily-reflections.pdf

そして、
A.A. のサービスオフィスのウェブサイトを見ると、
フランス語とスペイン語の対訳まで
毎日見られるではありませんか。。。
http://www.aa.org/pages/en_US/daily-reflection?y=2015&m=06&d=23
フランス語版
http://www.aa.org/pages/fr_FR/daily-reflection?y=2015&m=06&d=23
スペイン語版
http://www.aa.org/pages/es_ES/daily-reflection?y=2015&m=06&d=23

文字検索窓までついて
かなりの充実ぶりです。


私は、できるかぎり、
英語も音読して、フランス語版も
音読するようにしています。

読み終わったあとの、
「腑に落ちる」ような爽快感は
格別のものです。

さて、
「A.A (アルコーホリック・アノニマス)なんて
私には関係ない」と思って
読み飛ばしそうになっている方に向けて
ぜひ一言お伝えしたいと思うのですが、

ちょっと前にブログで紹介した
タイフード・マーケットのマンゴー
http://rawbeauty.seesaa.net/article/417732388.html

が、一ヶ月ぐらいたってから
まねして購入した人たちのあいだで
「うまい」と評判になり、
Facebook で、ちょっとだけ
口コミ現象が起きました^^

私の投稿するものはすべて
あの「マンゴー」と同じレベルで
「うまい」と思うものを紹介していますので、
どんなジャンルにせよ
「私には関係ない」と思わずに、
一度は試してみていただけたら、と
思っております。
きっと「マンゴー級」を味わっていただける、
のではないかと^^


で、「マンゴー級」の話を続けますと、


どうして、アルコール依存症者に向けた読みものが、
それを手に取る人の人生の質を飛躍的に上げてくれるかというと、
「依存症からの回復」というのは、
裏返して言うと、
《自己存在証明しようとしない力》の
向上だからです。


逆に言うと、「依存症」というのは、
私流の言い方で言えば
「なんにつけ自己存在証明しようとする」
ことがやめられない病です。
玄関扉の開け方から、
横断歩道のわたり方まで
「オレ流」を貫くのが
依存症なのです
(例は適当に書いてみました)

オレ流なので
玄関扉あけるだけで壊しちゃったり
(ちゃんとノブを回さないで体当たりしたりするから)
横断歩道を最後まで渡りきれずに車にはねられたりと
(信号より「渡りたいとき」を優先するから)
他の人からみれば
「どうしてそんなことができない?」
と思うことも失敗します。


しかも、失敗すると人のせいにするのですが、
横断歩道ではねられると
少なくとも日本では
あくまで車が悪いということになってしまいますので
ドライバーも気の毒ではあります。
(当たられ屋か……)

なんだかマンガみたいに書いてしまいましたが、
依存症者は、そうまでして
「自己存在証明」したいのです。

どうしてかというと、
「自己存在証明」が、
自分の内側からわき上がるものではなく、
他者(人・物)を利用して、その「反射」によって
行われるからです。
だから、自己存在確認するために、つねに
「証明する対象」を求めてしまうのです。


アルコールにせよドラッグにせよ過食にせよ、
それらは最初は「証明を与えてくれた」ものなのです。
そのうち、「何度やっても与えてくれない」に
に変わって行くんですけどね……。


そして、これが危険な状態になると、
自分のことは何にでも自己存在証明しようとするのだけど、
他人が自己存在証明しようとするのを見るのは耐えられなくて
徹底的につぶしたがる、
という状態までいきます。

この
「こちらの存在証明をつぶそうとする力」に
「こちらの存在証明をしようとする力」で
対抗しようとすると、
(ときには正当であるかもしれないとしても)
「戦争」になってしまいます。
私がここ数ヶ月で夢破れてしまったのは、
激しく自己存在証明しようとする力に対して、
自分も「自己存在証明」しようとしちゃったからなんだなあ、
と、ふりかえって
つくづく思っています。


そこには、正当な範囲での「自己存在証明」と
エゴに近い自己存在証明があったかもしれないけど
いずれにせよ、それで対抗しちゃうと
不毛に時間を使うのです。


人間って、「自己存在証明」しちゃいけないの?
という問いが出てくるでしょうし、私もしてもいいと思うのですが、
「自己存在証明願望」が病的に強い人からの波をかぶると、
こちらの領域が侵されるため、
「私だってここにいるんだぜ!」と
声を強めて主張したくなります。
この反応はさらに相手にエネルギーを与えてしまい、
破壊欲が強まってしまいます。

そして
泥沼の徒労が増えます(嗚呼……)


つまり、それを終わらせようとするなら、
こちらの「自己存在証明しようとしない力」を
強めるしかない。


「証明」しなくても
「自分で感じてるのに、証明が必要?」に
変えて行く、
そういう力を
「依存症から脱却するマニュアル」は
与えてくれるというわけです。


「お前のせいではねられた、ゴルア!」を
「道を渡りたいという希望を達成するためには
信号見て、右見て左見て渡ったらいいんじゃないんですか、以上」
で終わらせる力というのは、


こちらが、
「単なる依存してない人」を超えて
「ハイパー自立してる人」
ぐらいの力を必要とする、
ということなんですね。


そう書くと、私が最初から自立した人のように
見えますが、
「親から常に存在証明の対象に使われて来たうちに
自分が内側から存在を感じることができなくなり、
他者に向かって存在証明したくなってしまう人→
依存症行動に陥りやすい人」
というのが
「アダルトチルドレン・オブ・ディスファンクショナル・ファミリー」
の必要十分な説明だと
私は思っておりますので、
私の存在証明欲もそこそこ強いはずなのです。

(問題が起こって検証してみると
結局これだったりします)


そこから抜け出す方法として、
「私は今のままで十分愛される価値がある」
みたいなアファメーションがあると思いますが、

「愛される価値がある」って
思い出しちゃうと、
「それを唱えてる自分はつまり
《愛される価値が無い》と
思ってる」
というループにはまってしまう
危険があると思うんですね。

そうではなくて、
もっと具体的なマニュアルがあると、
「私って愛される価値があるの? ないの?」
そこばっかり考えるループに
はまらなくてすみます。


A.Aの発信する情報
(それは、A.A の参加者からの情報の蓄積です)
には、その具体的なマニュアルがあると思うんですね。
ですから、それを「読む」ことで
「自己存在証明しなきゃ!(=愛されなきゃ!)」という
強迫的な観念から
視点がそれるのです。

それによって、結果的に
《自己存在証明しようとしない力》が
養われる。


だからね。
私は、
人が、お金持ちであろうと、なかろうと、
健康であろうと、なかろうと、
素敵なパートナーにめぐまれていようと、
いなかろうと、
今日やることは一つ、
《自己存在証明しようとしない力》
を、一つずつ積み上げることに集中すること
につきるのではないかと思うようになった次第です。


そうすることで、
自分の外側にあるもの(=証明されたもの)で
自分の価値や幸せを測ることがなくなりますので
外側にあるものから自由になることができ、
また、外側にあるものを自由にしてあげることができるのです。


【本日のまとめ】


自分の内側から「自分は自分である」という感覚を
感じにくいと、
自分の外側にあるものに反射させて
自己存在証明しようとするようになる。
このメカニズムが「依存」である。


人に「依存」されると、
その人に自分の自由の領域が侵されるので、
された人は、自分も自己存在証明したいという
気持ちが強くなりやすい。
こうして依存が連鎖する。


自己存在証明したい人は、
特定の行為で自己存在証明しようとする場合もあるが、
何につけても自己存在証明しようとすることが
多い。
自己存在を感じられない人は
自己存在証明を呼吸のように
たゆまず行う必要があるからである。


自己存在証明しようとする人(あるいは団体)に
自分の自己存在証明で
対抗しようとすると、
たとえこちらの主張が正当であっても
戦争になってしまう。
どちらかが勝ったように見えても、
相手が息を吹き返すと
再勃発する。


これを終わらせ、無益な対抗を
人生の時間から取り除くためには、
自分が
「自己存在証明しなくても、自分を感じられる能力」を
向上させることである。


そのために有効なのが、
依存症者(自己存在証明したい人)が
回復するときの
プログラムに、
自分もまた則ることである。


このプログラムは、努力や根性でなく
「自己存在証明したい」対象から注意をそらし、
自分に向かい合うように
無理なく誘導してくれるからである。


「自己存在証明しなくても、自分を感じられる能力」とは
すなわち、自己評価のことである。


つまり、
「自己存在証明しようとしない力」の向上とは
自己評価の向上につながるので
自分に必要なものわかり、
豊かさの獲得へとつながる。

(だからマンゴー級!)


本日もお読みいただきまして、
ありがとうございました。
次回も楽しみにしてくださったら嬉しいです。



【お知らせ】

「単発寺子屋おはなし会」
「英語1day ワークショップ」
今後も開催していくつもりですので、
日程や内容に関しましてご要望のある方は、
こちらからお願いいたします。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html



ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問を遠慮無くお寄せください。
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【応援のお願い】
今日の記事が「役だった」と思いましたら

・ツイッターでのリツイート
・facebook での「いいね!」もしくはシェア
 ブログ村「女磨き」ランキングをクリック。
 http://beauty.blogmura.com/ladiesbrushup/
・ご自分のブログにリンクを貼って感想記事を書く


などの応援をお願いします。


ジューサー類のご紹介は現在休止中です。
(もうすぐ再開できそうです……
 といいながら止まってしまってごめんなさい)

バイタミックスは引き続きロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・1270部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・487部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。


応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村

helpedpinkheart.dib
posted by tomo_ishizuka at 17:06| ゆたかさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

「消えた物語」(豊かさについて)  vol.305

***********************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

「消えた物語」(豊かさについて)  vol.305

***********************************************************************

みなさまこんにちは。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。


☆★☆ 1day寺子屋おはなし会 
英語1day ワークショップ とも、6月はなし、たぶん7月もなし☆★☆


☆★☆ローフード・フォー・ビジー・ピープル☆★☆
ローフードの基本とレシピ開発の土台が学べます。
このレシピ集を土台に、多くのローシェフが活躍して
いらっしゃいます。
まだお持ちでない方は、一冊持っておいてくださいね。
(書籍は写真が少ないので、テキスト派向けです)
書籍
http://goo.gl/31fdYv
DVD
http://goo.gl/vefC7g


☆★☆  お休みしていた 、「エンジェル・ジューサー」のご紹介が、
近々再開できそうです。もう少しお待ちください
(遅れててすみません)☆★☆


☆★☆ このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください ☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net


☆★☆無料e-book☆★☆
◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を無料でお伝えします。vol.01』
超ボリューミー! !これだけでもお教室が開けるぐらいの内容です^^
お友達にもぜひ下記のURLをご紹介ください。
http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf



☆★☆ note で、子宮筋腫のことを書いています、が。少し休止中 ☆★☆

3月11日に受けた検査で、
今まで10個以上あった子宮筋腫が、
2個しか確認できませんでした。その2個も小さくなっていました。
が、その後のことは思うところあって止まっています
(実は、その理由が今回のメルマガの記事です)
子宮筋腫の経緯についてなど
ご興味のある方は見てみてくださいね。

note
https://note.mu/ishizukatomo_rbj



☆★☆ 「消えた物語」(豊かさについて) vol.305  ☆★☆


こんにちは。

一ヶ月以上メルマガを発行できませんでした。


そして、その間に「悲報」がありました。(´Д`|||)

それは……。


今年の2月〜3月にかけて、
「夢がかなっちゃった」と書いていましたが、
破れました。。。


5月末にきて、見事に崩れ落ちました(号泣)


これからもしばらく、
私の
「賽の河原に積んだ石を、容赦なく壊される」
状態は、続いていきそうです……(酷)


そういうわけで、
「餅まき」もできず、
したがって、ブログも書けなかったというわけです。


が、しかし。
それなのに、今回のメルマガのカテゴリーも
「豊かさについて」です。


ちゃんと「豊か」な話はできるのです!


まず、
夢がかなっている状態の間も、
崩壊しちゃった後も、
私がやっていることは同じでした。


それは、
ゲルソンのお料理を作って食べて、
エネマして、
お仕事(実家のお仕事が7、RBJのお仕事が3)
そしてボキャビル、
ときどき自助グループ、というものでした。


そして、この一ヶ月、
メルマガが書けなかったのは、
父がまた入院して手術したことと
ゲルソン・ヒーリングがまた新たな段階に入ったと思われ、
エネルギーの低下やリンパに沿った痛み、
なんかが続いてた、という理由もありました。


その中で、毎日毎日、人生史上初ぐらい、
同じことの繰り返しでした。
ハード・コア・ゲルソン・ライフを始めてから
(これでもまだフル・スロットルじゃないんですけどね)
何度か書いていますが、
ひたすら手を動かす繰り返し。
ピンクの本にも書いた
Just hard work!
の、3倍速という感じです^^


この状態に、さらに
ボキャビルが加わったのです。
ゲルソン・ライフが「行」なら、
ボキャビルは、「読経」(!!!)


そして、この状態をやっておりますと……。

宗教修行じゃないけど、
実に、いろいろなことの雑念がとれて
ゆくのです……。


ゲルソン・ライフにも華やかさがあまりないですが、
私のやってる方法のボキャビルはもっとないのですが><


気持ちの「芯」というものの実感がハンパないんです。


本当は、「心の平安がハンパない」と書きたかったのですが、
残念ながら、数日前、夢破れちゃって、
平安も激しく崩されもしたのですが、(´Д`|||))
その状態にあってさえ、いつも「私は選択している」という自由さはあり、
「変えられないものは何か、変えていけるものは何か」を
リストアップできる能力が、飛躍的に伸びている感覚を
実感していたのです。


そのときにね、
身体のデトックスも進んでいるのでしょうが、
マインドのデトックスに何が一番きいているかというと、
「物語」が消える、ということなんです。


……と、書いてみたが。

「初出」のコンセプト提出ですね。

「物語の消失」。

前回のメルマガ(覚えてるかな?)
で、
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/417925440.html

人間は、
「価値保存のために作り出したものに、
「塩」「甘味料」「油」「穀物」「発酵」があり、
(あと、書くの忘れちゃったけど、
時代が下ると発酵に「アルコール」も含まれるようになる!)

さらには、それらの価値をいっそう保存、
さらに交換しやすくするために「貨幣」を
使うようになった。

これらは、みな便利で必要なものであるが、
それらがもつうまみ成分を、もっともっとと求める
(=依存症)という副作用がある、

と書きました。

そこまではおわかりいただけたと思うのですが、
実は、「貨幣」の先に、
もっと価値保存できて、もっとうまみが強くて、
場合によっては人に栄養を与えたり
癒したりするけど、副作用として
もっと中毒性が高いものがあるんです。

それが、
「物語」
なんです。


物語は、共鳴する人たちをお客さんにすると
大きな利益をもたらします。

「ブランド・ストーリー」
というやつですね。


「ルイ・ヴィトン」とか「エルメス」って
製品のデザインもあるけど、
ブランド・ストーリーがあることが
品物をどれだけ素敵に見せるかという
典型じゃないでしょうか。


そしてどれだけ莫大な
利益を生み出すか、とも。


インターネットの世界を見ていると、
物販にしろ、情報や教育ビジネスにしろ、
ヒーリング関係にしろ、それはもう、
「物語」だらけ。


単なる「広告」はいらない、と
思っているはずなのに、
人は、そこに「求めている物語」があると
引き寄せられて
ツボに入っちゃう><
(もう逃げられない(怖))
(ちなみに自分に共感しない物語だと
完全スルーできる)


私なんて、7年も前に書いた
たった一つの物語で
まだこうしてやっていけている><

物語の力というのは
かくなるまでに
強いのです。


物語がどう強く、
あるいはどう「中毒」になるかというと、
人は、弱っているときや迷っているときに
「物語」から、
勇気や主人公の具体的な行動を得て
前に進むことができます。

しかし一方で、
その物語があまりに強烈だと、
その物語に行動を制約されてしまうように
なるのです。


『源氏物語』なんか読むと、
「ああ、こういう人いるいる」
と思わされる例がいっぱい出て来ますよね。
まったく典型的、ということもないんだけど、
部分部分で、人は「夕顔」だったり「六条御息所」的
人生を重ねて生きたりします。


それは、「野生」にはないものなので
DNAではないのですが、
人間に「物語の原型(プロトタイプ)」
というものがあって、
そこにすぽっとはまると出てこられなくなっちゃうんですね。


ちなみに、物語を読まなくても
最初からインストールされてたりします。
(幼児期に両親から継いでいるのだろうと思います)
とくに、機能不全家庭に育った
アダルト・チルドレンは、両親から受け継ぐ物語が「激しく」
その物語が心に焼き付いて踏襲されてしまうということが
よくあります。


苦しいときや感情鈍麻を感じるとき(同じか)
私は、ふと、
「あ〜 これ、あの物語の登場人物みたいだな〜」と
思うことがありました。

感情鈍麻しかかっている私
(つまり、霊的に死にかかっている私)は、
物語にのっとられてその物語世界を生きている
自分を、遠くから眺めているような感じが
ときどきありました。


(……わかるだろうか? この感覚が
ちょっと心配になってきた^^;)


たぶん、
私がここで言っている「物語」と
ホ・オポノポノで言っている
「データ」というのは、
かなり近いものなんじゃないかと思います。

自分の自由がきかない感じ。


それが、なくなってきたのです。


一つ一つのアクションを「選択」している
という感覚は非常にあるのだけれど、
そのかわり、「ストーリー」は見えなくなった。


だから、私の行動は一瞬一瞬が「前例なき今」になり、
そのかわり、
他人にわかりやすい「絵」を見せることはできなくなりました。


たとえば、「お金がどんどん引き寄せられてくる」とか
「疎んじる態度をとっていた男性とお別れし、
 とても私を大切にしてくれる男性がやってきた」とか、
そういうストーリーはありません笑


そのかわり、壊滅的にお金に困るわけでもないし、
出会いもデートもすっからかん、というわけでもない。


だからといって、
「平凡」「可もなく不可もなく」
というのでもなくて、
一手一手を行っている感じ。
(「ゲームメイク」って言うのかな?)


ゲルソン・ミールって、
実働が大変で雑念が落ちて行くというのもありますけど、
食事に物語が入り込みにくいのですよね。
人の手で調味をしないし、
調理をするのは「火」や「ジューサー」であって
人間の仕事ではないし、^^;
色も地味。

(なお、マックス・ゲルソン先生の物語は
それなりに秀逸です)


それに、だめ押しのように「ボキャビル」が
加わりました。


ボキャビルほど、「ストーリーが無い個別の単語の羅列」で、
どんなにどんなに読んでも物語はインプットされない。


むしろ、そこに書かれている言葉たちを、
私はこれからどんな文脈で使ってもいいんだなあ、
と思うと、自由感が広がりました。


だから、「物語が消える」というのは
「豊かさ」に入ると思ったのです。


他の人と共通の「物語」を持たないということは
ちょっぴり寂しいことでもあり、
だからこそ、こういうのを「空」の状態というのかなあ、
とも思いました。


先ほど源氏物語を例にあげましたが、
源氏でいうと「雲隠」
つまり、源氏が死んじゃって、だけどそれは
タイトルだけで、ストーリーがない、
あんな感じです。


そうだそうだ、
このメルマガの読者の中にどれだけ
ご存知の方がいるかわからないのですが、
ミルチャ・エリアーデという
ルーマニアの宗教学者がいるのですが、
この方が書いた、『19本の薔薇』という
小説があるんです。
この作品、ストーリーがあるようなないようなで、
映画でいうと、編集のつなぎが悪いフィルムみたいに、
いきなり、前の場面にはなかった薔薇の花束が
次の場面でテーブルに置いてあったりするんですが
それに近いかも。

(ああこうやって、他人と共有体験をしようとすると
「物語」を探してしまう。やっぱり物語って
共有言語として便利なんですね)


ゲルソン・ヒーリングが
あらたな局面に入ってる気がする、っていうのは、
5月23日のメルマガにも書いたんですけど、
毎日、とりあえず様子を見ていました。

今確実に感じているのは、
私の中から物語が消えている、という
不思議な感覚です。


それはずっとそのままかもしれないし、
本当の私の物語が生まれる
前触れなのかもしれません。


そしてね。
ちょっとえらそげに
まとめてみると

共有できる物語を誰とも持たずに生きるということは、
一種の成熟に達したということなのではないかと
思うのです。

だって、共有できないということは
孤独を、しかも選んでそうしてるんだから。
「誰とも違う一歩」を
「ハイっ、私、恐怖を手放すの」とか思わずに笑
勝手に踏み出せちゃうということなんだから。


「私は私の道を生きるの!」とか
宣言する必要もない。
勝手に選んだら、勝手にそうなる。


その繰り返しにより、
「自分」という人間が歩んだ
軌跡ができる。
それは、自分の資産である。


だから、豊かなんだと思うのです。



【本日のまとめ】

「物語」は
「塩」「甘み」「油」「穀物」「発酵」「貨幣」に
次ぐ、6つめの価値保存物質であり、
同時に依存性物質である。


人が入れ替わっていくというのは
往々にしてその人にインストールされている
「物語」が入れ替わるときなのだが、
場合によっては
「物語」というものが消えてしまうこともありえる。


「物語」がない、ということは、
他者との共有を一つ失うことになり、
ある意味では寂しいことである。
しかし同時に、
「物語」に規定されずに自分を決めて行ける
自由な世界でもある。


そして、その自由の積み重ねは
新たな豊かさをもたらし得る。




本日もお読みいただきまして、
ありがとうございました。
次回も楽しみにしてくださったら嬉しいです。



【お知らせ】

「単発寺子屋おはなし会」
「英語1day ワークショップ」
今後も開催していくつもりですので、
日程や内容に関しましてご要望のある方は、
こちらからお願いいたします。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html



ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問を遠慮無くお寄せください。
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【応援のお願い】
今日の記事が「役だった」と思いましたら

・ツイッターでのリツイート
・facebook での「いいね!」もしくはシェア
 ブログ村「女磨き」ランキングをクリック。
 http://beauty.blogmura.com/ladiesbrushup/
・ご自分のブログにリンクを貼って感想記事を書く


などの応援をお願いします。


ジューサー類のご紹介は現在休止中です。
(もうすぐ再開できそうです!)

バイタミックスは引き続きロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・1273部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・488部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。


いつも読んでくださってありがとうございます。
はげみになりますので、
応援クリックをどうぞよろしくお願いいたします。。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村 ダイエットブログ 食べるダイエットへ


メルマガ「石塚とものロービューティ寺子屋」
あなたの人生にじわじわきく奥義。
http://www.mag2.com/m/0001243615.html

メルマガの過去ログブログ
メルマガ登録の前にどんな感じか読んでみたい方
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/

twitter
ブログ、メルマガのすべての更新情報が発信されます。
@tomoishizuka

facebook
いつでもフォロー出来ます。
お友達申請は、ひとことメッセージを添えてください。
https://www.facebook.com/tomo.ishizuka

note フォローよろしくお願いします。
https://note.mu/ishizukatomo_rbj

helpedpinkheart.dib
posted by tomo_ishizuka at 00:38| ゆたかさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。