2013年06月25日

「白雪姫のサレンダー」(セクシュアリティ) vol.220 

****************************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

「白雪姫のサレンダー」(セクシュアリティ) vol.220

***************************************************************************

こんにちは、
発行人で、ロービューティジャパン代表の石塚ともでございます。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。


☆★☆ すべてのお申し込み、お問い合わせのメールが大変多くなっております。☆★☆
毎日迅速に、ミスのないように対応しておりますが、
不備の際はお手間ですがご指摘ください。ご協力ありがとうございます。


☆★☆ もう夜だ!(笑)  ☆★☆
昨日は、メルマガ配信のあと、なんのかんのあって、寝るのが遅くなってしまいました。
明け方目がさめたのですが、二度寝してしまい。結果的に寝坊になってしまいました。
その後、お申し込みやお問い合わせに対応していたら、
いつのまにか外が暗いです^^;
でも、メルマガが書ける時間は私の大好きな時間です。


☆★☆ おためし寺子屋 たくさんお申し込みありがとうございます。 ☆★☆
◆6月26日(水) @西麻布ロービューティジャパン
昼の部 満席 受付終了
夜の部 満席 受付終了

◆ 6月29日(土) @目白プリム 12時〜 ランチ・スイーツつき
  価格を3500円に改定しました
残席2
材料の仕込みの関係がありますので、
お申し込み期限  6/26(水)いっぱい
入金確認期限  6/28(金) 午後3時とさせていただきます。
残席も少なくなっておりますので、お急ぎください。
詳細とフォーム http://bit.ly/Z7jfdB

◆ 7月3日(土) @品川WA-Living  19時〜 スイーツつき、その後ワインパーティあり 
残席 2
開催まで少し時間がありますが、
残席が少ないです。
御検討中の方、お急ぎをオススメします。
詳細とフォーム http://bit.ly/Z7jfdB


☆★☆ 8月中旬〜来年1月にかけて、英語基礎集中スパルタクラスを開催します ☆★☆
「ここで挫折したから私は突っかかってたんだ!」
「こんなふうに説明されたのは初めて。だから今まで私はわからなかったんだ!」
というエッセンスを凝縮したクラスです。
「スパルタ」と入っているのは、
決意して入ってきて欲しいからですが、
門戸を叩いていらした方には、
情熱と責任をもってお手伝いさせていただきます。
挫折しづらいように、他の英語学校では聞かないような工夫をたくさんしています。
「やる」という意思決定、レディネスを持った方の
ご参加をお待ちしています。

日程と価格等システム
http://bit.ly/12ODpva

応募開始は、7月5日頃から行います。

事前、オリエンテーションとレベルチェックも引き続き受け付けています。
オリエンによって、「基礎集中クラスは飛ばしてOK」と判断された方は、
通常の継続クラスに編入も可能です。

通常継続クラスは、
『はい! セラピー』『今日は今日だけセラピー』などのエルフ・ヘルプ・ブック
ハーバード・メディカル・スクールの健康ニュース(松田麻美子先生ご愛読との情報)
ヨーロッパ、ローフードの父、ベンナー博士の『Raw Fruits & Vegetables Book』
など、泣けたり、癒されたり、興味津々で読めたり、
英語をハートで感じられる、しかも、徹底解読法つきです。


ご興味の有る方は、体験レッスンと説明会(お菓子代1000円)の予約をとってください。
こちらから(タイトルを「英語体験レッスン」にしてください)
http://www.enpitu.ne.jp/tool/formmail.cgi?id=72381
体験レッスンの日は、下記から土曜日に「Eチーム」
または木曜日「ABCチーム」「Dチーム」がある日にお願いします
クラスの30分前にお越しください。
http://www.rawbeautyjapan.com/schedule/


☆★☆たくさんの方のお力で、
8刷、1万2000部のロングセラーにさせていただきました。
『ローフード 私をキレイにした不思議な食べもの』の著者
石塚とものプロフィール☆★☆
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


☆★☆このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
じっくり読んでみたい方はこちらから。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net


☆★☆ロービューティジャパン 今後のイベント☆★☆

♪寺子屋・ 本科生(秋冬期)のお申し込みは、7月の「おためし寺子屋」の
あとに行います。
8,9,10,11、12月の5回の連続コースです。


♪12月22日(日) 13:00〜
年忘れパーティ@ピンクカウ 今年も決定! 昨年のお料理は大好評でした。
Never miss it! これを見た今、手帳に書き込んで! 
(フォームすでにできています。参加決めた方はぜひご記入下さい。)
http://bit.ly/15WmOpM
(なんとすでにお申し込みが10人以上! ありがとうございます)


♪濃厚ビジネスセミナーは、システムを変えて、受けやすくなるよう調整中(日程延期)


☆★☆ロービューティジャパンを会場に
ローフードマイスター1・2級講座が開かれます。☆★☆
受講された方は、RBJ生徒様限定の特典がしょっちゅうあります^^
日程は
http://ameblo.jp/teteta/
こちらからご確認ください。


☆★☆ロービューティジャパンの無料e-book☆★☆
◆『高品質・低価格・高アフィリ報酬 だから売りやすい、商品リストと探し方。
ロービューティジャパン式アフィリエイト 常識的な成功法則』
http://mailzou.com/get.php?R=54692&M=22921

◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を 無料でお伝えします。
vol.01 (再配布OK)』
協賛メルマガもメルマガ強制登録もない、オリジナルドメインで公開しました!
「協賛メルマガが煩わしいから、お友達に薦めにくいなあ」と思ってた方、
ぜひこのURLをご紹介ください。http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf


☆★☆ 「白雪姫のサレンダー」 (セクシュアリティ) vol.220 ☆★☆

最近のメルマガ、ことさらに「面白い」とご評価をいただくのですが、
おかげさまで、最近、私の成長が著しいからかな、 という気がしています。

バリ島で半日かけて占い師に見てもらいにいったのに15分で終わっちゃったり
(「いい道歩いてるからそのまま行ってよし」なんだって!)
さっき、タロットをひいたら「戦車」の正位置が出ました。
「戦車」って、「突進」って感じでメチャメチャわかりやすいですが、
まさに「前向きに、目的に向かって道が一本通っている状態」なんだそうです。


でも、「突進」しているのに、心はとても静かなの。
湖の湖面が鏡のように。
この感覚がなんともいえず気持ちいい、と思いながら、
毎日を過ごしています。


そんなわけで、前回の
『シンデレラのレディネス』も好評だったのですが、
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/366859638.html

今回は
『白雪姫のサレンダー』
というタイトルでお届けします。


神話やおとぎ話というのは、さまざまな解釈が可能であるように
わざと含みともたせて作られている、という
お話を前回しましたが、
『白雪姫』というのは、『シンデレラ』以上に
謎が深いというか
なんでそんな筋書きが作られたのか首をかしげるお話なんです。

もっとも謎なのは、

「母が娘に毒リンゴを食べさせる」

というくだりですよね。

グリム兄弟が民話を収集し、
そのままの形で収録した『グリム童話集』の初版では、
この母親は
「実母」
であったそうです。

それが、出版されて、読者たちから
「母が娘を殺そうとするなんてありえない!」と
たくさんクレームがつき、
第2版で、グリム兄弟は「継母」に変えた、という
エピソードが残されています。
http://bit.ly/idjhP2
(たしかフロイトのときにもそんな話を書いたような気が^^;)
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/366018599.html


数あるお姫様の中でも、
なんであんなに白雪姫は怖い目にばっかりあうのか。

森の中を逃げたあげく、
なんで
7人もの小人を世話しなきゃいけないのか。
ディズニーの映画ではハイホー、ハイホー、楽しそうにやってますが、
男でありながら男でない(ことの象徴として小さく描かれている)、
小人たち、それも7人に「家事をするかわりに」という
交換条件で住まわせてもらうので、
なんともフクザツな条件です。

さらにそこまで母親が毒リンゴ持って追っかけてくる。
これって何なの。

(柩の中の美しい姫を見つけた王子が、
小人たちに、「この死体を売ってくれ」と持ちかけるバージョンも存在するらしい……)


ちなみに、前回も紹介しましたが、
『白雪姫』は、ディズニー映画の初の長編アニメであると同時に
今でも最高傑作の一つと言われていますが、
そのポイントは、恐ろしい魔女の描写にあると言われています。
魔女と一緒にサイケデリックに木が動いたりなんかして、
当時の評論家たちは、これを、「精神分析的に怖い」と評したそうです。
彼の母が実母ではなかったかもしれない、という恐怖の話は
こちらをどうぞ。
http://amzn.to/120Ly9y

…と、オヤジっぽいトリビアはこれぐらいにして、
私の解釈です。


白雪姫の母は後妻として城をのっとるために王と結婚した、というのが
最近の映画(シャーリーズ・セロンやジュリア・ロバーツが母役をやりました)の
解釈ですが、それにせよ、実母にせよ、
娘であるところの白雪姫は、恐怖をもたらす母親のもとで育ちました。


城をのっとろうとしたり、永遠の美しさにこだわったり、
夫を意のままにあやつろうとしたり、
野心と執着が強い母親からのもとでの成長。


それは、娘である白雪姫にとって
気の毒なことだったのですが、
実は、もっとも彼女にとって悲劇的だったことは。


……それは、自分自身もまた、
執着が強く、男性をコントロールしようとする
女性に育ちかかってしまったことだったのです。


日に日に美しくなる姿は、
天然の美しさではなく、
男をトリコにしようと(無意識にする)媚態のあらわれ。
だからこそ、彼女は母親の嫉妬をかいます。


寄り添いカウンセリングの高橋三恵子先生が
http://yorisoi.com/
「ACの魅力ってねえ、そりゃーすごいのよ。どんな男だってイチコロにしちゃうんだから」
っていうので、
「せんせー、『アトラクト』の魅力と『コントロール』の魅力はぜひ分けてくださいよ。
『コントロール』の魅力は、破綻にしか突き進まないんですから」
って意見しちゃいました^^


それに気がついた時、
母親は娘を殺そうとしますが、
それは同時に、娘の美しさが、
「コントロール」による美しさだと気がついた、ということでも
あるのです。
なぜなら、
自然な「魅力」だったら、母親には脅威にうつらない、いや、
母親にはそれが「魅力」だということにすら気が付かなかったかもしれないのです。
そんなの、母にとっては「美」じゃないから(笑)


白雪姫は母から逃れ、安全な
場所を求めてあちらこちらへと逃げ惑いますが、

どうにも逃げ切れません。

なぜなら、もはや自分の中に巣くってしまった
支配的で高圧的に世話を焼きたがる性格、は
自分と一緒にくっついてくるからです。


七人もの男たちに囲まれながら、
白雪姫は、彼らを赤ちゃんのように扱いはじめ
(そうとしか見えない、男性として
見ることが怖かったのかもしれません。
父みたいに甘っちょろい男性だったらどうしよう!)


彼女の仕事は15歳にして「世話焼きおばさん」になってしまい、
そして、今の彼女が彼女であるかぎり、
安全な場所にはたどりつけないのです。
どこにいっても「世話焼きおばさん」になる
「心の癖」が出来上がっちゃってるからです。


そこへ強引におっかけてきた母が食べた「毒リンゴ」によって
白雪姫は仮死状態にはいり、
はじめて、「コントロールができない状態」になります。

そうしたら、(ちゃんとした一般男子、の象徴である)王子様が
あっというまに引き寄せられて、
(お姫様の同意もなく)キスした。

このシーン、今までは
「女性の性的自己決定権が尊重されてないシーン」として
悪名高かったのですが(笑)
このように見直すと、
どうでしょう。


キスまでなんだから、ゆるしてあげれば(笑)

(そういえば、キスって、文化によって解釈がよって違いますよね。
西洋人は、キスは「与えるもの」だと思ってますが、
日本では唇は「奪う」ものです)


合意のないキスは、
西洋式なら
「求めるのをやめたとき、あっというまに与えられる」の象徴、
日本式なら
「そんなの奪われた程度じゃ、私の自己評価、下がらないわよ」
の最終テスト(笑)


ガラスの柩は、
彼女が本当の「コントロールをしない自分」として
目覚めるための、第二の子宮だったのです。

だから、決して、すぐに蓋を閉じたり埋められたりはしないのです。
むしろ、白雪姫がコントロールすることをやめたから、
小人たちは、彼女がいちばん魅力的(この魅力的は「アトラクティブ」)に
見える方法で、彼女を、王子様が目にとめやすいところにおいた。
彼女は相変わらず白い肌、黒い髪、赤い唇をもっていますが、
それを使って「艶然と微笑む」なんてわざとらしいことはせず、
王子様は、彼女のナチュラルな魅力を、とくと認めることができたのです。


彼女が仮死状態=自分でコントロールできない状態になったら、
なんだかすべてがうまく回りだしたのです。


で、めでたしめでたし。


……というわけで。
さてこの、「白雪姫がサレンダーする状態」を
身体をはって作り出したのは誰でしたっけ?


なんてこったい、
母親ではないか!


母親は、娘に、なんとしても毒リンゴを食べさせたかった。

それは、「鬼母の嫉妬」であると同時に
「このままでは、娘は幸せになれない」という
もっと深いところからくる危機感だったかもしれないのです。


「サレンダー」」も「セラピー」も知らない母親は、
でも、彼女なりの不器用な方法で、
娘に、強制再起動をかけたと解釈できるのです。


それを、「愛」と呼ぶべきか?


微妙なところです。


もっと最初からまっすぐな愛が与えられたらいいのにねえ。と
思わないでもないです、もちろん。


そして、白雪姫にとってここが最大のチャレンジなのかもしれません。
母親の、この、1回転ひねりウルトラD愛を、
どのように腹に落とすのか。


それを落とせるようになったとき、白雪姫は本当に
「ヒロイン」になり、
母親から譲られてしまった男勝りのこころを自己嫌悪することなく、
(「国を治めたい」と野望を持つのは決して悪いことではない!)
その他欲しいものをなんでも手に入れられるだろう、と
私は思います。
王子様と白雪姫との関係は、父と母のようでもなく、
でもけっして、姫が王子に従うということではなないんじゃないかしら。


《本日のまとめ》


物事が何もかもうまく進まないと感じたら、
母が毒リンゴ作るの待たないでいいですから(笑)
無力になって、一度、死んでしまいましょう。
でもそのときに、
柩のふたはあけておくのを忘れずに。
(自分で閉められないけどね、当然……)



私、この解釈作り上げたことによって、
機能不全家族に生まれたことって、
本当にすごいことなんだと思うようになりました。

このトランスフォーメーション感の気持ちよさって、なんなんだろう。
安全な家族に生まれても、感じられるものなんだろうか。


本日もお読みいただき、
ありがとうございました。


【お知らせ】
 ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問、どんどんお寄せくださいね!
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【応援のお願い】
今日の記事が「役だった」と思いましたら
・ツイッターでのリツイート
・facebook でのシェア
 ブログ村「女磨き」ランキングをクリック。
 http://beauty.blogmura.com/ladiesbrushup/
・ご自分のブログにリンクを貼って感想記事を書く

などの応援をお願いします。



【提携サイト】


あなたの心の「いやし」に最初に取り組んでほしい。
下記は私推奨の6枚セットですが、1枚づつ買うこともできます。
英語の学習にもおすすめ。
下記のリンクから購入してくださった方で、レビューを書いてくださった方には、
特典として、私が独自にとった重要箇所メモをお分けします
決済メールと感想を
rawbeauty8☆gmail.com
までお送りください。(☆を@に変えてください)
http://bit.ly/PFvHfV


私の自己発見のためにまさに「寄り添い」をいただいている
高橋三恵子先生のサービスです。
http://yorisoi.com/


私が豊かなパートナーシップのためにスーパーバイズを受けている
マダム雅子こと野口雅子先生のプログラムです。
「結婚」がゴールでないという方は、先生の個人セッションをオススメします。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=131483&iid=33731
著書
http://amzn.to/Z93C2w


その他英語関連のおすすめ教材(随時更新)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/126424055.html


ジューサーのただいまのイチオシ、エンジェル・ジューサー
http://rawbeauty.seesaa.net/article/315346316.html

導入モデル、低予算モデルとしてのオススメ(2013年6月更新)は、イキイキ酵素くんOD31
http://rawbeauty.seesaa.net/article/364700702.html


バイタミックス(ロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/

ご感想・要望フォーム
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・870部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・430部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。


応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村


IMG_3656.JPG

ローベジのにぎりずしで
ございまする。
posted by tomo_ishizuka at 22:46| 事業(ビジネス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする