2016年12月13日

「発泡酒を作る」みたいに世界を生きよう vol.338

****************************************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

「発泡酒を作る」みたいに世界を生きよう vol.338

******************************************************************************************
みなさまこんにちは。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。


長年ご愛読いただきました「ロービューティ寺子屋」は
vol.350ぐらいで完結の予定です。
(もっと早まるかもしれません)
そのあとは、ブログやnote にテキストを更新してまいります。
ご愛読いただきまして、まことにありがとうございました。
バックナンバーを読み返したい方はこちらからどうぞ。
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net


☆★☆ 新企画・英語力アップのメルマガです ☆★☆
「寺子屋」の次の企画として、
英語力アップのメルマガを独立させました!
有料英語教室の5年間の成果をリリースします。
練習ドリルを続けてくださった方に必ず上達していただきますので、
覚悟してください(笑)
現在、練習ドリルはその6まで配信中。たまらないうちにはじめましょう!
http://www.mag2.com/m/0001675727.html


☆★☆ 英語無料e-bookも配信中 ☆★☆
◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。 』
これだけでもお教室が開けるぐらいのボリューム。
ロービューティジャパンの最初の無料e-bookです。
「メルアド登録しないとダウンロードできない」とか、
そういうしばりは一切ありませんので、^^
お友達にも奨めやすいと思います!
http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf


☆★☆ 寺子屋&英語教室☆★☆


英語教室は、しばらく募集がないため、
上記の無料メルマガでお勉強していただけるように
しましたので、ぜひご登録ください。
そして、寺子屋も、近日、このメルマガで、
ファイナルメソッドを無料でリリースしちゃいます。
驚異の太っ腹です^^


☆★☆ローフード・フォー・ビジー・ピープル☆★☆
アメリカで3万部、日本で7000部、
インディレーベルでそれぞれひとりで売った、
ローフードの基本と時間をかけないレシピが学べる古典。
簡単なアボカド・ディップから、三段がさねの「ロー・コテッジ・パイ」まで
1冊に147のレシピを収録のボリュームです。
(書籍はテキスト中心です)
書籍
http://goo.gl/31fdYv
DVD
http://goo.gl/vefC7g


☆★☆ローフード わたしをきれいにした不思議な食べもの☆★☆
今でも愛読してくださる方がいる、通称「ピンクの本」。
圧倒的な数のレビュー(アマゾン31 mixi 27)が
今でもつきます。
食べものの本なのに、心がめざめる、不思議な本。
「自分が見つけられなくて」ちょっとつらそうなお友達がいたら
奨めてあげてね。
http://goo.gl/jcnftQ


☆★☆ note には、映画評論やその他テキストを書いています。☆★☆
https://note.mu/ishizukatomo_rbj
長年続けて来たブログはこちら。
http://rawbeauty.seesaa.net


☆★☆ 「発泡酒を作る」みたいに世界を生きよう vol.338  ☆★☆


最終回までに
・民泊(Air bnb)
・株取引
・ローラブ


の話を書いてからフィナーレに持って行こうと思ったのですが、
今回の
「発泡酒を作る」みたいに世界を生きよう


というのは、実は、最終回に用意していた
タイトルなのです。


でも、もう書いちゃいます^^


「発泡酒」というのは、今じゃとくに珍しいものでもなくなっちゃいましたけど、
「ビールなようでビールじゃない」
つまり、ビールに似た風味を楽しむことができながら、
税率が安いため、低価格を実現したアルコール飲料のことです。
今は「第三のビール」とかもありますね。
(私は酒が飲めないので厳密な違いがわかりませんが><)


で、この飲み物の大ヒットの理由は、
「おいしい」
「安い」
メーカーの知恵と工夫により、
実現したことにありました。
そして、それが
「今まで誰もあると想像しなかったもの」
だったんですね。


で、こういう
「二つ以上のニーズを満たしていて」
「今まであると想像もしなかった」
ものを探したり、生み出したりするのが、
私は大好き。


ローフードだって
「料理なのに」
「(加熱)調理してない」
っていう、二つの相反する価値が組合わさったもの。


ゲルソン・ミールだって
「おいしいのに」
「味つけてない」
という、二つの相反する価値が組み合わさったもの。


今の暮らしは
「すごい働いてるようで」
「全然働いてないようで」
だから、どっちとも見えづらいだろうし、


今の人間関係は
「ちょ〜寂しいようで」
「とっても豊か」でもある。


自分の欲しいものを抜き出して、
それに合わせて
今まで存在しているものをもう一度デザインする。


そういうことをずーっとやってきました。


これからもやるでしょう。


1月に急遽引っ越すことに決めたのですが、
この住まいは、自分が今まで住んだ家の中でもっとも狭いものになるけど
自分の欲しかったものが全部揃う住まいになるし、
また海外にも行くでしょう。
どの街でも、自分の欲しいものを着々と見つけるでしょう。


だけどそのために基本となることって、
「自分が何が欲しいか」
気がつくことなのね。


だから、欲しかったものが形になるたびに
「そういうものが欲しかった自分」
というものと出会ってきたのだと思います。


欲しいものはひとりひとり違います。
私が欲しいものが、あなたが欲しいとはかぎりません。


だから、自分の欲しいものの追求がもう一段オタクになってきたときに
このメルマガは役目が終了した、と、
思ったのだと思います。


これからは、それぞれに、欲しいものを追求して、
それを形にしていくときなんですよ、きっと。


その、できたものは、「発泡酒」みたいに、
自分のニーズが全部入っていて、
しかも、今までなかったもの。


そういうものがたくさん作られて初めて
大メディアの支配も終わるし、
そもそも「支配」ってものが全部終わる。


「電通」の力も弱くなるかも(笑)


だから、「欲しいもの」「作ったもの」の形は
それぞれ違うかもしれないけれど、
「欲しいものを、形にしよう」という姿勢は、
読者の皆様とこれからも共有していきたいと思っています。


長い間お付き合いくださり、ありがとうございました。


【本日のまとめ】


自分の欲しいものを知る
手に入るものは何か、入らないものは何か
相反する価値観は何か
でも知恵と工夫を加えたら、
自分にぴったりのものができます。
それが、あなたの反映です。


本日もお読みいただきまして、
まことにありがとうございました。


次回も楽しみにしてくださったら
とても嬉しいです。


「みんなにも知ってほしい」と思うことは、
どうぞシェアで広めてください。


ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問を遠慮無くお寄せください。
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【ジューサー、ブレンダー類のご紹介について】
ジューサー類のご紹介は現在休止中です。
(もうすぐ再開できそうです……
 といいながら止まってしまってごめんなさい)


バイタミックスは引き続きロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net
石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・1210部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・433部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。

応援したい方は
↓ぽちっ と押して知らせてください。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村


helpedpinkheart.dib
posted by tomo_ishizuka at 23:16| コア・ビリーフ(あなたを形作る信念) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

「自由の実力」(コア・ビリーフ)   vol.335

****************************************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

「自由の実力」(コア・ビリーフ)   vol.335

******************************************************************************************

みなさまこんにちは。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。


☆★☆ 編集前記 ☆★☆
英語力アップのメルマガを独立させました!
この方法って、すでに他の人がやっているのかどうかわからないけど、
もし今まで誰もやってないとしたら、100年ぐらいたったときに
「今では当たり前になってるこの方法、当時は誰も実践してなくて、
最初はメルマガも全然人気がなかったんですよ」なんて
プロジェクトX的な映像を姿をちょっと妄想している(笑)
練習ドリルを続けてくださった方に必ず上達していただきますので、
覚悟してください(笑)
現在、練習ドリルはその5まで配信中。たまらないうちにはじめましょう!
http://www.mag2.com/m/0001675727.html


☆★☆ 英語無料e-bookも配信中 ☆★☆
◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を無料でお伝えします。vol.01』
超ボリューミー! !これだけでもお教室が開けるぐらいの内容です^^
メルマガ登録必須もつけていない、掟やぶりの太っ腹リリース^^なので
お友達にも紹介しやすいと思います。
ぜひ下記のURLをご紹介ください。
http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf


☆★☆ 寺子屋&英語教室☆★☆


どちらも新規募集はしばらくお休み。
英語は、上記メルマガをぜひご購読ください。
寺子屋については、ここ数回のメルマガで告知をいたします。

☆★☆ローフード・フォー・ビジー・ピープル☆★☆
アメリカで3万部、日本で7000部、
インディレーベルでそれぞれひとりで売った、
ローフードの基本と時間をかけないレシピが学べる古典。
簡単なアボカド・ディップから、三段がさねの「ロー・コテッジ・パイ」まで
1冊に147のレシピを収録のボリュームです。
(書籍はテキスト中心です)
書籍
http://goo.gl/31fdYv
DVD
http://goo.gl/vefC7g


☆★☆ローフード わたしをきれいにした不思議な食べもの☆★☆
今でも愛読してくださる方がいる、通称「ピンクの本」。
圧倒的な数のレビュー(アマゾン31 mixi 27)が
今でもつきます。
食べものの本なのに、心がめざめる、不思議な本。
「自分が見つけられなくて」ちょっとつらそうなお友達がいたら
奨めてあげてね。
http://goo.gl/jcnftQ


☆★☆ このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください ☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net


☆★☆ note には、映画評論やその他テキストを書いています。☆★☆
https://note.mu/ishizukatomo_rbj


☆★☆ 「自由の実力」(コア・ビリーフ)vol335 ☆★☆


またちょっと発行の間があいた理由も含めて、
今回はちょっと……
(重い、というのか、なんと形容詞を書いていいのか
わからないので)、
とにかく進めますね


前回、電動歯ブラシのことを書いたし、
http://amzn.to/2czl7Zc


その次に用意していたネタたちとしては、


・ナチュラルお掃除(重曹&クエン酸)、

・日本でも知名度が上がって来た民泊・air bnb
(www.airbnb.jp/c/tomoi3 
 ↑上記リンクから登録すると私もあなたも3500円のクーポンもらえます)
の、上手な利用方法

・海外で為替で損しない上手なお買い物方法と現金の両替方法、

なんかについて書こうと思っていました。


。。。


そして、
それらを書いてしまってから、
今日のタイトル、
つまり
「自由の実力」
というものについて
書こうと思っていたのです。

つまり、その前に書こうとしていたテーマたちは、
今日のテーマの「まくら」とでもいうか、
それらを一つ一つ積み上げるように書いて、
待ちに待ったゴールとしてどどーんと(笑)
劇的につなげる予定だったのです。

し、か、し。

なんだかそこまで仰々しく盛り上げるのが
めんどくさくなって来ちゃって--;
「ナチュラルお掃除」も「民泊」も
「外貨で上手なお買い物」の記事もすっとばして、
この「自由の実力」の記事の
予定稿を書いています。
(この記事を「書こう」と思って書き始めたのは
10月13日です。二週間ぐらいのあいだにリリースするのでは、と
下書きに書いてあるのですが、
予言どおり、二週間後の10月31日現在でこの記事を仕上げています)。

あとで理由を書きますが、さらに遅れて、11月4日(金)に仕上げ、
リリースすべく、今、最終原稿を書いています。


「自由の実力」。

このテーマから見ると、
電動歯ブラシのことも、
重曹とクエン酸のことも、
民泊のことも、
為替のことも、
ちっちゃなことです。


もちろん、そのちっちゃなことの積み重ねが
「自由の実力」を作り上げる細胞のようなものだ、
と言うこともできるのですが、
ただ、大きな目的の「自由の実力」のことを
書いておかないと、
電動歯ブラシや重曹とクエン酸といった
生活の細かい工夫が、
人生の目的そのものに見えちゃうような
目的としない方向への誘導に対する危惧がありました。


そして、今回言語化してみた「自由の実力」というものが、
長年私が追い求めているものを究極的に表す言葉で、
その力がついてきたんだという自覚が生まれて来たからこそ、
このタイミングで、
「ほれ、こんなん」
と他人様にも見えるように言語化ができるように
なったのではないかと思います。


「電動歯ブラシ」や「ナチュラルおそうじ」や
「民泊( air bnb ) 」や「外貨でお買い物」
以前に、なにしろ
「ローフード」が
自分に「自由の実力」をつけるための
エネルギーを与えてくれる、
何よりも重要なものの一つだったんだろうな、
と思っています。


で。

「みなさ〜〜ん、自由の実力って大切で、
上げると素敵なことがいっぱいあるんですよ。
みなさんも上げてみませんか?」


と言ったところで、
それはいったいどれだけ人の心に響くんだろう??


「宇宙語」に聞こえていないか?
さもなくば、聞き取れない英語を話されたときのように、
周波数のとれない領域の音を鳴らされたときのように、
素通りされはしまいか?


……と心配し始めると、今度は
「ともさん、読んだ人が理解できないだろうと思ってるんですか?
私たち、前から知ってましたよ、
ともさんが最近気がついただけでしょ。
そういう上から目線が前から好きじゃなかったんです」
とか言われないか? もう何が被害妄想やら何やら(笑)。


そうなのか?
私は今まで「自由の実力」というものに
意識的で、それを上げよう、としている人に
出会ったことがほとんどないんだけど、
それは、私に見えていないだけなのか?
引き寄せていないだけなのか?
あーーーっっ、さらに何が被害妄想やら何やら(笑)


えーじゃあさ〜
(誰に言ってるんだ)
「自由の実力」って、そういう人は、
何で計ってるのでしょうか。
そこが見えづらいと思うんだけれども。


私のいう「、自由の実力」というのは、
いわゆる「成功哲学」を実践する人たちが言う、
「好きなときに好きな場所に行けて、好きな人と出会える」
という能力とは完全に違う能力です。


…そうでもないかな。
重なっているとすれば、
その「好き」をちゃんと自分がわかっている、ということかな。
(本人の嗜好と違うのに、「億万長者になる!」って目指しても
達成したって面白くないし、その前に達成しないよね)


じゃあ、私はいつ「自由の実力」ということを
自覚したのか。


発端は一年ぐらい前、
ぼんやり自覚するようになったのは、
今年の八月ぐらいです。
その頃から、
私がやっている二つのことが、
「ああ、私が今、試されているのは
そういう能力かもしれないな〜」と
思うようになりました。



その「二つのこと」とは
何かというと、


「自由裁量取引(つまり、株、為替、先物などの取引のことね)」

「自由恋愛」
の二つです。


あ、ここでちょっと用語確認しておきます。
よく、たとえば株を買うことを
「株式投資」と言う一言で片付けてしまいますが、
株の売買は、二つの種類に分かれます。
「投資=インベストメント」と
「取引=ディーリング(もしくはトレーディング)」
とは違うものです。
「会社の成長とそれに伴う株価への反映、配当、株主優待などに
利益を求めるのが「投資=インベストメント」。
単純に株や為替の価格差で利益を出そうとするのが
「取引=ディーリング(もしくはトレーディング)」
為替は「投資」って言わないですよね。
「FXやってます」って言ったら、それは取引のことです。


「投資」は不労所得を目指しますが、
「取引」は時間の多少はあれ、働いています。
「働く」というのは、時間的に他の作業よりもその作業を
優先させる行動のこと。
それをしてれば、「働いて」ます。


私がやってるのは「取引=トレーディング」なので、
働いてます。
(ただし、マーケットを見ながら家事や読書や編みものしてるので、
マルチ・タスクは可能です)


以上が「取引」の解説です。


じゃあ、「自由恋愛」とは?

……っていうか、「自由恋愛」って
死語ですね(汗)
もとは、西洋世界で、
キリスト教結婚観からの解放運動として始まった
恋愛活動をさしたらしいけど、
とりあえず、
「両者が合意すれば成立する」
でも「生殖、婚姻制度、家計の共有、社会規範と必ずしもリンクするわけではない」
こんな感じです。
定義よりも、下の共通点からのほうが
見えてくるものがあるかもしれないです。


そういうわけで、
「自由取引」

「自由恋愛」
には、
いくつもの興味深い共通点がある、と
私は思っています。


その最大の共通点が、

「ルール無用」

だということ。


別のいい方すると

「なにもお約束ができない」

ということです。


明日、上がると思ってたものが下がるかもしれない。
「誕生日にはディナーに行こうね」って
言ってたのがドタキャンされるかもしれない。


そういうわけで、

「自由取引」と
「自由恋愛」では

「まさか!」

がよく起こる(笑)

さらに別の言い方をすると


「一難乗り越えたらまた一難」


って書こうと思ったのですが、
あまりに受動的なので、

「今日も大変、明日も大変」


(でもやっぱり身もフタももない……)


今日、うまくいってたものが、
明日すっとぶ可能性を
常に秘めており、
しかも、
ひとたびダークサイドに落ちると、
這い上がるのに周回遅れになる(笑)



恋愛の場合、上に
「生殖、婚姻制度、家計の共有、
社会規範と必ずしもリンクするとは限らない」
って書いたけど、
そういうものとリンクしない、ということは、
ふたりをつなぎ止める「糊」みたいなものが
全然ないのね><
互いの意思のみ。


「株・為替・先物取引」についてなんですけど、
それは商業活動なのですが、
他の商業活動と違う点があります。
それは、
「win/win がありえない」
ということです。


普通の商取引というのは、互いの持っている価値を
「同価値だけど違う質(自分が持っていないもの)」
と交換することです。
ですから、等価値同士で交換すれば、
それがwin-win(いわゆる、「いいお取引」)になります。


いっぽう、
株や為替の取引というのは、
「市場の中に投入されたお金を、
『誰かが利益』『誰かが損』という形で再分配する、
という、やっぱり身もフタもない仕組みです(汗)
プロのスポーツや囲碁将棋と同じようなもの。
自分がwin したかったら、
誰かがlose しないといけません。
だから、「双方にいいお取引」というのはありえない。


じゃあ、自由恋愛にwin-winはあるのか?
本当はそれがあらまほしいのでしょうけれど、
恋愛って、「相手の心を得る」ことを自己欠損の補完のために使う
ことがとってもしばしばあるので、
そうなると、
「自分のwin 」だけを狙って相手はlose させてOK
ということがよく起きちゃう><


惚れられた方は惚れて来た相手が自己欠損を補完
させてくれなくなったら簡単に捨ててしまうし、
惚れた方は相手を「思いやってる」つもりで
「補完」を要求してるからなかなか相手が
取引成立(?笑)しない。。。


さらに、自由=枠というものがないので、
最悪、リスクが命の危険にまでふくらみます。


……ほんとに、身もフタもないですね……。


うん、でも、そうなんです。
その「身もフタもなさ」こそが
「自由」なんですから。
「自由」って
「なんでもあり」
ってことなんですから。


その
「なんでもあり」なんだ
「ルール無用」なんだ
「まさか!」が起こるかもしれないんだ
「今日も大変、明日も大変」なんだ
っていう緊張感の中で毎日生きているんだけど、
なんと、それはストレスじゃないのです。


なぜか?


なぜなら、それは、
本来は当たり前のことだから。


「生きているということは、これだけ不確実なことなんだな」


ということが、身にしみるわけです。


そうなると、


「別に私が悪いわけでも、引き寄せているわけでもないんだな
(自己評価と切り離すことができる)」


「不確実を確実にすることはできないけど、
 不確実を管理することはできる。じゃあ、どうやって管理する?」


「どこまでを私は求め、どの線で手を引く?」


そういうクールな考えが生まれてくるのです。


「自由の実力」を道連れとして世界を進んで行く時、
マインドというのは、
「びくびく」はもちろん、
だからといって「ワクワク」でもなく、
「粛々」「さくさく」だなあと思っています。
(バシャールさんから卒業のようです。今までお世話になりました)


トレーダーの人たちが見ている
白い線や黒い線が描かれた(「ローソク」と言います)
図面を「チャート」というのですけど、
あの「チャート」は
文字通り「チャート=海図」で
占星術家がホロスコープを「チャート」と言うのと
まったく同じだなあ、とよく思います。
読むべきものがあるんですよ。


ちょっと例が飛びますが、
フィギュアスケーターとか、バレリーナとか、
体操選手とか、くるくる回る人って、
みんな、ただ、スポット(一点)を見てる。
だから正確に回転・着地ができるんですよね。


視点がぶれてるほうが、人って高揚するんです。
それが「びくびく」になるか、「ワクワク」になるかの違いで。
で、その高揚を押さえるために、人って「酩酊」するんですよね。


お金や恋愛での成功が自分の自己存在証明と
切り離されてくる、って上に書きましたけど、
一方で、自己存在証明と関係を切り離すことによって
(切り離されるからこそ?)
自由の実力は上がり、それが結果に反映されてくる。


「自由の実力について書こう」と思ったのは、
最初に書いたように、10月13日は、
11ヶ月間の「今日も大変、明日も大変」の後、
初めて目に見える形で利益を確定した日でした。
でも、とても素晴らしかったのは
利益を確定したことじゃなく、
その利益をもたらしたのは「運」じゃなく「実力」だ、
と判断できたことです。
だから、その日に「利益」の話でなく
「実力」の話を書きたいと思ったのです。


その後も「今日も大変、明日も大変」状態は終わることがないわけですけど、
(だからこのメルマガ、いつリリースするか
タイミングが難しかったのです)
さらにその道を進んでるうちに「達成感」はおろか、
「心の平和」というものも、
「利益の確定」ではなく「実力の自覚」
によって生まれる、と日々気がついていきました。


ちなみに、10/31の時点で、
損が出てもかっこ悪くてもいったん
決済して、このメルマガをリリースしようと
思っていたのです。
ところが、10/31の時点で、
ちょっと大きな分け目の事態になったため、
その日のリリースは見送って様子を見ていました。
結局3営業日後の11/4に、
さらに実力がついたと思えるポイントをとることができました。


本当に本当に面白いことだと思うのですが、
「株・為替」という、
原価もなければ在庫もない、
実体がまったくないもののwin-lose取引する、という、
文字通り「マネーゲーム」と、
「生殖=子づくりを伴わないのに男女が睦(むつ)む」
(こちらも、身体や心をとらえる、というwin-lose的な要素あり)
という活動は、
自然の営みとは正反対、というか、
自然の営みから見ればものすごく無駄、というか、
動物は見向きもしない、
人間だけが行う行為です。


「トランス脂肪的行為」とでも名付けましょうか 。
ゴキブリも近寄ってこないぞ。


ところが、そんなトランス脂肪な行動が、
なんとまあ、
「自然の営み」とよく似ていることか。


だって、
「お約束なし」
「まさか! が起こる」
「今日も大変、明日も大変」
「自己欠損感を埋めるためには使えない
 (思い通りにコントロールすることはできない)


って、まさに「自然」じゃありませんか!


自然って、勤勉に畑を耕しても
それに時給計算で給料が出る訳じゃない。
日照りや洪水によって今までの努力が一瞬で無駄になるかもしれない
「約束なし」の世界です。


それで、あらためて考えてみたいのですが、
人間は、「約束」というものを
どうやって発明したのだろう?


人間が「約束」をするようになったのは、
「穀物収穫」するようになって、
「備蓄」ができて、それを税金にとられるようになって、
「国家」というものができて私たちは国家に帰属するように
いつのまにかなっていて、
「穀物」が貨幣に変わって、
借りたものを期限日に(しばしば利子つけて)返すという行為が
行われるようになって、
それの繰り返しが
「信用」というものになった。


自然には「信用」というのは、
ないわけではないけれど約束はしきれない。
なんとなく春になったら暖かくなるし、
冬になれば寒くなるけど、
何月何日までに食べものをこれだけ集められる、
という保証はありません。
でも、なぜか、自然界の動物はそれなりにやってるんですよね。


ただ、動物と人間は、「自然を感じる」ことの
目的も、身体で使う器官も違います。
まず、動物が自然を感じることのゴールは、
「種の保存」であって「個体の充実」じゃありません。
それに対し、
人間は、この、もっとも動物っぽくない
「約束なし」の修行の場で
「豊か」になることをゴールとして活動します。
そのときに必要となるのは、
「本能まかせ」の正反対で、
毎日鍛錬した「自由意志」というものが必要となる。


そういうことなんじゃないかな、と思ってます。


……で、
この「自由の実力」ということを
書いちゃった今、
「寺子屋」はファイナルに近いなと思っています。


どうしてかというと、
上にも書いたように、
「自由の実力」は、
私としても人に教えるなんていうのは
身に余ることのように思うし、
正直、鍛えるのが大変のようにも思うからです。


それは、
「この世を楽園と思いたい
(=欲求をすべて満たしたい、赤ちゃんのように)」という
人間がどうしても持ってしまいがちな欲望を見つめた上で、
少しずつ手放して行く、
とてもやりがいのあるエクササイズ、なんだと思うけど、
ちょっと身に付いて
「あんたにも教えてやるよ〜」なんて思い始めたとたん
芥川龍之介の『蜘蛛の糸』のように、
糸がぷつっと切れてしまう気がして^^


だから、世の中の多くの哲学(それが「自由の実力」なのかもしれない)
というのは、文字通り「秘伝」である、
ということに気がついてしまったのかもしれません。


「ナチュラルお掃除」とか「民泊」とか
「外貨での上手なお買い物」の他に、
もうちょっとだけ、書きたいことがあります。
それらも含めて、あと、10本ぐらいかな〜。


【本日のまとめ】


「自由の実力」
というものがある(らしい)。


それは
「お約束なし」
「まさか! が起こる」
「今日も大変、明日も大変」の世界。


その世界で鍛えられ、磨かれるものがある。


「お約束なし」「まさか!」「今日も大変、明日も大変」
を「想定内」のこととして見込めるようになったとき、
「自由の実力」というものは上がる。




そのことによって当然「びくびく」も
しなくなるのであるが、
「ワクワク」もしなくなる
(視点がぶれないから)
粛々と、次の一歩に進む。




本日もお読みいただきまして、
まことにありがとうございました。


次回も楽しみにしてくださったら
とても嬉しいです。




「みんなにも知ってほしい」と思うことは、
どうぞシェアで広めてください。




ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問を遠慮無くお寄せください。
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html



【ジューサー、ブレンダー類のご紹介について】
ジューサー類のご紹介は現在休止中です。
(もうすぐ再開できそうです……
 といいながら止まってしまってごめんなさい)


バイタミックスは引き続きロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net


石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/



登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・1218部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・439部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。



応援したい方は
↓ぽちっ と押して知らせてください。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村

helpedpinkheart.dib




posted by tomo_ishizuka at 14:25| コア・ビリーフ(あなたを形作る信念) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

その「本当の」目的は?(コア・ビリーフ)vol.316

***********************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

その「本当の」目的は?(コア・ビリーフ)vol.316

***********************************************************************

みなさまこんにちは。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。



☆★☆ 寺子屋&英語、延期のお知らせ☆★☆

期待してくださってた方、大変申し訳ございません。
家族健康事情にともない、
1月または2月に予定していた新規クラスの開講をさらに延期させて
いただくことにしました。
最近、新しい読者様、生徒様との交流の機会が
とても減ってしまっているので
何かアイディアを出したいなあ、と思っている年末です。
お教室も募集再開の意欲はありますので
お待ちいただけたらと思います。
またそのとき、ご縁がありましたらお会いいたしましょう。

・初心者でも大丈夫
・何回間違えてもいやな顔しません
・ただし、できるまでしつこく同じ質問します

こちらの方針は継続されます(笑)

ご質問、ご興味の方は、
引き続きこちらからお問い合わせください
http://www.enpitu.ne.jp/tool/formmail.cgi?id=72381


☆★☆ローフード・フォー・ビジー・ピープル☆★☆
アメリカで3万部、日本で7000部、
インディレーベルでそれぞれひとりで売った、
ローフードの基本と時間をかけないレシピが学べる古典。
簡単なアボカド・ディップから、三段がさねの「ロー・コテッジ・パイ」まで
1冊に147のレシピを収録のボリュームです。
(書籍はテキスト中心です)
書籍
http://goo.gl/31fdYv
DVD
http://goo.gl/vefC7g


☆★☆ローフード わたしをきれいにした不思議な食べもの☆★☆
どうして今でも売れてるの?
どうして圧倒的な数のレビュー(アマゾン31 mixi 27)がつくの?
(今でもつきます)
それは、この本が、あなたのなかの「あなた」を
目覚めさせるからではないかな、と自己分析しています。
食べものの本なのに、心がめざめる、不思議な本。
「自分が見つけられなくて」ちょっとつらそうなお友達がいたら
奨めてあげてね。
http://goo.gl/jcnftQ


☆★☆ このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください ☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net


☆★☆無料e-book 英語はまずはこれでお勉強を☆★☆
◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を無料でお伝えします。vol.01』
超ボリューミー! !これだけでもお教室が開けるぐらいの内容です^^
お友達にもぜひ下記のURLをご紹介ください。
http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf


☆★☆ note で、子宮筋腫のことを書いています☆★☆
3月11日に受けた検査で、
今まで10個以上あった子宮筋腫が、
2個しか確認できませんでした。その2個も小さくなっていました。
子宮筋腫の経緯についてなど
ご興味のある方は見てみてくださいね。
note
https://note.mu/ishizukatomo_rbj



☆★☆ その「本当の」目的は?(コア・ビリーフ)vol.316 ☆★☆


11月7日のvol.315 の配信から
またまた一ヶ月以上あいてしまいました。

冒頭のお知らせで、英語クラスの新規生徒様の
募集延期をお知らせしましたが、
家族健康が最優先事項に上がって来ており、
このような判断となりました。
あいまをぬって、
またメルマガを発行したいと思いますので
読者の皆様も
気長におつきあいいただければ幸いです。

さて、今年の秋以降
情報発信をあまりすることができなくない状態だったのですが、
時間をぬってインプットはしていました。

その報告もままならなかったのですが、
今回は、その中でもインパクトの大きい出来事の一つだった
「フォトリーディング講座、2時間再受講」
で得たことについて
シェアいたしますね。

「フォトリーディング」というのは、
アメリカのポール・R・シーリィという方が開発した
読書の方法です。
「方法」というより、
「効率的に本を読むための一連のプロトコル」と
言えばいいかな?

茶道の「お作法」が
最初から最後まで一つの流れとして決まっているように、
フォトリーディングで本を読むと、
最初から最後までマニュアル化された
システムによって、
「今、自分が必要とする」情報を
効率的に取り込めるようになっています。

参考書籍
『あなたも今までの10倍速く本が読める』
http://goo.gl/Ib4bLt


だから、公式サイトの
「フォトリーディングとは何ぞや?」という説明を見ると
http://www.almacreations.jp/seminar/pr/about.html
フォトリーディングとは、毎秒 1 ページを超えるスピードでページをめくり、
写真を撮るように本の情報を脳に送り込む速読術です。


と書いてあるのですが、
これだとちょっと誤解を招くのでは、と思っています。
フォトリーディングは突然超能力が使えるような
「芸」ではないと思うので。

上記の公式サイトのページの見出しには、

「あらゆる読書を情報検索・編集術に変える
速く、深く、楽しい読書法」

と書いてありますが、
こちらのほうが正確だなと思います。

でもこれだと具体的にどういうことか
イメージがしづらいから
「毎秒1ページで〜」
みたいなところがフォーカスされちゃうんでしょうね。
(「走れば弾丸よりも速く!」みたいな)

フォトリーディングは、正確な名前を
「フォトリーディング・ホール・マインド・システム」
といいます。
上にも書いたように、
一つの超能力的技術ではなくて、
一連の流れなのです。
すなわち、

「自分が何か問題や向上させたい事項があるとき」
「読書によって得られる情報をその解決のためのヒントとして」
「その本を選び」
「手に取ってから」
「もっともよく情報が得られるように読んで」
「頭の中に適切にまとめ」
「必要に応じて人に伝えたり、自分の作業に生かす」
という、
流れのことです。

(↑おーよくまとめた、この通りにできれば
フォトリーディングしなくても
それだけでかなりの読書上手になれますよ、ほんとに)

私は、2006年の正月休みにフォトリーディングの
2日間のWSを受けたのですが、


「ナチュラルハイジーン」「ローフード」
「ゲルソン療法」
などによって
「生まれてからなんとなく『こんなものかな?』と思って
続けてきた食習慣」というものを
いったん全部リセットして
再インストールしたように
「読書の流儀」というものを
効率的で疲れづらいものに
再インストールできた


フォトリーディングの手法にのっとって
読書を続けたことで
「ナチュラルハイジーン」という考え方と出会い
その後あれよあれよと快進撃が始まった

この二つは本当に大きな実りでしたし、
今でもその恩恵は続いていると思っています。


この「フォトリーディング集中講座」は
一度受講すると、
復習のための「2時間再受講講座」を
何度でも受ける権利が得られます。


しかし、この「2時間再受講」を、
一度も受けないまま
気づけば講座を受講してからまる10年近く
たっていたのでした。


それをなぜ今回「受講しよう」と思ったかというと、
実は、ある、別の能力開発のメソッドに興味を持って
その本を読んだんですね。

そうしたら、
フォトリーディングのプロトコルと
ほぼ同じことが書いてあったんです(笑)


それで、
ああ、能力開発の方法って
結局大筋は同じなんだろうなあと思って
「そういえば、2時間再受講なら
無料で受けられるんだった、
これを利用しない手は無いな」
と思ったんです。


今までこの権利を利用しなかったのは、
10年前の講座を受けてから
何も問題を感じることなく愛用しており、
「再受講しないとわからない」
と思った経験がなかった、
というのもあるのですが。


で、ひっさしぶりに、あの独特の雰囲気の会場に
行きまして
自己紹介がてらに参加者全員で「今日のよかったこと」
なんかシェアして、
みんなでポジティ~ブな気分になってから
学習が始まります。
(すいません、ほんと、こういうの、嫌いです。
最近、その理由に気がついちゃいました。
理由は、恐ろしすぎて話せません)


あ、決して斜めに見ているわけではないですよ。

参加して、すんごい学びがありました。
だから書いてるんですから^^

上にも書いたように
「フォトリーディング・ホールマインド・システム」は、

というか、
「ちゃんと計画された読書の仕方」
というのは、

「自分が何か問題や向上させたい事項があるとき」
「読書によって得られる情報をその解決のためのヒントとして」
「その本を選び」
「手に取ってから」
「もっともよく情報が得られるように読んで」
「頭の中に適切にまとめ」
「必要に応じて人に伝えたり、自分の作業に生かす」

というふうに、
その過程がステップ化されています。
意識化されているかどうか、は別として。


これを、生まれながらにできている人も
たぶんいるんだろうと思います。
が、たいていの人は
こんなふうに整理されていないので、
フォトリーディングなり他の読書法なり、
今まだ身に付いたものをリセットして
一からインストールすると、
「本」という食べ物を
効率的に自分の栄養になるように消化できる
ようになる、というわけです。

で、この
「フォトリーディング」では、
そのステップの中に
「自分に対する目的の問いかけ」というのが
あるんです。
「この本を自分が読む目的は難なのか?」
という。


で、こういう復習を二時間の中で
やっていくわけですが、
その「目的の問いかけ」のステップのときに、
今回のインストラクターだった松岡克政さんが、
このようにおっしゃったんです。

「自分がこの本を読む目的は?
もう一段深いところに問いかけてください。
本を読む以上、何か得たいものがあるはずです。
では、その『得たいもの』を得ようと思う、
『本当の』目的は?」

これが、ずどんと入りました。

本当にこの「目的の確認」
というのが大事で、
フォトリーを学び始めると、
実は、「これ、読まない」という
選択をすることがとてもたくさん
あります。
フォトリーディング、って
そりゃー読むの速くなりますよ。
読まないのがいちばん速いですから(笑)


つまり、このように、
「読む、読まない」
「何を読む」
「どうして読む」
という選択を意識的にしていく。
「フォトリー」って
潜在意識でやるみたいに言われていますけど、
実際は、顕在意識がとっても大切なんです。
顕在意識なんて四文字熟語使わないで、
ごくふつうの意識で、
さらにわかりやすい言葉を使うなら「なあなあ」で
やっちゃってることを
ちゃんと指差し確認することの
大切さを学ぶわけです。


つまりね、発見するのは、
本の中にある「情報」じゃなくて、
どの情報を、なぜ求めるのか、という
「自分」なのだということ。

だから、
答えは、「本」ではなく
「自分」のほうにある。

うーむ、私、
いつもこの寺子屋で
「いちばん大事なのは自分の発見」
って言ってるのに、
まだ甘かったですね〜。

だから、本を読むときだけでなく、
それ以外のときでも、
さらに一層、念を入れて
自分にもう一度聞いてあげるようになりました。

「あなたがそれをやろうと思う
『本当の』目的は?」

とね。


そしてその結果、
面白いことがわかりました。


「自分の『本当の』目的」を探ってみると、
結構、自分、欲深くて、ポジティブで
自分を大切にしてるんです。

それをやろうとするときに、
必ず「何がメリットなのか」を
ちゃんとわかって、やってるんだ、私。


これは、すんごい自信でした。


今までの失敗や挫折、妥協だと
思っていたことも、
実は、ちゃんと、その方向にあるメリットを
見つけて、選んでいたんだな、ってことが
わかってきたのです。

私、恐怖でものごと、選んでないです(笑)
あと、
自己評価の低さゆえに成功を避ける人間でもないです(爆)


今年の秋以降は、
ご存知のとおり、あまり
情報発信や、表立った活躍ができなかったけれど、
この、10月の経験以降、
「自分の目的」がちゃんとわかっている気がします。
それって、すごい
心を落ち着かせるというか、
平和というか、
「平常心」というものを
感じさせてくれる結果につながるのです。


《本日のまとめ》

「それをするときの【本当の目的は?】」と
自分に聞いてあげることは、
つまり、「あなたとは何者?」
と聞いてあげることなのである。


自分の「目的」を知れば知るほど、
自分の心の平安を手に入れることにつながる。



本日もお読みいただきまして、
まことにありがとうございました。


次回も楽しみにしてくださったら
とても嬉しいです。

「みんなにも知ってほしい」と思うことは、
どうぞシェアで広めてください。




ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問を遠慮無くお寄せください。
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【ジューサー、ブレンダー類のご紹介について】
ジューサー類のご紹介は現在休止中です。
(もうすぐ再開できそうです……
 といいながら止まってしまってごめんなさい)

バイタミックスは引き続きロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・1266部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・469部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。


応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村

helpedpinkheart.dib
posted by tomo_ishizuka at 22:12| コア・ビリーフ(あなたを形作る信念) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

どうしても「あんたナニサマ?」って思っちゃってたんです(コア・ビリーフ) vol.297

***********************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

どうしても「あんたナニサマ?」って思っちゃってたんです
(コア・ビリーフ) vol.297

***********************************************************************

みなさまこんにちは。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。


☆★☆先行告知 3/21 午後「単発寺子屋おはなし会」します☆★☆
次回のメルマガでご案内いたします。
ゲルソン療法導入から半年、
生活(考え方、ビジネス、セクシャリティ)の変化(というか進化?)、
語学や時間&スペース管理、
寺子屋1年生でやるバウンダリーのお話もする予定なので、
今まで興味があったけど連続講座とれなかった方に。
食事を変えて美容や健康に気をつけるようになったけど、
人生全般とどう結びつけるのか? ヒントを求めている方に
来ていただければと思います。
少人数なのでニーズにそったプログラムができます。
なお、今後も単発で開催する予定です。



☆★☆ローフード・フォー・ビジー・ピープル☆★☆
ローフードの基本とレシピ開発の土台が学べます。
このレシピ集を土台に、多くのローシェフが活躍して
いらっしゃいます。
まだお持ちでない方は、一冊持っておいてくださいね。
(書籍は写真が少ないので、テキスト派向けです)
書籍
http://goo.gl/31fdYv
DVD
http://goo.gl/vefC7g


☆★☆  お休みしていた 、「エンジェル・ジューサー」のご紹介が、
近々再開できそうです。もう少しお待ちください ☆★☆


☆★☆ このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください ☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net



☆★☆無料e-book☆★☆
◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を無料でお伝えします。vol.01』
超ボリューミー! !これだけでもお教室が開けるぐらいの内容です^^
お友達にもぜひ下記のURLをご紹介ください。
http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf



☆★☆ note で、子宮筋腫のことを書いています。 ☆★☆

「子宮筋腫・性交痛・ゲルソン療法」というシリーズや
(筋腫が小さくなりました!)
映画評論などを書いています。
(最近書いた投稿
「ローフードは『知識』が一生のタカラ、
 ゲルソン療法は『習慣』が一生のタカラ」)
note
https://note.mu/ishizukatomo_rbj




☆★☆ どうしても「あんたナニサマ?」って思っちゃってたんです
(コア・ビリーフ) vol.297 ☆★☆


あらためまして、
みなさまこんにちは。

今回のメルマガは
「スピリットって何だろう?」シリーズの続きなのですが、
(だから「その4」になります)
具体的なサブタイトルとして書いてみました。

さて……

これを書いている2015年3月3日現在、わたしには
「かなっちゃった夢」
があります。

もうほんとうにびっくりで、
いつ、この状態が壊される(元にもどってしまう)
のではないかと
ひやひやものなのですが、
「え? これ、わたしが一番のぞんでたことなんですけど、
今、かなってる?!」
と自覚した二週間ほど前から、
ちょっと危ない橋のときもありましたが、
それでも壊れることなく続いているのです。


この歳になって突然かなっちゃった、
大きな大きな望み。


そんなこと無理だ、絶対実現不可能と思っていたので、
今まで「それが夢だ」と思うことすらなかったのです。

かなっちゃって初めて、
それがどれほど自分の中で大きな望みだったのか
わかり、愕然とするやら、泣けてくるやら。


……で、それがどんな望みかというと、
今ちょっとお話できないんです
(すみません)


書けることを書くと、
その望みは、
・「そんな望みを持つなんて」と言われる可能性あり
・倫理的、とはいえない可能性あり
・ヒーラーとかコーチとかカウンセラーは
「それは、のぞんでもどうしようもない。
 変えられないことなんですよ」と言う可能性あり

なことなんです。


それが、かなっちゃった。
なんかもう、「ぽかーん」って感じ。
まだ「嬉しい」と喜ぶまでにいたっていないです。
「ほんとかな?」とほっぺつねってる状態。


で、わたしはどうしてそれがかなったかが
わかっています。
そのことを実行してからはっきりと変わったから。

その実行によって
「スピリット」が自分の中に入り、
結果として今回の夢がかなっちゃったのですが、

でも、それを始めたとき、
わたしは「その夢をかなえたい」なんて
思ってもいなかったので。
(ほんとに実現可能だと思わなかったのです)


まあその話であんまり引っ張るのはやめて、
そのことで一番良かったことは、


それまでわたしはその「夢」がかなわないと思い込んで
(他人のことなので変えられないと思って)
それ以外のラクになる方法を
あれこれ探して来てました。


そのなかで、ヒーラーとかカウンセラーとかセラピストとか
コーチと名乗る人との出会いもありました。
(実際に会った人もいるし、
本やブログを読んだだけの人もいます)


そのときに、有益なアドバイスを得られることも
あったのですが、
でも、その方の言い方が
ちょっと上からだったりすると、
わたしのこころはつい(というかありのままでいいのかな?)
いってしまってました、
「あんた、ナニサマ?」
って。


だってさー、
人生で多くの人が抱える悩み、
「お金」とか「健康」とか「人間関係」って
誰にでも当事者なわけだから、
その人が、自分のことはさておいて、
他人にアドバイスするのが、わたしには
合点がいかなかったのです。
たとえば親子関係のアドバイスをする人だったら、
その人が親または子であるかぎり、
問題を抱える確率というのはいつでもあるはずです。
その人がこれからもずーっとうまくいきつづけるかどうかって
結局わからないじゃないですか。



そしてもちろん
「あんた、ナニサマ?」と思ってしまう
事態は心地よくなく、
それなのに、そういう方々が何か自分に有益なものを
持っているかもしれないと思って
「ナニサマ?な態度、不快です」と意思表示できない態度も
心地悪いものでした。



それれなのにどうしてそうした自分の希望とはちょっと違う情報を
クルーズしてたかというと、
「自分の求めているものにもっとも近いもので、
でも、それ以上近いものを見つけられなかった」
からなんですね。


それが、やっと
「自分の欲しいもの100%」を見つけた。


ほんとうに、ある日突然それはやってきました。
水面下で、少しずつ、
ことは動いていたのかもしれませんけどね。


とにかく、
「あんた、ナニサマ?」って思う人に近寄らなくて
いい事態が来た、
そして、そう思う人から教えを請わなくても
自分ののぞみを100%かなえられたというのは
わたしにとっては
本当に本当に大きな出口だったと思います。


「スピリットって何?」シリーズは
続きます。




Daily Reflections:
A Book of Reflections by A.A. Members for A.A. Members
(「毎日の繰り返し
AAメンバーによるAAメンバーのための日めくりブック」
http://goo.gl/ZlPbpm

ご興味がありましたら
読んでみてください。
アマゾンで1000円ぐらい(変動します)で
買えます。




【本日のまとめ】


「あんたナニサマ?」な人に教わらなくても
問題を解決できる
望みをかなえられる
という発見は、
自分をすごく自由にしたと思います。

以前はそこに、「弱み」があったんです。
どうしてもそれをかなえたい、という。
でも、たぶん、わたしが「スピリット」を認めて
得られるようになった感覚は
「弱みがない」ということじゃないかと思います。




本日もお読みいただきまして、
ありがとうございました。


今後も楽しみにしてくださったらうれしいです。

note
https://note.mu/ishizukatomo_rbj
は別のことを書いていきます。

そちらもフォローしてみてください
次回も楽しみにしてくだったら
とても嬉しいです。


【お知らせ】
ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問を遠慮無くお寄せください。
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【応援のお願い】
今日の記事が「役だった」と思いましたら

・ツイッターでのリツイート
・facebook でのシェア
 ブログ村「女磨き」ランキングをクリック。
 http://beauty.blogmura.com/ladiesbrushup/
・ご自分のブログにリンクを貼って感想記事を書く

などの応援をお願いします。


ジューサー類のご紹介は現在休止中です。
(もうすぐ再開できそうです!)

バイタミックスは引き続きロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・1290部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・942部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。


応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村

helpedpinkheart.dib
posted by tomo_ishizuka at 16:53| コア・ビリーフ(あなたを形作る信念) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月28日

《スピリット(霊)》ってなんだろう(その3)(コア・ビリーフ)&3/21 おはなし会します vol.296

***********************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

《スピリット(霊)》ってなんだろう(その3)(コア・ビリーフ)
&3/21 おはなし会します vol.296

***********************************************************************

みなさまこんにちは。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。


☆★☆先行告知 3/21 午後「単発寺子屋おはなし会」します☆★☆
毎日できることの量に限りがあり、
ご案内が遅れてしまっているので
先に告知をいたします。
ゲルソン療法導入から半年、
生活(考え方、ビジネス、セクシャリティ)の変化(というか進化?)、
語学や時間&スペース管理、
寺子屋1年生でやるバウンダリーのお話もする予定なので、
今まで興味があったけど連続講座とれなかった方に。
食事を変えて美容や健康に気をつけるようになったけど、
人生全般とどう結びつけるのか? ヒントを求めている方に
来ていただければと思います。
少人数なのでニーズにそったプログラムができます。
なお、今後も単発で開催する予定です。
ご案内は来週する予定です。


☆★☆ローフード・フォー・ビジー・ピープル☆★☆
ローフードの基本とレシピ開発の土台が学べます。
このレシピ集を土台に、多くのローシェフが活躍して
いらっしゃいます。
まだお持ちでない方は、一冊持っておいてくださいね。
(書籍は写真が少ないので、テキスト派向けです)
書籍
http://goo.gl/31fdYv
DVD
http://goo.gl/vefC7g


☆★☆  お休みしていた 、「エンジェル・ジューサー」のご紹介が、
近々再開できそうです。もう少しお待ちください ☆★☆


☆★☆ このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください ☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net



☆★☆無料e-book☆★☆
◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を無料でお伝えします。vol.01』
超ボリューミー! !これだけでもお教室が開けるぐらいの内容です^^
お友達にもぜひ下記のURLをご紹介ください。
http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf



☆★☆ note で、子宮筋腫のことを書いています。 ☆★☆

「子宮筋腫・性交痛・ゲルソン療法」というシリーズや
(筋腫が小さくなりました!)
映画評論などを書いています。
(最近書いた投稿
「ローフードは『知識』が一生のタカラ、
 ゲルソン療法は『習慣』が一生のタカラ」)
note
https://note.mu/ishizukatomo_rbj




☆★☆ 《スピリット(霊)》ってなんだろう(その3)(コア・ビリーフ) vol.296 ☆★☆


新シリーズとして書き始めた
「《スピリット(霊)》ってなんだろう」
シリーズですが、
今まで発行して来たメルマガを
整理のため読み返していて、
実は、同じこと書こうとしていると
気がつきました……。

私は、メルマガを書くときは
読んでいる方にどんどん新しい情報を知ってほしいし
(ついお得感を感じてほしくて頑張っちゃうのかも^^)
自分も同じことを書いていると進化が無いというか
飽きてしまうので、
そうなってしまうのですが、

実は、「同じことを書いてしまう」
というのは、いいことなんです。

それが、私の一番言いたいことで、
読んでる方にも、一番知ってほしいこと、
ということになりますから。

このメルマガ、最初の発行が2011年なので、
4年めに突入していますが、
いろんなことをお伝えしていくなかで、
「メイン・メッセージ」が輪郭を形成し、
力強くなってきた、ということのように思われます。


その「メイン・メッセージ」を一言でまとめるなら

「入れるのが先、出すのは後」

ということだと思います。

他の言い方するなら

「受け取るのが先、与えるのは後」

と言ってもいいです。


これは、各所で活躍してらっしゃる
ヒーラーさんとかコーチさんとか、
とにかく、他人の行動を修正するお仕事をしてらっしゃる
方たちと正反対の主張である可能性があります。

私は、自分で探して読んだ本などでは
「先に与えなさい、手放しなさい」って言い切ってる本
あまり見ないんですけど、
(自分がそう思ってないから手に取らないんだろうな)
FBなどでお友達になっている方がシェアしている情報
(その方は感銘を受けたから「これ読んでね!」と
シェアしているんだと思います)

だと、

「先に手放せ」説が有力な感じがします。
(つまり、そういうのがよく回ってくるということです)


でも、私の説は、
「受け取るのが先」
です。
「自分で作る、発見する」もなし。
「自分以外の何者か」から、しかも
「無料で(ここ大事)」受け取るものなんです。

ちょうど去年の今頃書いていた、
「ナトリウム・カリウム・ポンプ・ラブ」もそうでした。
(カリウム入れたら自然に逆回転が始まる)
バンジー・ジャンプをするなら
「飛ぶ前に、安全綱を受け取りましょう」
と書きました。
(vol. 274~275あたりを読んでね)
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/392541957.html


それを書いて来てちょっと面白いことに気がついたんですが、
私は、
「人生を生きやすくするための情報」を発信することが
好きでやっていますが、
「語学」を教えることもかなり好きだと言うことです。
そして、語学もまた、
「インプットが先」「入れるのが先」「受け取るのが先」
なスキルなんです。


語学に関して、
「自分の中身を見つめて、発見する」という選択肢はありません。
たとえば、私たちの心の中に、いろいろな感覚や感情は
最初から存在するかもしれません。
でも、それを「ああこれだ、こういうものなんだ」と発見するときには
言葉が必要で、その言葉は、
インプットされないと、心の中をどんなに探しても出てこないんですよね。

「感覚だけあれば言葉なんかいらないじゃないか」
「言葉で考えだすとむしろ頭でっかちになってしまって
感じられないんじゃないか」という
という人もいるかもしれませんが、
そうでもないんです。

たとえば、「肩こり」という言葉のない国では
その人たちの肩はほんとうにこらないんだそうです。
「肩こり」という概念を知ると肩がこってきてしまうのだとか。

つまり、実は「概念の言語化」の方が「感覚」より先かもしれないのです。
だから、「愛」という言葉が無かったら、実は人は
「愛」を感じられないかもしれないのです。


「先に手放せ」
というのは、前にも書きましたように、
「命綱をつけないで飛ぶバンジージャンプ」みたいな
ものです。
もしかしたら、それを薦める人は
自分がやむなくそうしてしまったけど
生き延びることができたサバイバーで、
だから、他の人にも、他の可能性でなく
それが唯一の方法だと信じて
(しばしば厳しく)
薦めるのかもしれません。
「さあ、ここから飛び降りなさい」
と。

だけど、
先に「綱を」受け取ってからであれば
別に怖いことなんかありません。
手品を舞台裏から見るようなものです。


で、問題は、
子どものときに周囲の人たちによって
十分な「綱(感)」を得られた人は問題ないんだけど、
それが得られずに大人になっちゃった
人はどうしたらいいのか、
ということです。


大人なんだから、自分でなんとかしないといけない。
本当はね。
でも、綱ができない、というのは
どうしようもない。


自分の外側に求めようとすれば
「依存」になってしまうし、
(しがみついちゃうから)
「しがみついちゃうその手を放しなさい」
と言われたら怖くてできない。
綱持ってないから当たり前なんだけど。
そのことに気づかず、
「手放せない私は執着が強い」なんて
自分を責めそうになる。


自分自身で解決するのではなく、
でも、他人に面倒見てもらうのでもなく、
「綱」をじゅうぶんに得られて
心を落ち着かせるもの。
「綱」があるんだから何でもできる
(ただし、無益な討ち死にみたいなことはしない)
自由が得られるもの
大人になってからでも得られるもの。

それが、「スピリット(霊)」なんです。


Daily Reflections:
A Book of Reflections by A.A. Members for A.A. Members
(「毎日の繰り返し
AAメンバーによるAAメンバーのための日めくりブック」
http://goo.gl/ZlPbpm


私が今これを毎日読んでいるのは、
それによって「網」感が得られただけでなく、
生活すべてにそれこそ革命的といっても
いいほどの変化が起こって
「ああ、もう間違いないんだ」と思えるから
なんだけど、
それと同時に
「スピリット」って、順を追って説明してしまえば
そんなにオカルト的なものでもなく
ただ、ちょっとした「工夫」によって
得られるものなんだけど、
次回からそれを
筋道を立てて説明していきますね。



【本日のまとめ】


「じゃあどういう変化があったの?」って
お話するのがちょっと難しいんだけど
それも次回からお話していきますね。
(あまりすごくて実は
 ちょっと照れてるだけだったりもする)
内側の変化が外側に現れてくる
2015年はその元年にしたいです。



本日もお読みいただきまして、
ありがとうございました。


今後も楽しみにしてくださったらうれしいです。

note
https://note.mu/ishizukatomo_rbj
は別のことを書いていきます。

そちらもフォローしてみてください
次回も楽しみにしてくだったら
とても嬉しいです。


【お知らせ】
ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問を遠慮無くお寄せください。
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【応援のお願い】
今日の記事が「役だった」と思いましたら

・ツイッターでのリツイート
・facebook でのシェア
 ブログ村「女磨き」ランキングをクリック。
 http://beauty.blogmura.com/ladiesbrushup/
・ご自分のブログにリンクを貼って感想記事を書く

などの応援をお願いします。


ジューサー類のご紹介は現在休止中です。
(もうすぐ再開できそうです!)

バイタミックスは引き続きロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・1292部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・942部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。

応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村

helpedpinkheart.dib
posted by tomo_ishizuka at 21:00| コア・ビリーフ(あなたを形作る信念) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

「あおらない、あおらない、あおらない」(コア・ビリーフ)vol.294

***********************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

「あおらない、あおらない、あおらない」(コア・ビリーフ)vol.294

***********************************************************************

みなさまこんにちは。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。


☆★☆ローフード・フォー・ビジー・ピープル☆★☆
ローフードの基本とレシピ開発の土台が学べます。
このレシピ集を土台に、多くのローシェフが活躍して
いらっしゃいます。
まだお持ちでない方は、一冊持っておいてくださいね。
(書籍は写真が少ないので、テキスト派向けです)
書籍
http://goo.gl/31fdYv
DVD
http://goo.gl/vefC7g


☆★☆  お休みしていた 、「エンジェル・ジューサー」のご紹介が、
近々再開できそうです。もう少しお待ちください ☆★☆


☆★☆ このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください ☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net



☆★☆無料e-book☆★☆
◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を無料でお伝えします。vol.01』
超ボリューミー! !これだけでもお教室が開けるぐらいの内容です^^
お友達にもぜひ下記のURLをご紹介ください。
http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf



☆★☆ note で、子宮筋腫のことを書いています。 ☆★☆

「子宮筋腫・性交痛・ゲルソン療法」というシリーズや
(筋腫が小さくなりました!)
映画評論などを書いています。
(最近メルマガ発行多いからこっちはちょっとお休み、待ってて〜)
note
https://note.mu/ishizukatomo_rbj




☆★☆ 「あおらない、あおらない、あおらない」(コア・ビリーフ)vol.294 ☆★☆


前回、前々回と
「《スピリット(=霊)》って何だろう?」
というテーマで書いて来たのですが、
今回はちょっと休んで
別のことを書きます。


さらに、その前に(笑)
近況なのですが、
「あ、風邪ひいたかも、しかもやばいやつかも」
って思ったのが1月29日の木曜日だったのですが、
それから予感通り大風邪になりまして、
なんと、これを書いてる2週間後の2月12日も
まだ鼻水がズルズル……。


風邪が後半に入ってようやく
コンビニまで歩けるようになってから買った
「鼻セレブ」が一箱なくなりそうだし、
もうね、鼻水で脱水になるんじゃないかと
思った^^;


発熱までしてしまいました。
38度以上まる2日続いた熱なんて、
記憶をさかのぼること20年はないです……。


ここまで寝込むと、
風邪引く前のことを身体が覚えていないぐらい。
免疫反応のおかげで、
身体の細胞がすっかり入れ替わっちゃったんじゃないかと
思いますが、
熱が下がって来てからはげほげほしながらも時間をとることができたので、
今後やりたいこと、やらないことの整理が
たっぷりできました。


そして、風邪を出す前から始めていたのですが、
(このメルマガにも書きました)
その効果の大きさに
やればやるほど感動しているのが
「筆写」です。


私は今英語とフランス語をやっていますが、
もしかしたら日本語でもいいかもしれない。
(というか、いいんだと思います。
外国語での「音読筆写」の効果を知る前、
私は日本語をやっていました。


「音読筆写」というのは、
「同時通訳の神様」と言われた
國広正雄先生が提唱なさった
外国語上達の基本なのですが
(昨年の年末にお亡くなりになっていたのですね!
ご冥福をお祈りいたします)
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/11/25/kiji/K20141125009352380.html


「3〜4桁という驚異的回数の音読をこなす」
ことで劇的に語学能力が伸びる、というのが
その骨子なのですが、
(著書にぜひぜひ手を取られてください。
音読の教科書3冊と勉強の仕方2冊、厳選です)
http://goo.gl/MahuoF

筆写は1回、
音読は3回やると
それだけでまた驚くべき効果を感じることができます。

どういう効果かというと、

「外国語を筆写」
するだけで、

・語学上達(これはもちろんかな)
・瞑想(深い深い気持ちよさ、トランス状態?)
・モーニングページ

ができちゃう、
一石三鳥!!!


こんなに気持ちがよくて
お金もかからないことって
あるかしら??(真剣な問い)


写している内容が、
前々回から紹介している


Daily Reflections:
A Book of Reflections by A.A. Members for A.A. Members
(「毎日の繰り返し
AAメンバーによるAAメンバーのための日めくりブック」
http://goo.gl/ZlPbpm


のせいかもしれないのですが、
深い深い静けさが得られるというか、
とにかく気持ちがいいのです。


そしてあらためて思うことは、
このメルマガでは、もう何回か書いていることで
また繰り返しになってしまうかもしれませんが

本当の
(というか私の価値観だけなのかもしれないけど)
「健康」「平和」「幸せ」というのは、
「ワクワク」とか「キラキラ」ではなく、
もう一段トーンが落ちたところにあるものじゃないか
ということ。


「明るい」ことは明るいんだけど、
ただ、まぶしいほどではなくて、
薄いシャドウがかかっていて、
だからこそ、
しっかりと目をあけて直視できる。


「キラキラ」「ワクワク」を感じたあとに
ダークなものを見たら、
とても真っ暗に感じて怖くなってしまうけど、
「一段トーンが落ちた」ところなら、
そういうの、ない。
日陰に入っても、そこでの色も見える。


あ〜これが私が求めて来た世界なんだなあ、って、
ちょっとしみじみします^^


で、この世界を壊さぬように、
しかも、その気持ちよさを壊さぬように、
このメルマガを読んでくださる人に
そーっとお伝えするとしたら、


メルマガの文言から
挑発的な言葉をなくすことだ
と思っています。


ちょっとでも「あおって」しまうと、
この静かな気持ちよさは消えてしまうのです。


この傾向は前からあったのだけれど
(ブログやメルマガを見ても、
「低刺激」「静かさ」というような言葉で
「静かさ」を私が大切にしてきたことが、
わかります)
今回の「筆写の気持ちよさ」を知ってしまってから
「これが私の目指すものなんだな〜」と
確信するにいたりました。


だから、これからも
「あおらないように、あおらないように、あおらないように」
書いていこうと思うのだけれど、
だから、このメルマガは、もしかしたら
最後の(?)「あおってる」メルマガです(笑)


どうしてかというと、
世の中には、それこそたっくさんの
「あおってる」文言があふれておりまして、
とくに、
「マーケティング」というのは、
程度の大小こそあれ、必ず「あおって」るんです。
もうそれは、しょうがないことなんです^^
それは「包丁が切れる」というのと
同じぐらい、そのものの特性だから。
「あおらないマーケティングをしろ」というのは
「四角い三角をかけ」ぐらい
難しい、というか、ありえないことなんだと思います。


今、世の中に起業する人が増えて
起業してる人たちは当然ながらマーケティングをお勉強してますので
下手にブログとか読むと
「あおり」だらけなんです。


「興奮」だらけと言ってもいいかな。


「感動」と間違われやすい、興奮、とも
言えるかな。


ちょっと前まで、日本は、大企業の力が強い国で、
「マーケティング」というのは、その、
限られた企業がテレビなど大きなメディアを使って
するもので、
個人はマーケティングなんかしませんでした。


しかし、大企業が人を抱え込むことがなくなり
(というか、放り出して?)
企業の外に出た(出された?)人が、
それぞれ「個」でマーケティングを
始めましたので、


「小さな事業」がブログやメルマガといった
ひとりでできる媒体を使って、
それぞれにマーケティングを始めました。


欲しい利益の量の総和は同じなので、
マーケティングの音量の総和も同じなんじゃないかと思います。
「大きな少数」から「小さな多数」に変わった 、ということで。
前はティラノサウルス1匹だけだったけど、
今はラプトルたくさん、みたいな
(それ怖い^^;)


そういう「あおるもの」に対する
アンチテーゼになっていますから、
「あおらない」ことを訴えるこの文は、
「あおるもの」への拒否感をあおるのです^^


だから、どうするかというと、
次回からは「あおる」「あおらない」という
対立概念からも離れちゃって、


ただ、私の感じている
「静かで、深い、気持ちよさ」
をお伝えしていけたらいいなと思っています。


次回から、またスピリットの話に戻りまーす。
(あ、でも文房具とかの話も書きたいんだった!笑
それも、近いうちにね)


【本日のまとめ】

私はゲルソン療法も
「とても静かな食事」だと思っているのだけど、
「静かであること」のアイテムが、
私の回りに、必要なものは
吸い寄せられて、ほぼそろった気がします^^



本日もお読みいただきまして、
ありがとうございました。


今後も楽しみにしてくださったらうれしいです。

note
https://note.mu/ishizukatomo_rbj
は別のことを書いていきます。

そちらもフォローしてみてください
次回も楽しみにしてくだったら
とても嬉しいです。


【お知らせ】
ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問を遠慮無くお寄せください。
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【応援のお願い】
今日の記事が「役だった」と思いましたら

・ツイッターでのリツイート
・facebook でのシェア
 ブログ村「女磨き」ランキングをクリック。
 http://beauty.blogmura.com/ladiesbrushup/
・ご自分のブログにリンクを貼って感想記事を書く

などの応援をお願いします。


ジューサー類のご紹介は現在休止中です。
(もうすぐ再開できそうです!)

バイタミックスは引き続きロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・1298部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・495部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。


posted by tomo_ishizuka at 22:56| コア・ビリーフ(あなたを形作る信念) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

《スピリット(霊)》ってなんだろう (その2)(コア・ビリーフ)vol.293

***********************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

《スピリット(霊)》ってなんだろう (その2)(コア・ビリーフ)vol.293

***********************************************************************

みなさまこんにちは。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。


☆★☆ローフード・フォー・ビジー・ピープル☆★☆
ローフードの基本とレシピ開発の土台が学べます。
このレシピ集を土台に、多くのローシェフが活躍して
いらっしゃいます。
まだお持ちでない方は、一冊持っておいてくださいね。
(書籍は写真が少ないので、テキスト派向けです)
書籍
http://goo.gl/31fdYv
DVD
http://goo.gl/vefC7g


☆★☆  お休みしていた「エンジェル・ジューサー」のご紹介が、
近々再開できそうです。もう少しお待ちください ☆★☆


☆★☆ このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください ☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net



☆★☆無料e-book☆★☆
◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を無料でお伝えします。vol.01』
超ボリューミー! !これだけでもお教室が開けるぐらいの内容です^^
お友達にもぜひ下記のURLをご紹介ください。
http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf



☆★☆ note で、子宮筋腫のことを書いています。 ☆★☆

「子宮筋腫・性交痛・ゲルソン療法」というシリーズや
(筋腫が小さくなりました!)
映画評論などを書いています。
note
https://note.mu/ishizukatomo_rbj


☆★☆現代と世界と自分 ☆★☆
2015年の1月は私にとってもそれを抜ける前と後では
大きな変化でしたが、
世界にとっても「それ以前」「それ以降」で分けられるような
歴史の節目になってしまったのではないかと思います。
(「911」「311」より大きいような……)
毎日起こるたくさんの死を悼み、誕生を祝い、
また自分をいたわりながら生き延びていこうと
思います。



☆★☆ 《スピリット(霊)》ってなんだろう (その2)
(コア・ビリーフ)vol.293 ☆★☆


「霊は何か」って話なんて、
世界中の講釈師が古今東西
あれやこれやとまことしやかに伝えている話なので、
もしかしたら、また一つ、
皆さんを混乱させる仮説を投げかけてしまうだけかも^^

でも、書く以上は、
「なるほど〜」と
腑に落ちていただける話をしたいと思います。

「その1」はこちら。
http://rawbeauty.seesaa.net/article/413102373.html


Daily Reflections:
A Book of Reflections by A.A. Members for A.A. Members
(「毎日の繰り返し
AAメンバーによるAAメンバーのための日めくりブック」
http://goo.gl/ZlPbpm

を、毎日
読み続けています。

音読筆写もなるべく続けてますよ
(昨日から風邪引いて挫折したけど…)


世界で2000万部という
強烈な数が売れている、ベストセラーです。


それを毎日読んで、
ときにはグループに出て生身の人と会って
《スピリット》について
あらためて感じる体験をしました。


人間は、ずっと昔から
「身体に与える食べ物だけでは
どうやら健康にも幸福にもなれないようだ」
と気がついて来ました。

また、
「ただ生きている」というのと
「生き生きと生命力が感じられる」というのは
違う状態で、
「生き生きと生命力が感じられる」という状態でないと
健康や幸福を感じられないこと、にも
気がついて来ました。

で、その
「生き生きと生命力が感じられる」
という状態を目指して、
いろいろなことを試みて来ました。

で、アルコールのような物質に関して言うと、
その方法は、当たりのようでもあり、
はずれのようでもありました。

というのは、
長い目線で見ると身を持ち崩しちゃう場合もあるんだけど、
そこまで身体がダメージを受けずに幸福感だけ味わえて、
身を持ち崩さずに終わっていく場合もあるから。


が、一般的に、
快楽物質(および行動)の摂取が習慣化している場合、
自分の中で、それに代わる快楽(「平安」と言うべきかな?)
が作れる能力は、向上していないというか
下がっている、というか、
とにかく、摂取習慣なしではいられなくなっていきます。


ちなみに、
この快楽、というか平安物質を脳内で化学的に作りだろうとした
クスリが、ちょっと前に期待された抗鬱剤SSRI
(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
というのですが、
きかなかったり、副作用もあったり、いろいろです。


さて、
では、身を持ち崩さないですむように
安全無害な方法で《スピリット》を自分に取り込みたいわけですが、
それは、体内生産できないのでしょうか?


私の答えは、
「イエスであり、ノーである」
です。


というのは、
自分の中にすでにあって、
発見できていない場合、というのも
あるからです。


でも、なんで発見ができないかというと、
自分の《スピリット》を見る(感じる)、ということは、
自分の肉眼で見ることができない、から
そうなるのだと思います。

見るためには、
鏡を使わないと見られないような感じ。

ちょうど、「自分の鼻の穴を見る」ようなものと
言えるんじゃないかと思います。
鏡使わないと見れないでしょ?
(なんて素晴らしいたとえ!)

だから、人間は「周囲の人」という
鏡を使って、自分の《スピリット=霊》を
確認しようとします。

(この「鏡」の提案をしないで、
「自分の中のスピリットに気づきましょう」と
言い続けるのは、根性論になる危険があるなと
思っています。
気づける人は自分がどうして気づいてるかわからないし、
気がつかない人は自分を責めてしまう)


ただ、この《鏡》は、
一度正しくインストールされれば、
毎回しなくても機能します。
メンテナンスが必要ですし、
大きなダメージを受けると壊れてしまいますが、
小さなへこみなら自然にもとに戻るし、
壊れてしまった場合再インストールも可能です。

ただ、自分のローカルにインストールされるかということが
とても大事だと思います。

ちゃんとインストールされてないと、
いちいち外付けしないといけない。
それが、酒などに代表される快楽物質や行動というわけです。
依存症は「外付けの習慣化」と
言えるかもしれません。


外付けが習慣化してしまうと
生命力を保つために「外付けスピリット」を
探し続けることになり、
それがすぎると身を持ち崩してしまいます。

次回に続きます。



【本日のまとめ】

《スピリット》は、
・スピリットは自己生産可能
(というか、常に存在しているかもしれない)
・しかし、「鼻の穴」のようなものなので、
認知するためのツール(鏡のようなもの)が必要
・このツールがインストールされて機能されれば
《外付けスピリット》を求めて身を持ち崩すことを
避けられるようになる。
・依存の対象に支配されることがなくなり
選択の幅が広がる=自由になる。


本日もお読みいただきまして、
ありがとうございました。


今後も楽しみにしてくださったらうれしいです。

note
https://note.mu/ishizukatomo_rbj
は別のことを書いていきます。

そちらもフォローしてみてください
次回も楽しみにしてくだったら
とても嬉しいです。


【お知らせ】
ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問を遠慮無くお寄せください。
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【応援のお願い】
今日の記事が「役だった」と思いましたら

・ツイッターでのリツイート
・facebook でのシェア
 ブログ村「女磨き」ランキングをクリック。
 http://beauty.blogmura.com/ladiesbrushup/
・ご自分のブログにリンクを貼って感想記事を書く

などの応援をお願いします。


ジューサー類のご紹介は現在休止中です。
(もうすぐ再開できそうです!)

バイタミックスは引き続きロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・1292部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・495部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。

応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村

helpedpinkheart.dib
posted by tomo_ishizuka at 13:43| コア・ビリーフ(あなたを形作る信念) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

《スピリット》ってなんだろう (その1)(コア・ビリーフ)vol.292

***********************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

《スピリット》ってなんだろう (その1)(コア・ビリーフ)vol.292

***********************************************************************

みなさまこんにちは。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。


☆★☆ローフード・フォー・ビジー・ピープル☆★☆
ローフードの基本とレシピ開発の土台が学べます。
このレシピ集を土台に、多くのローシェフが活躍して
いらっしゃいます。
まだお持ちでない方は、一冊持っておいてくださいね。
(書籍は写真が少ないので、テキスト派向けです)
書籍
http://goo.gl/31fdYv
DVD
http://goo.gl/vefC7g


☆★☆  お休みしていた「エンジェル・ジューサー」のご紹介が、
近々再開できそうです。もう少しお待ちください ☆★☆


☆★☆ このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください ☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net



☆★☆無料e-book☆★☆
◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を無料でお伝えします。vol.01』
超ボリューミー! !これだけでもお教室が開けるぐらいの内容です^^
お友達にもぜひ下記のURLをご紹介ください。
http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf



☆★☆ note で、子宮筋腫のことを書いています。 ☆★☆

「子宮筋腫・性交痛・ゲルソン療法」というシリーズや
(筋腫が小さくなりました!)
映画評論などを書いています。
note
https://note.mu/ishizukatomo_rbj



☆★☆ 《スピリット》ってなんだろう (その1)(コア・ビリーフ)vol.292 ☆★☆


実は、1月6日に、
父が、肺炎で緊急入院してしまいました。

その間ももちろん予断をゆるさなかったのですが
(さらに、留守宅でわんちゃんまで衰弱!)

20日(火) 退院カンファレンス
21日(水) 退院
22日(木) 訪問診療オリエンテーション
23日(金) 役所関係の連絡山ほど
24日(土)25日(日) 別件で家族マター
26日(月) 父白内障日帰り手術
27日(火) 白内障術後診察(長引いて英語教室が休講に……) 
28日(水) やっと家族マターなし ←今ここ
29日(木) 介護認定面接

と、なんだかずーっと家族マターなのでした。

というわけで、
もはや、「自分が療養生活している」という
状態ではほとんどなくなってしまったのですが(涙)
(これじゃ、ふつうの人より働いてるじゃん!)
一週間21食のうち、1食ぐらいは完全非ゲルソンになっちゃってるし

RBJのセミナーやコンテンツ販売は
もはや風前の灯火。。。

しかし、
気づきの早さは矢のようなので、
メルマガ書く時間がやっととれて嬉しいです。


さて、「気づきの早さは矢のよう」
の秘密は、

前回(1/15発行)のno.291のメルマガ
http://rawbeauty.seesaa.net/article/412414926.html
で紹介した

Daily Reflections:
A Book of Reflections by A.A. Members for A.A. Members
(「毎日の繰り返し
AAメンバーによるAAメンバーのための日めくりブック」
http://goo.gl/ZlPbpm


を、毎日
読んでいるからだと思います。


英語の勉強も兼ねて、
音読はもちろん、
筆写もするようにしています。


筆写すると、ますますしみ込んできますしね……。


タイトルからして覚えづらい、これらの本。

文字通り、
AA (アルコホーリクス・アノニマス)
っていうぐらいで、
「名を持たぬ人」たちの集団が残した言葉、という
不思議なコンセプト。

このごろちまたに流行る
「セルフ・ブランディング」とは正反対ですが、

この本の原典(「ビッグ・ブック」と呼ばれています)は
世界中で、なんと2000万部以上売れているんです。
http://goo.gl/HkUqnD


それだけの人が、
なんの宣伝もされないこの本にたどりつき、
買って行く、ということ。
販売戦略や
キャッチーなタイトルでなく、
この本の本質(つまり、効果がある)によって
人を引き続けているということ。

ここまでいくと、「聖書」とか「コーラン」並み。


多くの人々の「精」が凝縮したような
本ですから、
インスパイアに満ちているのも
当然なのですが。


さて、そこで今日の本題なのですが、


今や空前のスピリチュアリズム・ブーム、というか、
「スピリチュアル」という言葉は今や
完全に市民権を得たものになり、
後戻りすることはないと思うのですが、

では、そこでちょっと話題にしてみたいのですが、
「スピリチュアル」(=霊的な)の
「スピリット」(=霊)
ってなんでしょう。


わかって話していますか?

「あやしい系」とか「天使」とか
「キラキラ・ワクワク」してきたら
スピリチュアルだと思っていませんか(笑)


そういえば、先ほど
「インスパイアされることが多い」という
表現を使いましたが、
この「インスパイア」という言葉も
(名詞形「インスピレーション」)
「スピリット」からきた派生語の一つなんですよね。

「スピリット」が「イン」する。
入ったスピリットによって、
新しいクリエーションが生まれる、
という意味に基づいています。


あらためて。

《スピリット》とは何か。

《スピリット》はどこにあるのか。


その一つのヒントとして。


《スピリット》は、《霊》とか《精霊》と訳され、
それがないと、人間は、著しく
健康を害したり、
場合によっては死んでしまうと考えられていました。


しかし、人間は、
しょっちゅう、この《霊》が
枯渇します。
ガソリン切れみたいに(笑)


だから、人間の健康を保つために
《スピリット》を注入する必要があり、
人間は、その方法を、
いろいろと考えてきました。

お祈りや瞑想ももちろんそうでした。
ヨガもそうだし、写経とかもそうでしょう。

そうした方法の一つとして、

ヨーロッパ世界の人々は、
昔、
《スピリット》を注入できるツールとして
「酒」を考えていました。
考えていました。
http://www.suntory.co.jp/wnb/guide/spirits/01/


スピリッツ=蒸留酒は
醸造酒を高温で熱して作る
アルコール度数の高い酒のことです。
アルコールの強い酒を飲むと
飲むと、「カーッ」と一気に身体が熱くなりますね。

そんな、身体の熱くなる酒=「火の酒」は
「酒」のエッセンスがぎゅっと詰まった酒なので、
それを注入すれば、
肉体は活性化し、魂が目覚める、と
考えていたようです。


まあ、そこまでは間違いがないのでしょう。

どの文化でも
「火」と「発酵」(と、あと「セックス」)
を扱える人は、
神様に近い扱いを受けていました。
それらは宗教的な職業でした。

「火」でいえば、
ヨーロッパ世界のパン屋さんって、
昔はお医者さんなみの扱いだったそうですし、
日本では「刀鍛冶」みたいな職業が
そうですね。


そして、
「発酵」もまた
聖なる職業です。
ヨーロッパでは、ワインを作る修道院が
たくさんあることはご存知かと思いますし、
日本では、飛鳥時代から朝廷で酒を作っていました。

デリケートな作業であり、
集中力を求められますから、
一種のトランス状態に入っていたかもしれないし、
「発酵」という不思議な力を使うので、
宗教的になっていくのは
むべなるかなと思われます。

飲んだ瞬間の、
自然界にはなかったエネルギーに
たしかに、人間は、
生命性を取り戻しもしたでしょう。


おもしろいことに、
「祈り」や「瞑想」といった
もっと直接霊感とつながれるアクションではない
「酒」という物質に、
ヨーロッパの人々は《スピリッツ》という
名前をつけたのです。


さて、
このメルマガを読んでいる方の中には
酒に強い方(ちゃんと分解して排出できる方)も
たくさんいて、その方たちにとっては
「そんな大げさな問題じゃないんじゃない?」
という感覚を抱くかもしれませんが、
「酒」だけじゃなくて、一つの
「行動パターン」として読んでいただけると
幸いです。
(昔はドラッグとか買い物とか吐くほどの食べものとか
ありませんでしたので)

《スピリット=酒》って、
アルコールによって《スピリット》を注入された
その瞬間はいいのですが、

《スピリット》が一瞬入ったようで、
それが切れたあとは
「心」も「身体」も
どーしよーもなくダウンする、という
正反対の効果を招く、という現象が
起こります。

どんなに酒に強い身体でも、
程度の差こそあれ、起こっています。


だから、「中毒」「依存症」という
強いことばを使うのは適切ではないにしても
酒を飲む行為は
「習慣化」はします。


習慣化しているということは、
一度注入したら自分の中で増殖できるのということには
ならなくて、
常に注入しないと、
やっぱり「スピリット」は満たされた状態になっていない。


《スピリット》を手に入れるために、
二つの方法が考えられます。
自分の中に内側から自家発電する、
という方法と、
外側から注入する、という方法。


私たちの中に《スピリット》が欠落している場合、
昔の人々は、文字通り《スピリット》によって
欠落したスピリットを補填しようとした。
しかし、これは根本的な解決には
ならなかった。

では、他の方法はあるのか?

私たちは、《スピリット》を
自分で生産できるのか?


次回に続きます。



【本日のまとめ】

《スピリット》は、
私たちを活性化させてくれる、大切な要素である。
しかし、それが何かを私たちはうまく説明できないし、
どうやったら私たちの内にうまくキープできるかも、
レシピが確立されていない。



本日もお読みいただきまして、
ありがとうございました。


今後も楽しみにしてくださったらうれしいです。

note
https://note.mu/ishizukatomo_rbj
は別のことを書いていきます。

そちらもフォローしてみてください
次回も楽しみにしてくだったら
とても嬉しいです。


【お知らせ】
ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問を遠慮無くお寄せください。
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【応援のお願い】
今日の記事が「役だった」と思いましたら

・ツイッターでのリツイート
・facebook でのシェア
 ブログ村「女磨き」ランキングをクリック。
 http://beauty.blogmura.com/ladiesbrushup/
・ご自分のブログにリンクを貼って感想記事を書く

などの応援をお願いします。


ジューサー類のご紹介は現在休止中です。
(もうすぐ再開できそうです!)

バイタミックスは引き続きロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・1290部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・510部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。

応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村

helpedpinkheart.dib
posted by tomo_ishizuka at 15:36| コア・ビリーフ(あなたを形作る信念) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

「Total Acceptance」(コア・ビリーフ)vol.291

***********************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

「Total Acceptance」(コア・ビリーフ)vol.291

***********************************************************************

みなさまこんにちは。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。


☆★☆ローフード・フォー・ビジー・ピープル☆★☆
やっぱり基本はこれ!
ローフードの基本とレシピ開発の土台が学べます。
まだお持ちでない方は、一冊持っておいてくださいね。
(書籍は写真が少ないので、テキスト派向けです)
書籍
http://goo.gl/31fdYv
DVD
http://goo.gl/vefC7g



☆★☆ このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください ☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net



☆★☆無料e-book☆★☆
◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を無料でお伝えします。vol.01』
超ボリューミー! !これだけでもお教室が開けるぐらいの内容です^^
お友達にもぜひ下記のURLをご紹介ください。
http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf



☆★☆ note で、子宮筋腫のことを書いています。 ☆★☆

「子宮筋腫・性交痛・ゲルソン療法」というシリーズや
(筋腫が小さくなりました)
映画評論などを書いています。
note
https://note.mu/ishizukatomo_rbj



☆★☆ 「Total Acceptance」(コア・ビリーフ)vol.291 ☆★☆

日めくり系の英語の洋書については、
2013年のお正月にも紹介をしています。
このときは、
Affirmaion for the Inner Child
(インナーチャイルドのためのアファメーション)
http://amzn.to/WaOEna
という本を紹介しました。
(当時ペーパーバック733円だったのに今見たら
1200円台に値上がりしてますね。
でもKindle版はずっと480円前後です)

そのときの記事はこちら
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/311478900.html

amazon.co.jp のアカウントで
英語版の洋書はほぼ読めるようになってきており、
セルフヘルプの本も充実してきているのですが、
今年私がやられちゃっているのが、

Daily Reflections:
A Book of Reflections by A.A. Members for A.A. Members
(「毎日の繰り返し
AAメンバーによるAAメンバーのための日めくりブック」
という本です。
http://goo.gl/ZlPbpm
(これも安い。為替で少し変わると思いますが600円前後です)

AAとは何か?

というと、

「アルコホール・アノニマス」。
日本語に直訳すると
「アルコール依存症者の、名もなき者の会」
みたいな感じかなあ。。。
これであの雰囲気が説明できるとは
思えないんだけど……。

ここでどういうミラクルが起こるか
説明することも
とっても難しいんだけど……。

ここでエミネムが再現してますが、
https://www.youtube.com/watch?v=1wYNFfgrXTI&list=RDD4hAVemuQXY&index=2
わりと正確です。
(エミネム、おちょくってんのかなーと
ちょっと警戒して見てみたら
そうでもないみたい)

どうして酒も飲めない私が
アルコール依存症のための本を読んでるかというと、
アルコール依存症というのは
「自分の外側をどうにかすることで
自分が幸せになれる」
という考え方の
基本がぎっしり詰まった
ものの見え方なんだなあ、と
最近とみに思ってるからです。

「依存症」という考えの観察は
アルコール依存症から始まりましたからね。


日めくりですので1日ひとつ読むようにしているのですが、
今まででとても感銘をうけた
1月5日の記事を紹介します。
それが本日のタイトル
Total Acceptance

ちょっと訳してみますね。

「(前略)アルコホリックだけが、このような状態の
正確な意味を理解することができる。

これが我々を恐怖と混乱によって
檻の中に閉じ込めて来た
ダブル・スタンダードの正体である。

すなわち、
「もしも私が飲まなかったら、私は死んでしまうだろう」
そして
「もしもこのまま飲み続けたら、私は飲酒に命をとられるだろう」
この二つである。

この二つの私を追い込む考え方が、
私をかつてないところ心の奥深いところへと
導いた。

その奥深いところで、私は、
アルコール依存症というものに対して
いかなる例外もなく
「すべてを受け入れる」ということを
体験することになったのである。

そしてそれが
私の回復にとって
もっとも本質的なものだったのである。

それは、私が今までまのあたりにしたものの
何にも似ていないジレンマであった。

でも、後になって、私は
回復を成功させてくれるために
必要なものだったと気づいた。」


私がやられちゃってるのは、
「すべてを受け入れる」って
この本じゃなくても言ってる人、
いっぱいいると思うけど、
その
「すべて」が
実は「矛盾」なのだ、
それが苦しみの正体だったのだ、
と言語化してくれていること。


たとえば、
「ネガティブな感情もポジティブな感情も
両方あなたなのだから、受け入れよう」
みたいなのは見たことあるかもしれないけど、
「その二つは矛盾するんだ、
両方併存どころか、対立した概念なんだ
だからまともに理解しようとすると
混乱したり葛藤を起こして苦しくなったりしるのは当然なんだ、
それが「トータル」ということなんだ」
と言っていることです。


わりと私はこのメルマガで、定期的に
「矛盾を抱えて生きる」
「複雑さに耐えて生きる
(↑これを最初に言ったのは皇后美智子様)
みたいなことを書いているんだけど、

今年もまたそれで始めてしまった^^

斎藤学医師が昔いってたけど、この
「矛盾を抱えて生きる」ということが
「おとな」ということなんです。
「傷ついた子ども」とやらが
「それでもいいよ」って言って
傷を手放す事態。

では、
矛盾を抱えていながら苦しくならないで
すむのに
どういう仕掛けが働いているのかというと、
そこに出てくるのが
「ハイアー・パワー」という
力なんです。


【本日のまとめ】
命にかかわる矛盾を消すことはできない。
それを受け入れたときから
おとなの人生が始まる。


本日もお読みいただきまして、
ありがとうございました。


メルマガはときどき発行しますので、
今後も楽しみにしてくださったらうれしいです。

note
https://note.mu/ishizukatomo_rbj
は別のことを書いていきます。

そちらもフォローしてみてください
次回も楽しみにしてくだったら
とても嬉しいです。


【お知らせ】
ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問を遠慮無くお寄せください。
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【応援のお願い】
今日の記事が「役だった」と思いましたら

・ツイッターでのリツイート
・facebook でのシェア
 ブログ村「女磨き」ランキングをクリック。
 http://beauty.blogmura.com/ladiesbrushup/
・ご自分のブログにリンクを貼って感想記事を書く

などの応援をお願いします。


ジューサー類のご紹介は現在休止中です。

バイタミックスは引き続きロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・1287部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・515部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。

応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村

helpedpinkheart.dib


posted by tomo_ishizuka at 23:40| コア・ビリーフ(あなたを形作る信念) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

「Live and let live.」(コア・ビリーフ)vol.290

***********************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

「Live and let live.」(コア・ビリーフ)vol.290

***********************************************************************

みなさまこんにちは。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。


☆★☆ローフード・フォー・ビジー・ピープル☆★☆
そろそろ役目を終えてきましたので、
あと1000冊で販売終了しようと思います。
ローフードの基本とレシピ開発の土台が学べます。
まだお持ちでない方は、一冊持っておいてくださいね。
(書籍は写真が少ないので、テキスト派向けです)
書籍
http://goo.gl/31fdYv
DVD
http://goo.gl/vefC7g



☆★☆ このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください ☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net



☆★☆無料e-book☆★☆
◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を無料でお伝えします。vol.01』
超ボリューミー! !これだけでもお教室が開けるぐらいの内容です^^
お友達にもぜひ下記のURLをご紹介ください。
http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf



☆★☆ note 少しずつ更新中です ☆★☆

note は、テキストや写真、イラストなど、アーティストの発表の場に
特化したウェブ・スペースです。
こちらにテキストを発表しています。
読むだけの場合ログインなしで読めます。
ログインすると私の更新をフォローできます。
note
https://note.mu/ishizukatomo_rbj

無料と有料テキストがありますが、
それぞれお楽しみください。


☆★☆ 「Live and let live.」(コア・ビリーフ)vol.290 ☆★☆

12月21日に発行したvol.289 の 「かりたてられずに生きる」
で、本年のメルマガ発行は最後かなと思ったのですが、
「そうだこれを書かずに終わらないな」
という題材をもう1本書くことができそうなので、
今日は発行します。

(というか、年末になってやっと時間ができたので
また書くかもしれません^^)

さて、それが今日のタイトル、
「Live and let live.」

クーッて感じのいいタイトルだ……。

ともあれ、今年は
「let」
な一年でしたね。

春先から
let it go~~~

の歌が吹き荒れ、
世界興行収入の5位にまで
ランクインしてしまった今年。
http://forest-cat.com/boxoffice/boxoffice1.php

他の方はどうだったかは存じ上げませんが、
この映画が日本で公開された4月から
私の生活は予期していなかった
(いや、満を持してそうなったというべきなのかな?)
厳格ゲルソン生活に突入し、
(いや、これでも全然なんちゃってなんですけどね
「正統派ゲルソン療法」と呼ぶには)
いろいろなものにもう手を出すことができず、
指をくわえて見ていることしかできなくなり、
文字通り、あれもlet, これもlet で
年末を迎えているのでした。

2014年という年そのものを
let したまま過ぎ去らせているようです。


そんな中、飛び込んで来たのが
タイトルの言葉です。

Live and let live.

出典はこちら。
(このリンク先、すべての言葉がいちいち泣けるんですが)。
http://www.acoda.org/slogans.htm

Live and let live.

には翻訳として、
「自分を大切に生きよう。同時に他人の生き方を受け入れよう」

が当てられているんですが、
私が訳すとしたら、

「あなたの人生をまっとうしなさい。同時に
他の人にもその人の人生をまっとうしてもらいなさい」

……あたりかな。

発音すると、Lの音を三つ重ねているのもカッコいい。


テキストには短くスローガンだけが書かれているので
それをどう解釈してもかまわないのですが、

これは、
「自分の人生をまっとうしたら、
その先は、相手にもまっとうしてもらおうと
願おうが願うまいが、
勝手にまっとうさせちゃう」
みたいな感じなんだろうなあ、と思いました。

自分の人生(自分が変えられること)に
完全にフォーカスすることによって、
自分には変えられないこと
(反対に言うと、他者がその人自身で変える領域のこと)
へのフォーカスがどんどんはずれてくるからです。

この、
「フォーカスがはずれること」を
俗にいう
「手放し」
というのですね。

誰かに向かって
「手放しましょう」
「手放しなさい」
というのは、
とても不親切です。

どうしてそう思うかというと、
「手放しなさい」
というのは、
「虎のことを考えないようにしなさい」
と言ってるのと同じで、
むしろ言った瞬間、
その手放すものへの執着を
強める結果になってしまうから。

たとえば
「お金への執着を手放しなさい」
って言った瞬間、
お金のこと、
考えちゃいません?(笑)


「虎のことを考えないようにするには、
その瞬間、馬のことを考えるようにする」
というのと同じで、
「馬」を与えてあげることができたら、
その瞬間、「虎」への執着ははずれるんです。
そういうわけなんです(笑)。

だから、ここ(他人の人生の前のところに)
let (なすにまかせよ、邪魔するな、介入するな)
が入ってるのは、
すごくすごくすご〜〜く
深くてかっこいいな、と、
年の瀬も押し詰まって、
ちょっと振り返る余裕がある今、
思っています。

このまま、あと数日、
年が暮れ、あけるままに
let していきます^^


《追伸》

……というわけで、let という英語
(これ、日本語にはぴったり当てはまる
言葉がありません)に
いたく感心しているわけですが、
いよいよ年末になってきて、
さらにどっひゃーと驚く言葉と出会いました。

それは、
『アナと雪の女王の』
フランス語版の
「let it go 」の
歌詞です。

let に対応する言葉がない
日本語と違って
フランス語にはlaisser (レッセ)という動詞が
ちゃんとあるのですが
(「レッセ・フェール(なすにまかせよ)」の
「レッセ」です)
let it go のフランス語版では、
laisser を使ってないんです。
感情を解き放つのにまかせよ、という意味の
let it go の訳が
「ありのままで」というのは変じゃないか、
というのは、公開当時から
言われていたんですが、
フランス語でもまた違う、
というか、
さらにすごく聞こえるんですけど、私には……。

ご興味ある方は(両方勉強されてる方は)
こちらを見て、
予習しておいてください。
http://goo.gl/JKmx4V
そのうち解説します。


本日もお読みいただきまして、
ありがとうございました。


メルマガはときどき発行しますので、
今後も楽しみにしてくださったらうれしいです。

note
https://note.mu/ishizukatomo_rbj
は別のことを書いていきます。

そちらもフォローしてみてください
次回も楽しみにしてくだったら
とても嬉しいです。


【お知らせ】
ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問を遠慮無くお寄せください。
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【応援のお願い】
今日の記事が「役だった」と思いましたら

・ツイッターでのリツイート
・facebook でのシェア
 ブログ村「女磨き」ランキングをクリック。
 http://beauty.blogmura.com/ladiesbrushup/
・ご自分のブログにリンクを貼って感想記事を書く

などの応援をお願いします。


ジューサー類のご紹介は現在休止中です。

バイタミックスは引き続きロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・1287部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・515部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。


応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村

helpedpinkheart.dib


posted by tomo_ishizuka at 23:06| コア・ビリーフ(あなたを形作る信念) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。