2013年07月10日

「ああ、部屋が〜」  (昼休み) vol.223

****************************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

「ああ、部屋が〜」  (昼休み) vol.223

***************************************************************************

こんにちは、
発行人で、ロービューティジャパン代表の石塚ともでございます。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。


☆★☆ すべてのお申し込み、お問い合わせのメールが大変多くなっております。☆★☆
毎日迅速に、ミスのないように対応しておりますが、
不備の際はお手間ですがご指摘ください。
お問い合わせ多数にて、メルマガなどですでに告知した内容に重複した質問には
お返事さしあげられないことがございます。ご協力よろしくお願いいたします。


☆★☆  2013年夏、 すべての「おためし寺子屋」終了、ありがとうございました! ☆★☆
参加してくださった皆様&オーガナイズしてくださった皆様、本当にありがとうございました。


☆★☆「英語基礎集中スパルタクラス」 お申し込みは7月12日金曜日いっぱい☆★☆

先着順ではありませんので、
まずご自分で「上達する決意」をして(←これないとどうにも伸びません)
それからお申し込みください。
(満席近いため、締切を7月12日(金)いっぱいとさせていただきます)

学習内容についてさらに詳しく書き加えました。
「これだけこの短期間でこの価格で学べるところはない」
ことをアピールしてみました(笑)
読むだけでも英語について学べるようになりましたので
見てみてくださいね。
http://bit.ly/12ODpva


☆★☆たくさんの方のお力で、
8刷、1万2000部のロングセラーにさせていただきました。
『ローフード 私をキレイにした不思議な食べもの』の著者
石塚とものプロフィール☆★☆
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


☆★☆このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
じっくり読んでみたい方はこちらから。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net


☆★☆ロービューティジャパン 今後のイベント☆★☆

♪寺子屋・ 本科生(秋冬期)のお申し込みは、7月 25日頃からです。
先着順ではなく、申込書をじっくりお書きいただく方式です。
お申込書は事前にリリースします。
また、今期の寺子屋のテーマ、何をするのかなど、
もう少し解説のメルマガもお送りする予定です。
8,9,10,11、12月の5回の連続コースです。


♪12月22日(日) 13:00〜
年忘れパーティ@ピンクカウ 今年も決定! 昨年のお料理は大好評でした。
Never miss it! これを見た今、手帳に書き込んで! 
(フォームすでにできています。参加決めた方はぜひご記入下さい。)
http://bit.ly/15WmOpM
(なんとすでにお申し込みが10人以上! ありがとうございます)


♪濃厚ビジネスセミナーは、システムを変えて、受けやすくなるよう調整中(日程延期)
♪ 文章力セミナー、恋愛e-book、作成中。


☆★☆ロービューティジャパンを会場に
ローフードマイスター1・2級講座が開かれます。☆★☆
受講された方は、RBJ生徒様限定の特典がしょっちゅうあります^^
日程は
http://ameblo.jp/teteta/
こちらからご確認ください。


☆★☆ロービューティジャパンの無料e-book☆★☆
◆『高品質・低価格・高アフィリ報酬 だから売りやすい、商品リストと探し方。
ロービューティジャパン式アフィリエイト 常識的な成功法則』
http://mailzou.com/get.php?R=54692&M=22921

◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を 無料でお伝えします。
vol.01 (再配布OK)』
協賛メルマガもメルマガ強制登録もない、オリジナルドメインで公開しました!
「協賛メルマガが煩わしいから、お友達に薦めにくいなあ」と思ってた方、
ぜひこのURLをご紹介ください。http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf



☆★☆ 「ああ、部屋が〜」  (昼休み)  vol.223 ☆★☆


今日は別のことを書くつもりだったのですが、
ちょっと予定変更でお送りします。

というのも、
本日、午後4時頃、
「マーク’s・エンジェルズ」を名乗る女性二人組が当ロービューティジャパンに
やってきまして、
そのあとの予定が全部変更になってしまいました(笑)


「マーク’s」の「マーク」とは、
このメルマガに何度も登場する、
風水コンサルタントのマーク・エインリー氏のことです。
http://www.caycegoods.com/interview10_01

彼のクラスのアドバンス・クラスを受けた
ふたりが(これは私も受けたいのですがなかなか日程が合いませんね〜)
私の部屋をモニターしにやってきてくれたのです。


さて、私は、いろいろなところで言っていますが、
今、欲しいものはだいたい手に入っていて、
とてもおだやかな気持ちというか、第2ステージに入った気持ちでいます。


……が、しかし。
彼女たちの目から見ると、それは全然そう見えない、のか、
第2ステージに入ったのなら入ったらしい部屋にすべきだ、という、
これはめぐり合わせだったのか。


あっちに司令、こっちに司令、で、
女性ふたりがダブルベッドを持ち上げて、
カーペットの位置をすっかり変えてしまうほどの
大移動になりました。


まあ、3時間で椅子三つ捨てる判断した私も
それなりに決断早いほうだと思いますけど。

コンサルの目が入ると今まで「OK」だったものにも
ダメ出しが入りますので、
お二人が帰ったあとも結構とっとと捨てて、
本棚、クローゼット、玄関まわり収納の中身は、
それぞれ90%以上だったのですが
全部70%ぐらいになりました。


うーむ。。。
たった数時間前まで
「おだやか」だと思っていたのに、
今は断然「すっきり」する……。


それにしても、風水コンサルのお仕事は、
「アドバイスのできる掃除屋さん」という感じで、
やってくれたことのいちばん大きなことは
「ひとりでは動かせない家具をバンバン動かしてくれた」
ことかなあと思います。


風水的に知識があり、
意欲もあっても、
物理的に重すぎたり、大きすぎたりして、
手がつかなかった、という作業も、
少なくないからです。

(私はそのうえに背も低いので、ますます不利です。。。)


あとやっぱり
「これ、オークションで売ろう」なんて思っていると、
後回しになってしまいますね。
だいたい捨てた直後に必要になることは
あるものだけどさ、
それは、もう、「避けられないこと」だと思って。


さて、一応、「すっきりする」とは書いてみたのですが、
今、家の中の磁場がぐるんぐるん狂ってしまい、
目がクラクラするので、
本日の寺子屋メルマガはこれにて終了させていただきます。

皆様、よい夜をお過ごしください。



《本日のまとめ》

こうして「おだやか」を満喫したのも
つかのま、
私は次のチャレンジに向かっていくようです……。



本日もお読みいただき、
ありがとうございました。


【お知らせ】
 ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問、どんどんお寄せくださいね!
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【応援のお願い】
今日の記事が「役だった」と思いましたら
・ツイッターでのリツイート
・facebook でのシェア
 ブログ村「女磨き」ランキングをクリック。
 http://beauty.blogmura.com/ladiesbrushup/
・ご自分のブログにリンクを貼って感想記事を書く

などの応援をお願いします。



【提携サイト】


あなたの心の「いやし」に最初に取り組んでほしい。
下記は私推奨の6枚セットですが、1枚づつ買うこともできます。
英語の学習にもおすすめ。
下記のリンクから購入してくださった方で、レビューを書いてくださった方には、
特典として、私が独自にとった重要箇所メモをお分けします
決済メールと感想を
rawbeauty8☆gmail.com
までお送りください。(☆を@に変えてください)
http://bit.ly/PFvHfV


私の自己発見のためにまさに「寄り添い」をいただいている
高橋三恵子先生のサービスです。
http://yorisoi.com/


私が豊かなパートナーシップのためにスーパーバイズを受けている
マダム雅子こと野口雅子先生のプログラムです。
「結婚」がゴールでないという方は、先生の個人セッションをオススメします。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=131483&iid=33731
著書
http://amzn.to/Z93C2w


その他英語関連のおすすめ教材(随時更新)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/126424055.html


ジューサーのただいまのイチオシ、エンジェル・ジューサー
http://rawbeauty.seesaa.net/article/315346316.html

導入モデル、低予算モデルとしてのオススメ(2013年6月更新)は、イキイキ酵素くんOD31
http://rawbeauty.seesaa.net/article/364700702.html


バイタミックス(ロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/

ご感想・要望フォーム
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・885部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・425部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。

応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村

IMG_5152.JPG

アイランド・ベジーのベジバーガーと
アサイ―ボウル。
posted by tomo_ishizuka at 00:24| 昼休み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月13日

プロデュース力も女(男)のたしなみ?&木曽に行って来ました(夏休み)Vol.126

********************************************************************************
石塚とものロービューティ寺子屋
2012.8.13 発行            

プロデュース力も女(男)のたしなみ?&木曽に行って来ました(夏休み)Vol.126 
******************************************************************************


こんにちは、
発行人で、ロービューティジャパン代表の石塚ともでございます。
「ロービューティ寺子屋」は、
「大人の女には、もう一度、基礎教育が必要かもしれない」
この言葉に共感された方に読んでいただきたい
メルマガです。
「一生のタカラ=自分との出会い」を
ご一緒に探求してまいりましょう。


☆★☆たくさんの方のお力で、
8刷、1万2000部のロングセラーにさせていただきました。
『ローフード 私をキレイにした不思議な食べもの』の

著者
石塚とものプロフィール☆★☆
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


☆★☆このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
じっくり読んでみたい方はこちらから。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net☆★☆


☆★☆寺子屋セミナーは秋冬の受け付けを締め切りました。
ありがとうございました。☆★☆


☆★☆ロービューティジャパンを会場に
ローフードマイスター1・2級講座が開かれます。☆★☆
今のところ「西麻布分校でよかった」と大好評です。
8月の日程とお問い合わせ先はこちら
http://ameblo.jp/teteta/entry-11275283987.html
http://ameblo.jp/teteta/entry-11275314252.html
れいこさんのブログのトップページから、おいしそうな写真が
たくさん見られます。


☆★☆rosetta stone☆★☆
私は現在フランス語を最後まで終了しました!
今、2回目をやっていますが、
どう使えば効果的に語学を伸ばせるかもわかってきました。かなりオシです。
効果的な使い方を含めた詳細な感想については、近日紹介しますね。
(契約の都合で直リンクがはれないので、下記のリンクのバナーからお願いします)
http://rawbeauty.seesaa.net


☆★☆ロービューティジャパンの英語学習法をまとめた
無料e-book vol.01 配信開始しました。☆★☆
http://mailzou.com/get.php?R=49771


☆★☆先週金曜日の号外でお伝えした
Kaeさんのデトックス・セミナーは、すでに満席だそうです。
他の日程がご案内できるそうなので、こちらをご覧ください。
http://ameblo.jp/angi-andi/entry-11324398432.html



☆★☆プロデュース力も女のたしなみ?(夏休み)Vol.126 ☆★☆


想定外に決まった夏休みで、
10日(金)の朝メルマガを発行した後、
8時00分新宿発スーパーあずさ5号に乗って
塩尻乗り換え→中央西線→南木曽(なぎそ)で下車→
妻籠、馬籠宿周辺を山歩き、観光、(2泊)→中津川→金山
中部国際空港(お見送り)→名古屋→熱田神宮・
豊川稲荷の中部パワースポットめぐり
→豊橋から新幹線に乗って日曜日の夕方に西麻布に帰ってきました。


本当に想定外に中部地方大旅行してきちゃったのですが、
いろいろ思うところがあったので、今回は、「夏休みスペシャル」として、
用意していたのと内容を変えてお送りしたいと思います。


妻籠では、「観光」「ハイキング」をしたと上記に書きましたが、
もう一つ、とても楽しいことをしました。
それは、一緒に行こうと誘ってくれたお友達が懇意にしている
妻籠のアーティスト、小原旬(おばらじゅん)さんの
プロデュース会議です。
http://www.takenet.or.jp/~obarajun/index.html
http://www.tumago.jp/buy/post-26.html
https://www.facebook.com/pages/Obarajun-Ashidematoi-Club/171297296225818


彼が使う布は、江戸時代に、実際に「火消し」が使っていた
耐久性の強い布(織りで凹凸が入っており、手に取ると立体的です)に
本藍を使って染めたもので、
布は寒さにも厚さにも強く、汗をかいたときにも快適で、
おまけに耐久性抜群。
しかも仕立てはすべて一点もの(頼まれてからオーダー)。
買ったら、一生のお付き合いになりそうな服です。


で、私がどうしてそのプロデュース会議に参加したかっていうと、
旅行に誘ってくれたお友達が
「会議やるから、ついてきて。知恵貸して」
っていうので事情もわからずついていった、っていうのが真相なんですけど、
なんというか……燃えました(読者の皆様は私の性格をよく
ご存知なので、ご想像どうりですかね^^;)
もうちょっと、女性ジェンダーにもとづいておくゆかしく
ふるまうべき旅行のはずだったのですが、
すっかりいつもの講師調でした^^;;


どうしてそんなに燃えたかというと、
与沢塾で学んだことや、与沢翼さんと小玉歩さんの
プロデュース・パッケージの動画を見ていて
いっぱいスキルがあるので、生かしたかった、というのと同時に
日本には、このように、素敵な作品(または商品)を
作っていても、「会うべきお客さん」とちゃんと
出会えていない人がきっとたくさんいるんだろうなあ、と思うと、
なんとももったいない気がしてしまって、
「もったいないもの」=《気》とか《エネルギー》がうまく
回っていないものを見るのがとても苦手な私としては、
「気」を流さずにはいられなくっちゃったんですね。


自分も含めて、もっと「待っている人たち」と出会えるように、
「《気》を流してほしいなー」
という気持ちからビジネス塾に入ったので、
どっちが鶏か卵かわかりませんが。


プロデュース業はそもそも「産婆」的な部分が
楽しい仕事です。
ハリウッドでは、女性監督が数が少なく、女優のギャラは男優のギャラより少ない中、
女性のプロデューサーは結構活躍しています。


今、ハリウッドでもっともクールかつテンタテイニングな作品を作る
クリストファー・ノーラン監督(「バットマン・ライジング」が公開中)作品の
舵をしっかりとっているプロデューサー、エマ・トーマスや
ディズニー・ピクサーの作品を長年支えてきたキャサリン・サラフィアンなど。


ハリウッドまで話を広げなくても、
「自分の持っている情報を伝える=教育業」とともに
「誰かのいいところを伸ばしてあげる=プロデュース業」は、
今後ますます必要とされ、発展していくのじゃないかなと思います。
思えば、両親が子どもの才能をうまく伸ばしてあげる育て方をする、ということは
一種のプロデュース(=生み出し)ともいえます。


その能力を持っていたら、
「向こう三軒両隣プロデューサー」でも、
十分にこの世での御役目は果たせると思うのですね。


秋の寺子屋(申し込みは締め切りました)も、今期のテーマを
「自己肯定発展させるセルフ・ブランディング」として
「自分の資源、他人の資源を徹底的に発見する、徹底的に伸ばす」
ことからやっていこうと思っているのですが、
こうした視点は、自分のためにも、他人のためにも
強化していきたいものだと、あらためて思った夏休みだったのでした。


(本日のまとめ)

プロデュースは、その人を(自分含めて)
徹底的に肯定することから、始まります。


本日もお読みいただきまして、ありがとうございました。



☆★☆編集後記☆★☆


そんなわけで、初めて行った木曽路です。


ま〜〜〜〜ったく縁がないところで、
今回お誘いがなければ多分、ずっと行く事もなかったと思うのですが、
アクセスのしにくい土地だけあって、
そこに残された自然は素晴らしいものでした。


私が日本の地方が苦手だった理由に、
「景観が管理されてない」
「とくに広告看板が無秩序状態」
というのがあるのですが、


小原旬さん曰く
「人が入ってこなさすぎて、看板立てても効果がないからない」
だそうですが、圧倒的に緑と木曽川の清流が迫ってきます。
豊富な水量を表すように、川沿いに小さな水力発電所がいくつも。


「木曽路はすべて山の中である、
あるところは岨(そば)つたいを行く崖の道であり、
あるところは山の尾をめぐる谷の入り口である。」


これは、
この地の出身であった日本を代表する文豪、
島崎藤村の『夜明け前』の書き出しですが、
まさにそのとおりです。


私は、塩尻から電車が山の中に入ってきたとたん、
緑のエネルギーを前にして、胸がドキドキして、泣きそうになってしまいました
(本当です。まだ誰にも言ってない話なのですが)


そして、ご縁あって、こちらで存分に遊ばせてもらいました。
微生物がいないため驚くほど透明度が高い「阿寺(あてら)渓谷」
http://www.shinshu-tabi.com/adera.html
で水遊びしたり、

妻籠・馬籠宿のそぞろ歩き(山歩きは雨のため断念)
http://www.tumago.jp/
http://kiso-magome.com/

公道には野生の猿も出てきてました。


夜は「道の駅」に買い出しに行った野菜でサラダや料理を作り、
翌朝は
地元産のブルーベリーを堪能。

さらに、そちらの家に放置されていた
ギターを、旅行に誘ってくれたお友達が一時間ノンストップで独演
(『アルハンブラの思い出』『アランフェス協奏曲』含む)
というお楽しみまでありました。


その間、私のスマートフォンには例の
「100万円であなたをプロデュースします」のセールスメールが
ガンガンきてたわけですが、
http://free-agent-style.info/celebrity/
(半分嘘です、東京からiPhone使って仕事してたら、
南木曽につく頃は電池が切れてメールも来ないけど
写真も撮れませんでした汗。)


「お金で買えるもの」と「買えないもの」のボーダーについて
考えさせられましたね。


阿寺渓谷の水の美しさはお金を払ったからできるわけではないし、
こんな美しいところに連れてきてもらったのは
「運」とか「縁」とかであって、
お金でこの結果が出せるわけではないものです。
「月収一億円」VS「渓谷水遊び+地元ブルーベリー+『アルハンブラの思い出』生演奏」
だったら絶対後者だと思うんだけど(違う?)


一方で、とっさにお休みがとれたり、
すぐに行動に移せたのも、日頃から、財政やスケジューリングを
きちんと自分の管理下においていることのたまものといえます。


美しい景観を保ったり、
文化財を維持・修復するのにもお金がかかりますね。


お金で買えない経験が引き寄せられるように、
時間とお金の管理をまめにして、
時間やお金に暴走されないように暮らしたいものです。


☆★☆お知らせ☆★☆

 ご意見、ご要望(こういうことを書いてほしい)ご質問などをお寄せください。
メルマガを書く際の参考にさせていただきます。
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


☆★☆ご紹介サイト☆★☆

rosetta stone
(契約の都合で直リンクがはれないので、下記のリンクのバナーからお願いします)
http://rawbeauty.seesaa.net


その他英語関連のおすすめ教材(随時更新)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/126424055.html

エクセル、フォトショップ、イラストレーター、全部動画で学べる
「397時間、動画パソコン教室」
http://www.infotop.jp/click.php?aid=131483&iid=12370&pfg=1
この商品に対する私の意見
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/227291722.html


バストを大きく美しくする、蓮水カノンメソッド
http://www.infotop.jp/click.php?aid=131483&iid=20519&pfg=1
(私の経験)
http://rawbeauty.seesaa.net/article/115409633.html
(チェックテスト)


バイタミックス(ロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


「ジュース専用機」としイチオシ・ヒューロムスロージューサー
(ロービューティジャパン価格+DVDのプレゼントつき)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/173208902.html



発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love. ローフード、ローライフ、ローラヴ』
http://rawbeauty.seesaa.net

他のメルマガ

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/

ご感想・要望フォーム
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html

登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・675部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・150部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html



本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。

私は現在フランス語終了! 上達のコツは繰り返すことです。




手軽な予算で始めたい方におすすめはiKnow!





IMG_2848.JPG
posted by tomo_ishizuka at 05:44| 昼休み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

Vol.57 (昼休み)「映画『サルトルとボーヴォワール 哲学と愛』(英語教室のお知らせも)

********************************************************************************
石塚とものロービューティ寺子屋
2011.12.10 発行            発行 480部

Vol.57 (昼休み)「映画『サルトルとボーヴォワール 哲学と愛』(英語教室のお知らせも)
******************************************************************************

こんにちは、
発行人で、ロービューティジャパン代表の石塚ともでございます。
「ロービューティ寺子屋」は、
「ローフードだけじゃない、一生のタカラになる知識」を
お伝えする目的で発行しております。
今回もどうぞよろしくお願いいたします。
(このメルマガの過去ログブログ作りました。
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net
です)

【無料シェア 2012年〜2055年までのあなたの将来が書きこめる表を
ダウンロードできるようにしました】
「計画」と「自由なイメージ」をバランスよく書き込めるように工夫しました。
エクセルなのでご自分で自由にカスタマイズできます。
無料ダウンロードできますので、
使ってみてください。
http://rawbeauty.seesaa.net/article/232440107.html
この表の狙いと使い方
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/235357619.html


【rosetta stone】
私は現在フランス語のレベル4を学習中。一緒にがんばりましょう。
(契約の都合で直リンクがはれないので、下記のリンクのバナーからお願いします)
http://rawbeauty.seesaa.net


【ロービューティジャパンの年末年始の予定につきまして】
・12月24日〜30日 メールのお返事が遅れます。
48時間以内にお返事できない可能性がありますので、
「ヒューロムスロージューサー」「イキイキ酵素くんDA980」
「グリーンパワージューサー」のお申し込み
バイタミックスのお問い合わせは、
余裕を持って12月20日頃までにお願いいただければ幸いです。


【英語教室《第6期》、「ちょうどいい」数の生徒さんが集まりました】
英語教室第6期につきまして、
現在、「ちょうどいい」数の方から
「受講希望」「興味あり」のメールをいただきました。
これから、こちらの皆さんと条件を確認して、
問題なければ受講していただく予定です。

そのため、
来週の募集は若干名となる可能性がありますので、
ご了承くださいませ。

ご案内と質問の答えはこちらから
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/238635691.html


【寺子屋もご案内中】
寺子屋の募集は、英語教室の募集の後行います。
通信生も同時期募集をいたします。
(講義の翌日に音声を配信し、2週間以内に
宿題を提出していただく形になります)
今しばらくお待ちくださいませ。
日程のご案内はこちら。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/239060354.html


【(昼休み)映画『サルトルとボーヴォワール 哲学と愛』を見て】

今日は昼休み? 社会化見学?
映画のお話にしましょう。

11月27日から、東京渋谷ユーロスペースで
映画『サルトルとボーヴォワール 哲学と愛』が
公開中、全国で順次公開予定です。
20世紀を代表する「知の巨人」、「実存主義」を確立した
フランスの哲学者、ジャン=ポール・サルトルと、
生涯のパートナーでありながらも「契約結婚」という
形をとったこれまた知のミューズ
シモーヌ・ド・ボーヴォワールの
関係を描いた作品です。
http://tetsugakutoai.com/

実はこの原稿、週刊金曜日に寄稿するはずだったのですが、
スケジュールの都合でのせられなかったため、
私の思うところと、
彼らが築いた世界の後に生きる私たちのあり方について、
少しシェアさせていただければと思います。

はい、「知の巨人」なんですよ、ジャン=ポール・サルトル。
「知のミューズ」なんですよ、シモーヌ・ド・ボーヴォワール。

サルトルが死んだ時、フランスだけで5万人がその死を惜しんだといいます。
東京ドーム、一杯分です。

一哲学者の死が、ロックスターのコンサートと
と同じぐらいのムーブメントだったのです。

サルトルが生涯追求し続けたのは、徹底して、
「自由について」でした。
それまでの哲学者たちも、「人としていかに生きるか」に
ついて考えてきましたが、
「神様(キリスト教)からも解放され」
「王様からも解放され」
「戦争も終わった」時代に、
一市民として、本当に自由に生きるには?
を考え、実践してきたのがサルトルだったのです。
そして、そのサルトルと関係を築くことで、
「女性としての自由」を自ら実践してきたのが
ボーヴォワールでした。

……と書くと二人の人生はとても理想的だったように
見えるのですが、

ふたりの死後(サルトル1980年、ボーヴォワール1986年)、
周囲にいた人間たちが、ようやく彼らの苦悩と矛盾について
語り始めます。

今、アマゾンで調べたらフランスの原書も絶版になっているのですが、
1990年頃、ボーヴォワールの妹、エレーヌ・ド・ボーヴォワールが
『我が姉、ボーヴォワール』を発表、
長年、「女性の新しいあり方を追求しよううと頑張りすぎた姉」に
コンプレックスを感じてきた妹の姿を綴っています。
(彼女自身も女性問題を身近なテーマとして画家として活躍しましたが
扱いは姉と比較になりません)

同じ頃、フランスの出版社、ガリマール社が、
ボーヴォワールがサルトルに当てた書簡(つまり私信)集を出版します。
この中で、50年前、愛し合っていたと信じていた愛人(女性)を
ボーヴォワールが実は、当時彼女を見下し、
冷徹な批評を加えていたことを知ってしまったことが明るみに出てしまいます、
このボーヴォワールの性的パートナー、ビアンカ・ランブランは、
実は、当時、サルトルの愛人でもありました。

ランブランは、当時の「自分側から見た事実」を
『サルトルとボーヴォワールに狂わされた娘時代』という
回想録として、1993年に発表します。
(フランス語の原題は、ボーヴォワールの著書『娘時代』をパロって
『ひっかき回された娘時代』となっています)

私は1989年に、男女雇用機会均等法の第三期生として
バブル&男女平等のピカピカの時代に大手出版社に入社しました。
そして、苦手な女性ファッション雑誌の編集者として働くのですが、
そこでなんとか、少しは得意な書評担当の仕事をもらうことができました。
……すると、何を間違ったか(?)超保守女性ファッション雑誌の書評欄に、
各出版社からフェミニズム関係の本がいっぱい送られてくるんですね。
そういうのを、でも、せっせと取り上げてました(笑)。
上記の2冊も、そうやって送られてきた中から読んだものです。

上記で紹介したどちらの本に書いてあったのか忘れたのですが、
その時読んだ、このフレーズが、今でも忘れられません。
(記憶なので、要約です)

「自由と独立を謳歌しているように見えたボーヴォワールの人生は、
実は、不安と恐怖から選択されたものだったのである。
彼女がサルトルの提案に少しでも意を唱えようとすれば、
『だったら、俺は去る』
そのメッセージをちらつかせさせすれば、
彼女はいくらでもコントロールできたのである」

……つまり、
「結婚といっても排他的な関係に縛られない、
お互いに恋人を持つのはOK,
そして、そのことを包み隠さず正直に打ち明けること」
というサルトルの提案は、
とても自由に見えますが、
実は、「サルトルの愛を失うかもしれない」
という恐怖にコントロールされたものだった(かもしれない)
というのです。
(個人的に、「互いに正直に打ち明ける」というのは
監視っぽくていやだなあ、と思いますが)

……やれやれ、
世界中の女性を自由と解放に導いてきた
リーダーの生き方は、いったい、なんだったんでしょうね。

だからといって、
たとえば、夫婦別姓にともなう民法改正に反対意見する人たちが
「あるはずだ」とする、「伝統的家族」というものが
実在するのかも、そしてそこに幸せがあるのかもよくわかりません。
(精神科医の齋藤学先生は、
《理想家族》を機能不全家族の一典型としてあげています)

私(たち女性)は、いったいどうすればいんだろう?
……みたいなこと、私、25年ぐらい悩んでたんですよー。

ところで、21世紀に入って、「戦後」というものが終わって、
(おそらく、関係者がみな死んだ、ということとも関連して)
20世紀にビッグ・ネームであった人々を、一人の人間として
描こう、という試みが、とくにヨーロッパ映画でしばしば見ます。
秀逸だったのは、2004年公開の『ヒトラー 最期の12日間』あたりでしょうか。
サルトルとボーヴォワールは、今年没後何年、とか節目の年では全然ないので、
こうした「20世紀の振り返り」の中で、自然に出てきたのかなと
思われます。

この映画で見るサルトルとボーヴォワールの試行錯誤は、
「理想」というよりは、「これが理想だという仮説をたて、それに伴う実験」
であったように見えます。
サルトルは、多少自分に都合が良すぎるきらいがありますが、
少なくとも、既存の価値観よりは良いものを提案しようとしていますし、
ボーヴォワールは、それがサルトルのコントロールだとわかっていたとしても、
文字通りそこではもう生きていけないような
息の詰まる家庭女性に戻ることはできませんでした。

60年代に「ウーマン・リブ」という形で欧米で起こった
フェミニズム運動ですが、
その前は、女性の地位は信じられないほど低かったのです。
・夫の許可無く銀行口座が作れない
・夫の肉体的暴力がある
・中絶はもちろん、コンドームも違法(←フランス)

というような話を、映画や、友人たちから
見聞きします。

……で、サルトル、ボーヴォワールを普通の人間として描くことは、
彼らに対する親しみは増すのですが、
一方で、文字通り、カリスマではない、私達と同じ人間であることが
見えてしまいます。
同じ人間なので、彼らが抱えている男女関係の悩みも、
ジョン・グレイやチャック・スペザーノやサレンダー本で
痛みから解放されてしまったりするってことが、
見えてしまったりするのです。

以前は、サルトルやボーヴォワールを読んで男女関係について
思索をめぐらすのはインテリの仕事でしたが、
グレイ博士やスペザーノ博士の言葉は、「学校のお勉強」が苦手な人にも
わかるように書かれていますので、
このカップルができなかったことを、本に書いてあるとおりにすれば、
やすやすと実現できてしまいます。
現代は、サルトルとボーヴォワールが一生かかって悩んだ
「自由とそこにまつわる苦しみ、不安」を
駅のキヨスクで買った一冊の文庫本で解決できてしまう時代なのです。

『ガラクタ捨てれば自分が見える』の中で
カレン・キングストンさんが
「過去には滝に打たれたり一生かかって体得した『悟り』を
現代では週末のワークショップで身につけてしまえる」
と書いていますが、ほんとに、そのいい例だなーと
思ってしまいます。

ある意味、ロマンのない時代です(笑)。

ええ、「ロマン」とは、実現不可能だからこそ生まれることなんですから。

私達がなぜ「ロマン」のない世の中が嫌いかというと、
感動しないからなんですが、
(感動して「涙が出る」ことによって人は癒されます)
私たちは、簡単に解決が手に入るようになってしまった反面、
魂レベルで成長し、前に進むということに
直面しやすく、反対にいえば、避けて通りづらくなったなあと
思います。

私も、最近、パートナー候補? な人と、
そのことについて話しあうようになりました。
(「自分大本命」の成果!?)
同じ年代に生まれて、世界レベルで平均すれば似たような
男女観、カップル観を学んで、実践して、
でも、何がうまくいかなかったのか。
私達が本当に求めていたのはなんだったのか。
次はどうすればうまくいくと思うか。
そんなことを、少しずつ話しあっています。

そう、そこにだってロマンはあるのです。

サルトルとボーヴォワールが
ジョン・グレイ博士のワークショップに出たら、
いったいどんな顔をするか、想像するとおかしくて
仕方がないのですが。

サルトルとボーヴォワールを超えて、
(一般人が)前に進もう。

そう考えたら、家の中の荷物だって、20世紀のものを
とっておきたくなくなります(笑)

【本日のまとめ】

・2011年の現在は、ほんとに、問題を「悩み、苦しむ」
時代ではなくなってしまった。
(答えが大衆化されているから)
現状突破するのに必要なのは、「変えよう」と思う
小さな決断だけ。

・世界の一大哲学者が世界を揺るがしても超えられなかったような
壁を、私たち一般人が、簡単に超えることができる。

・でも、サルトルとボーヴォワールが何者であるか知っていたり、
彼らの歴史的役割について説明できたりすることは、
私達の魂が、過去、どういう方向をたどって、これからどういう方向に
進んでいくかのガイドとなってくれる(それにちょっとカッコイイ)。

読んでいただいて、ありがとうございました。

【お知らせ】
e-magazine 「ロービューティジャパン」も発行中です。
現在、第2号まで発行しております。
商品一覧はこちらから見られます。
http://www.dl-market.com/default.php/manufacturers_id/3137/price/2

 ご意見、ご要望(こういうことを書いてほしい)ご質問などをお寄せください。
メルマガを書く際の参考にさせていただきます。
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一箇所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。

http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【本メルマガは、下記のスポンサーシップのもと、運営されています。】
(すべて自費で購入して効果があったものを紹介しています。
レビューを書いたものはレビューページもリンクしています)

・rosetta stone
(契約の都合で直リンクがはれないので、下記のリンクのバナーからお願いします)
http://rawbeauty.seesaa.net

・その他英語関連のおすすめ教材(随時更新)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/126424055.html

・パソコンは動画で学べ、「397時間、動画パソコン教室」
http://www.infotop.jp/click.php?aid=131483&iid=12370&pfg=1
この商品に対する私の意見
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/227291722.html

・「いいこと」しながら「豊かにもなりたい」人へ
「年収1000万円獲得プログラム」
http://www.infotop.jp/click.php?aid=131483&iid=30919&pfg=1
この商品に対する私の意見
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/234722909.html

・バストを大きく美しくする、蓮水カノンメソッド
(私の経験)
http://rawbeauty.seesaa.net/article/115409633.html
(チェックテスト)
http://www.infotop.jp/click.php?aid=131483&iid=20519&pfg=1

・「ジュース専用機」としイチオシ・ヒューロムスロージューサー
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/173208902.html

・バイタミックス(ロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『ローフード 私をキレイにした不思議な食べもの』
http://rawbeauty.seesaa.net

他のメルマガ

「石塚とものロービューティジャパンだより」
http://www.mag2.com/m/0001166930.html

「父親と仲良く(和解)しないかぎり女としての幸せはない、
と気付いてしまった娘のためのメールマガジン」(休刊中)
http://www.mag2.com/m/0001117897.html

「今週、一番癒せる映画!」(休刊中)
http://www.melma.com/backnumber_164500/

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/

ご感想・要望フォーム
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html

登録・解除フォーム
http://www.mag2.com/m/0001243615.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。





posted by tomo_ishizuka at 14:49| 昼休み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

Vol.35 (昼休み?)「テキスト作ってます」

********************************************************************************
石塚とものロービューティ寺子屋
2011.09.16  発行            発行 470部

Vol.35 (昼休み?)「テキスト作ってます」

*******************************************************************************

こんにちは、
発行人で、ロービューティジャパン代表の石塚ともでございます。
「ロービューティ寺子屋」は、
「ローフードだけじゃない、一生のタカラになる知識」を
お伝えする目的で発行しております。
今回もどうぞよろしくお願いいたします。
(このメルマガの過去ログブログ作りました。
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net
です)


【蓮水カノンさんのサイトで、「カップアップチェック」が」
できるようになりました】
あなたのバストにどれぐらい可能性があるか?
チェックしてみてください。
http://bit.ly/oloyUm
(スクロールして真ん中あたりです)


【rosetta stone】
私は現在フランス語のレベル3−3が終了。一緒にがんばりましょう。
(契約の都合で直リンクがはれないので、下記のリンクのバナーからお願いします)
http://bit.ly/jAlDGR


【寺子屋セミナーは、2回の分割払いで受講していただけます】

9月30日からスタートする寺子屋セミナー
お申し込みいただきまして、ありがとうございました。
通学生が1席キャンセル出るかも(お問い合わせください)
通信生は、若干名受付中です。
受講料の設定を大変に迷ったのですが、
2回の分割払いで受講していただけます。
(初回の支払は全受講料の50%以上)
「あなたがいちばん欲しかったもの=あなたが手に入る講座」
引き続きご検討ください。
応募要項はコチラ。
http://www.rawbeautyjapan.com/terakoya-education/


【テキスト作っています】

今週は、寺子屋にお申し込みの方への対応で手がいっぱいになって
しまったので、コンテンツの更新はありません。
来週からがんばりますので、またよろしくお願いいたします。

というわけで、今日はちょっと近況報告です^^

ロービューティジャパンは私一人の個人事業なので、
お申し込みの事務担当をやりながら、
テキストも作っています。


テキストは、ある英語の本を自分で訳しています。
日本語版があるのですが、どうもかなり省略されているので。


このメルマガのvol.32 で、

「人は『食物でできている』以前に
『言葉でできている』のだが、
自己を発見し、表現するための言葉を操る訓練を
あまりにも受けなさすぎたまま、大人になっている。

これをリカバーするには、
滋養あるテキスト(子供向け絵本がおすすめ)
を暗記するまで音読し、「自己発見脳」を
鍛えることをおすすめする、と、書きました。
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/223236471.html

有料寺子屋セミナーでは、
「滋養あるテキスト」を私がセレクトし、
まず、それを栄養として皆さんに取り込んでもらう、
というのが、要素の一つになっています。

寺子屋セミナーは1回が2時間半という長丁場ですが、
「笑点」形式でやるので、
前半が私の話芸、もとい、講義で、
後半が皆さんに参加していただく「大喜利」となるわけです。
(たぶん、あつくてあっというまに終わると思われます)


そのための「滋養あるテキスト」ですから、
食べものを選ぶように、テキストも栄養を選びたい。
(それも、加熱の栄養とローの栄養では違ったように、
あっと驚く、しかもおいしいテキスト、というのがあるのですよ^^)
同時に、セレクトと翻訳そのものが、
私の栄養にもなっているわけです。

ずーっと訳したかった本なので
(私の英語学習は、この本を原書で読むことがゴールだったと
いっても過言ではありません)
お教室を開講しながら、読みたかった本を読むという
ゴールにもたどり着くことができたと、感無量です^^

「寺子屋ってどんなことするんですか?」
という質問には、どうもうまく答えられなくて
困ってたのですが、
なにしろ「総合」ですから、
「こっちの方面から」「あっちの方面から」
いろいろととっちらかった答えをして、
やっと一つの結論が導き出されるようなものなので
一言でうまくいえないのはしょうがないのかもしれません。

でも、
「滋養あるテキスト、それも、加熱とローぐらい違う、
今までとは栄養の種類が違うテキスト」
を読んでいただくことで、
あなたの身体と脳みそと心は、今まで苦労して
動かしていたものが、すっと、力知らずで
動くようになるかもしれないわけです。

そんな作業風景をお伝えしながら、今日の寺子屋は
おしまいにしたいと思います。

おや、東京は雨が降ってきたようです。



【今日のまとめ】
寺子屋では、
「あなたを発見するために必要な滋養あるテキスト、
それも、加熱とローが違うぐらい、今までとは
違う滋養たっぷりのテキストを読んでいただく」
そのことで、あなたの身体、心、脳みそは、
すっと、力知らずで動くようになる
(効果には個人差があります←お約束)



今回も、お読みいただきまして、ありがとうございました。

【お知らせ】
e-magazine 「ロービューティジャパン」も発行中です。
現在、第2号まで発行しております。
商品一覧はこちらから見られます。
http://www.dl-market.com/default.php/manufacturers_id/3137/price/2

 ご意見、ご要望(こういうことを書いてほしい)ご質問などをお寄せください。
メルマガを書く際の参考にさせていただきます。
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一箇所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。

http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【本メルマガは、下記のスポンサーシップのもと、運営されています。】

・rosetta stone
(契約の都合で直リンクがはれないので、下記のリンクのバナーからお願いします)
http://bit.ly/jAlDGR

・その他英語関連のおすすめ教材(随時更新)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/126424055.html

・キャリアに直接きく、「397時間、動画パソコン教室」
http://www.infotop.jp/click.php?aid=131483&iid=12370&pfg=1

・「年収1000万をめざす 川島和正メソッド」
http://bit.ly/e5QEYc

・バストで悩んでいる方、蓮水カノンメソッド
(私の経験)
http://rawbeauty.seesaa.net/article/115409633.html
(チェックテスト)
http://bit.ly/oloyUm

・「ジュース専用機」としイチオシ・ヒューロムスロージューサー
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/173208902.html

・バイタミックス(ロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『ローフード 私をキレイにした不思議な食べもの』
http://rawbeauty.seesaa.net

他のメルマガ

「石塚とものロービューティ寺子屋」
http://www.mag2.com/m/0001243615.html

「父親と仲良く(和解)しないかぎり女としての幸せはない、と気付いてしまった
娘のためのメールマガジン」
http://www.mag2.com/m/0001117897.html

「今週、一番癒せる映画!」
http://www.melma.com/backnumber_164500/

石塚とものプロフィール
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/126347916.html

ご感想・要望フォーム
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html

登録・解除フォーム
http://www.mag2.com/m/0001166930.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。
posted by tomo_ishizuka at 23:29| 昼休み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする