2015年03月13日

食生活のなかで、動物性食品が果たす役割 (健康) vol.299

***********************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

食生活のなかで、動物性食品が果たす役割
(健康) vol.299

***********************************************************************

みなさまこんにちは。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。


☆★☆ 3/21 午後「単発寺子屋おはなし会」残席3☆★☆
栄養たっぷり、毒がちょっと? 笑なおはなし会
「ゲルソン療法」と「幸せになる方法」がたっぷり?
お申し込みはお早めに
ご案内はこちらから
http://goo.gl/bkIBWF



☆★☆ローフード・フォー・ビジー・ピープル☆★☆
ローフードの基本とレシピ開発の土台が学べます。
このレシピ集を土台に、多くのローシェフが活躍して
いらっしゃいます。
まだお持ちでない方は、一冊持っておいてくださいね。
(書籍は写真が少ないので、テキスト派向けです)
書籍
http://goo.gl/31fdYv
DVD
http://goo.gl/vefC7g


☆★☆  お休みしていた 、「エンジェル・ジューサー」のご紹介が、
近々再開できそうです。もう少しお待ちください ☆★☆


☆★☆ このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください ☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net



☆★☆無料e-book☆★☆
◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を無料でお伝えします。vol.01』
超ボリューミー! !これだけでもお教室が開けるぐらいの内容です^^
お友達にもぜひ下記のURLをご紹介ください。
http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf



☆★☆ note で、子宮筋腫のことを書いています。 ☆★☆

3月13日現在、私の子宮筋腫に大変化が起こりました!
(一昨日わかったので未発表)
いろいろたまっててまだ書けないのですが、
また報告していきますね。
「子宮筋腫・性交痛・ゲルソン療法」というシリーズや
映画評論などを書いています。

note
https://note.mu/ishizukatomo_rbj




☆★☆ 食生活のなかで、動物性食品が果たす役割 (健康) vol.299  ☆★☆


あらためまして、
みなさまこんにちは。

「夢がかなっちゃったよ事態」、
まだ続いています。
そして、どうやらそれが当たり前のことになりそうなので、
次の課題に乗り出しました(笑)
ベースの夢がかなっちゃった今、
それらをかなえるのはまったくカンタンだったり
するのですが、また報告していきますね。

それから、
実は、一昨日クリニックに行って検査を受けたのですが、
私の子宮筋腫に大変化が起こっていたことがわかりました。
これらも、写真などを用意したうえで、
きちんとアップしたいと思います。

というわけで、
メルマガがまた楽しくいきおいづいてきた
2015年春の訪れです。


さて、今日は、
「食生活のなかでの動物性食品の役割」という
タイトルでお話したいと思います。


先々週まで私は、目黒のモアーク・ガーデン

http://www.yukiyasai.com/

にてシリーズで行われていた

「健康を作る食べもの&食べ方」

という連続講座に参加していました。
(先々週、基礎の最終回が終わりました)

この講座は、
キャサリン・アレクサンダーさんというオーストラリアの方の
「ダイエタリー・ヒーリング」という
テキストを使って
http://goo.gl/L6wsiE
ゲルソン・アンバサダーでもある
氏家京子さんが解説をします。

キャサリンさんは、
ゲルソン療法に造詣が深く
(ゲルソン療法での指導もできるそうです)
さらに、そこから発展させて、
もっとも効果的にデトックスのできる食事プランを
クライアントに提供しています。



ゲルソン・ベースではあるのですが、
さらにその特徴は
食事プランを三段階に分けるのですが、
それを
「健康な人」「病気ではないが問題を感じる人」「病気の人」
ではなく、
「デトックスするだけの耐力がある人」
「中くらいの人」
「ない人」
の三段階に分けて、プログラムを組んでいるということです。


「デトックスする力がない人」は
イコール、病気の状態が重い人。
だから、本当はデトックスしなければいけないのですが、
同時に
そのための耐力も同時に不足している、
と判断するんです。


ゲルソン療法にしてもナチュラル・ハイジーンも
ルールというか、プログラムは一つです。
病気がある人もない人も、基本的には
「できるだけそれにのっとるように」と指導されます。
それに対し、
「食べ物を受け取る人(つまり人間)の体力、能力に合わせて
プログラムを組んで行ける」、
キャサリンさんの
「ダイエタリー・ヒーリング」の
考え方は、
そのルールを学べば、自分でもある程度
食事メニューに融通がきかすことが可能です。


私も今、一週間3食×7日=21食のうち、
1食ぐらいは非ゲルソン食にしていますが、
そのときのルールはキャサリンさんのルールを参考にしています。


で、彼女の考え方として、
ちょっと面白いことがあるのです。


それは、動物性食品の取り入れ方。


というのは、彼女のプログラムでは
「身体が弱っている人」には、
むしろ、動物性食品を取り入れることを薦めるのです。
(ただし「適量」という前提で話を進めます。
「無制限」ではないので注意)


上にも書いたように、「身体が弱っている人」というのは、
いわゆる「病気」と言われる状態の人ですが、
その人たちは、「デトックスする力」も弱まっています。

で、そういう人にはどうするかというと、
ここで、食事プログラムの中に
動物性食品が入るのです。


ここで「身体が弱っている人」に、
どうして動物性食品を投入する意味があるかというと、

「デトックスのスピードを調節するため」

だそうです。

つまり、デトックスすることは
健康につながるという一方で、
その行為に体力を消耗します。


ゲルソン療法をまともにやると、
とくに最初は、も〜〜〜へとへとになります。
ガンの方だと、
1日にジュース13杯飲んで、5回コーヒー浣腸して、
そのあいまにあちこちいたくなったり、
目が回ったり吐き気がしたり……と、
もはや「疲れるのがお仕事」みたいになって
ぐったりだそうです。


弱っている方、早急にデトックスを必要とする方ほど、
そのデトックスに耐えられない……
という矛盾が発生するのです。


その消耗を防ぎ、
デトックスのスピードを調節する
(っていうかスピードを落とす)
ために、
動物性食品で調節をするというのです。


この方法だと、
ゲルソン療法と違って(っていうかまるで逆)、
ゴール達成までの
スピードはゆっくりになります。
一種、「抵抗」を利用しながら進むことになるわけです。


しかしそれでも
「解毒は確実に進む」と
キャサリンさんは言っています。
体力の消耗を防ぐという点では
こちらのほうが確実かもしれません。


どうして動物性食品が解毒プロセスの中で
それを阻害するかというと、
肉(魚肉含め)、卵、乳製品、
それぞれで違いますが、
「肉」が嫌われるのは
毛細血管に血を含んでいますので
高ナトリウム食品だからです。


ゲルソン流派の解毒プロセスの中では
ナトリウム摂取は
ナトリウム・カリウム・ポンプの働きを
阻害するという理由で、
完全に「不要」=「毒」です。
(重曹やエプソム・ソルトも禁止)


ところが、人によっては
その「毒」を
利用した方がいい人たちがいる、
というわけですね。


さて、それを踏まえて、
私の考えなのですが、
キャサリンさんは動物性食品を
このように「解毒スピードを調節するアイテム」
と考えていますが、
では、他のすべての
いわゆる「身体に悪い」とされる食品って、どうなんでしょうか。


キャサリンさんのプログラムでは、
いかなる状況であれ、
・加工食品(冷凍、缶詰、スモーク)
・砂糖
・塩
・菓子、アイスクリーム、チョコレート
・清涼飲料水
・アルコール

は禁止です。

まあキャサリンさんじゃなくても
全部禁止になりそうなリストですが……
「解毒スピードを調節する、なんて悠長なこと
いってられないほど、毒」
ってことなんでしょうね。



しかし、どうなんでしょう?


「解毒する」ということは、
肉体的であれ、
心理的であれ、
一時的な危機的状況を通過します。

肉体であれば、
細胞内に蓄積された不要物質が
体液をとおるときに身体の快適状態を
一時的に(かなり激しく)損ないますし、
心理的であっても同様のプロセスで、
つらい過去の記憶が、一時的に
意識の中に上って来ます。


ということは、
すべての
「解毒」と反対方向にすすむ食品は
私たちの、
「死んでしまうかもしれないと思うほど大変に感じる解毒プロセス」
から、私たちを守っているのではないかといえるのです。


とくに心理的解毒なんて、
過去のつらい記憶のフラッシュバックが出て来て
自殺したくなっちゃう(あるいは本当にしちゃう)方、
たくさんいらっしゃいますからね。


いわゆる「依存症」「アディクション」と
呼ばれる、無益な行為をそうとわかっていながら繰り返してしまう行動は、
自分を危機から守る行為とも言えるのです。


この、一見「毒」で、
その人にとって百害あって一利なしに見える行為が、
実は、その人を「死」から守っているのです。


つまり、私たちは、
「死」という要素を使うことによって
「生きる」という行為を続けていくことが可能な、
不思議な生きものなのです。


このメルマガは、「健康」に興味がある人が
たくさん読んでいると思いますが、
私が健康に関してよく思っているのは、

健康←→不健康→(その先の)死


というように、
「健康」と「不健康」が
一本の線上で、対極にあるように
しばしば扱われがちだ、ということです。


実は、「命が生きていく」という生命活動には
「死」という活動が含まれている、
というふうに考える方が、理屈にかなっていると思うのです。

 生>生→
↑←死

こんな感じ?

あるいは
以前説明に使った
「陰陽対極図」ってそういうことなのかもしれない。


その「生」と「死」のバランスをうまく使って
私たちはそれぞれ今の心地よさ(いわゆる「コンフォート・ゾーン」)を
作り出している。
それが、最初はいいと思っていたけど、
本当はよろしくないバランスでいつのまにか
「死」に引っ張られちゃうことがある。
これが、「中毒」「アディクション」の状態。
あるいは、そこまでいかなくても、なんらかの要因によって、
バランスは崩れたり、崩れる前に
「別のバランスに行こう」と
思うこともありえる。



「死が生命活動に含まれる」という視点が生まれると、
ものごとを
「ネガティブとポジティブ」
というふうに、
単純に二分割することがなくなるなあと思います。


そして、自分に対しても、
「自分にやさしくなる」ということは、
ここが大きなポイントなのではないかと
思います。

「死のうとする自分」を受け入れる、
ってことなんですから。


「生きる」ということを、
単純な色彩でなく、もっと重層的な
深みのある色合いとして見られます。



世の中にあふれている
た〜くさんの、身体に悪そうな食品も、
「そこに何か意味があるのだ」
というののさらに一歩先を行って、
「間違いなく我々の生命活動に必要な意味があるのだ」
という視点で見られます。


もっとも、
それまで知識のなかった人が、
「解毒する食品」を食べてみて、
「なーんだ、こっちのほうが自分に必要だったんだ」
と思う可能性は高いですけどね。


「人は、死を愛しながら
(もしかしたら死を必要としながら)生きている」という
考え方は、
自分の中の死を求める気持ちに対して
受容の視線を与えてくれる。


そう考えると、
もう、ほとんどゴールに達しちゃったと
思えます。
もしくは、そもそも「スタート」も「ゴール」もない、
よけいなことしなくていい
世界にいられると思います。




だから、そのときにね。
このメルマガやおはなし会も
ただ「栄養」だけじゃないほうがいいのかもしれない、
って思いました。
少し「毒」が入ってたほうがいいのかもしれない、って(笑)


【本日のまとめ】
「生命活動」とはただ「生きる」ことではない。
「死ぬこと」「生きる力を弱めること」も含んでいる。


本日もお読みいただきまして、
ありがとうございました。



【お知らせ】

3月21日(土)
栄養たっぷり、毒がちょっと? 笑なおはなし会
「ゲルソン療法」と「幸せになる方法」がたっぷり?
お申し込みはお早めに
ご案内はこちらから
http://goo.gl/bkIBWF



ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問を遠慮無くお寄せください。
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【応援のお願い】
今日の記事が「役だった」と思いましたら

・ツイッターでのリツイート
・facebook での「いいね!」もしくはシェア
 ブログ村「女磨き」ランキングをクリック。
 http://beauty.blogmura.com/ladiesbrushup/
・ご自分のブログにリンクを貼って感想記事を書く

などの応援をお願いします。


ジューサー類のご紹介は現在休止中です。
(もうすぐ再開できそうです!)

バイタミックスは引き続きロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・1283部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・488部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。


応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村

helpedpinkheart.dib
posted by tomo_ishizuka at 20:28| 健康(メンタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

「食べものを強く抱きしめすぎないで」   (健康) vol.282

***********************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

「食べものを強く抱きしめすぎないで」   (健康) vol.282

***********************************************************************

みなさまごきげんよう。
発行人で、ロービューティジャパン代表の石塚ともでございます。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。


☆★☆バイタミックス・ジューサー類は引き続きお取り扱いしております☆★☆
どちらもお得な価格でのご紹介を
代理店様よりご許可いただいているので、
今後も続けてまいります。
このメルマガのいちばん下に商品ごとの案內ページがリンクされています。


☆★☆ 寺子屋・英語教室の秋学期募集については
近日告知をいたします☆★☆


☆★☆ お問い合わせのメールへの対応につきましてご協力のお願い☆★☆
毎日迅速に、ミスのないように対応しておりますが、
不備の際はお手間ですがご指摘ください。
また、メルマガなどで告知した内容に重複した質問には
お返事を差し上げられないことがございます。ご協力よろしくお願いいたします。


☆★☆ おためし寺子屋音声ご購入いただけます ☆★☆
(2013年 7月3日(水)wa-living  で行われた回)
https://www.dlmarket.jp/products/detail.php?product_id=232431


☆★☆ 石塚とものプロフィール ☆★☆
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


☆★☆ このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください ☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net



☆★☆ ロービューティジャパンの無料e-book ☆★☆

◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を無料でお伝えします。vol.01』
これだけでもお教室が開けるぐらいの内容です^^
お友達にもぜひ下記のURLをご紹介ください。
http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf



☆★☆ 「食べものを強く抱きしめすぎないで」   (健康) vol.282 ☆★☆


ずーっと同じものを食べつづけて、
にもかかわらず、「発見」の量は、
毎日ヴァリエーション豊かなものを食べていたときより
比較にならないほど多くなって45日。


思うに、これは、ゲルソン療法だけがもつ特徴ではなくて、
お寺の修行の料理とか、
毎日同じものを食べていると、
自分の外側からくる情報に変化がないので、
自分の中の変化に敏感になる、という
効用があるのではないかな、と思っています。

さて、その立場で、自分のことをいろいろと発見をしながら、
ブログやFBなどの、
お友達のみなさんの
手作りのお料理や、
お友達や家族と楽しむこだわりの
レストランのお料理の写真を見ていて、
ああ、そうなのかもしれないなと思ったことがあるのです。

それは、食べることが大好きなみなさん、
食べることを楽しめているみなさんというのは、
食べものを、上手に愛している、
ほどよい強さで食べものを抱いている、のでは
ないかなあ、ということ。

そして、私は、この「食べものを愛する」ということが
とてもヘタで、
ほどよい強さで食べものを抱く、ということが
できなくて、
その結果として、
「何をどれだけ」食べると身体が最高のパフォーマンスを
発揮するか、ということを、決めてもらっちゃう
スタイルのほうがラクだから、
そうしちゃったんだ、ということ。

自分で決めて、自分でやろうとすると、
どこかヘンになっちゃう、ということ。


私は、一度にホールケーキ1個食べちゃうとか、
それをすぐにトイレで吐くとか、
そういう摂食障害をやったことはないのですが、
だからこそ、よくわかる。

だって、私、知り合って3日目で同棲、とか、
入籍して50日で離婚、とか、
そういうのもやったことありません(笑)。

人間関係と食べ方は
結構リンクしていて、
最初は(アサーションとかも知ってるし)お行儀よく
近づいていって、でも、どこかで
自分の中のマグマみたいなものは
ゆっくりゆっくり溶け出して、
気が付くと、じわじわ、じわじわ、止められない。

そんな食べ方はしていたような気がします。


ちなみに、それは、意思の問題でもなければ、
心理学的な問題でもない気がします。

もっと物理的な、たとえば血糖値の問題とかが
絡んでいるように思います。


というのは、私は、とにかく、子供の頃から
「おなかがすいている」子どもだった。

食べものがない時代に生まれたとか、
親に十分に与えられなかったとかではなくて、
ほんとうにおなかがすいちゃうのです。

小学校では、3時間めぐらいから
空腹感がきつくてきつくて、
給食とか、すごく食べるのが早い子でした。

で、小学校のときは、それは名誉だったりするのですが(笑)
だんだん、思春期に入ってきたり、
「お行儀」ということを気にするようになってくると、
それはあまり長所ではなくなっていきました。

今でも、ローカフェ行ったり、
お食事会に参加したりして、
そのたびにこっそり思っていたのですが、
他の人って、
「一口が小さい!」

私は、いつもおなかがすいていて、
「もっと大口で、もっと早く、もっと大量に食べたい!」
とこっそり思いながら、
「ローだとおなかがいっぱいになりますよね〜」
なんて話しかけられて、
「あ、そ、そ、そうですね、おほほ(?)」と、
顔をひきつらせないように微笑んでいたわけです。


たしかに重量的にはおなかがいっぱいになるのですが、
血糖値が上がらないままだと、それはそれで
満腹感につながらないので、最後にスイーツや
炭水化物を食べ始めると
止まらない、ということが起こったのではないかなあ、
と思っています。


フランスでカフェでひとりご飯を食べていて
ほっとしたのは、
現地の方たちと、「一口に食べる量」が
同じぐらいだったので、疎外感を感じなくて済んだんです
(アメリカだと今度は多すぎてついていけないので
ヨーロッパがちょうどよかったんだと思います)


4,5歳ぐらいから低血糖の気味があったのでは?
と、今となって真剣に思い返したりしています。

私の祖母、トーストととコーンフレークと手作りホットケーキで
私を育ててくれましたし……。
(ちなみに一つ下の妹は少食で牛乳が嫌いでした)


もっと食べものを「適切に抱き」たかったけど、
身体に入っちゃってる「回路」に従うと、
どうにもそれができなかった。

それで、このたび、
前々から「この方法だったらいけるかも」と
思っていた方法に、
バーンと飛び込んじゃった、というわけなのです。


人間関係に例えましたが、実は、
人間関係でもまったく同じで、私は
「適切に抱く」ということがとても苦手です。

上に書きましたとおり、「電撃恋愛」みたいのはないのですが、
最初は理性で抑えていたバウンダリー(=自他境界線)が、
じわじわと崩れて、気がついたときは取り返しがつかない、
ということはよくあったのです。
(男女とも)


しかし、です。
今、こんなことを書くようになったということは、
その状態はもう脱したかもしれない、と
感じている、ということなのです。


いっぺん完全に細胞リセットしちゃうことによって、
今度、他の食べものたちと出会ったときには、
それを適切に愛する〜
つまり、自分の身体が受け入れられるだけを受け取って、
そこで止められる、ということが
できるんじゃないか、という感じがしてきたのです。


始めた時は、「一生、この食事かもしれないな」と
思ったけど(そうするとしたらそれが自分にとって一番快感、
ということなので、それはそれでもいいのですけど)
意外と、前に食べていたもの、偏愛していたもの
(バター、チーズとかね)
まったく違う出会い方ができるかも?
と思ったのです。


よく、人間関係でも「相手は変わらない」って言いますけど、
バターやチーズに至っては一層変わるわけではないので(笑)
こちら側の「回路」が、何か変わり始めている感じが
します。


二つの話が絡まり合ってきましたが、
人間関係もそうなのです。


適切に「抱く」ということが
できるようになり始めたかもしれない、
と、感じています。


バターやチーズは変わりませんが、
相手の人間はインフルエンスを受けるので、
「ええっ!?」という変化が起こったりしています。


ちょっと今回のテーマと離れますが、
もう一つ、大発見でびっくりしていることは、
過去に、「自分は何を望み、何を考えてたのか」ってことが
今更ながらにわかってきたことです。
たとえば、行きたいと思う方向に動けなくって、
「これは自己評価が低いから?」
と思っていたことが、とんでもない、
ちゃんと自分にとって一番いいことを狙って、
だからあえて動かないことを選んでいたんだ、
ということに気がつき、
驚愕している次第です。
そーかあ、自分、とんでもなく自分に
いいもの与えてたんじゃないか!!
もう全然、自分のこと、わかってませんでした。
周囲の声にはもちろん、自分の上っ面の意識にも
耳を貸さず、
私の「行動」は、いちばんいいことしてた
=いちばん愛に溢れていた……。
寺子屋、終着点どころじゃなかったです
(やっぱり(笑))


さて、いろいろな食べものを楽しめるということ。
それは、何を表すのでしょうか。

普通の人達は、「食べる」ということについて
「しつけ」を受けます。
適量を口に入れて、音を立てないように
ていねいに噛む。
こういうのは、文化的に刷り込まれた行動です。
「おなかがいっぱいになったらやめる」
という本能以外に、
私達は、あまり少食で残すことも推奨されていないし、
あまりに大量に食べることも
「みっともない」として社会的制御がかかっている面があります。

ヨーロッパでいくつかの家庭に滞在させていただいて
感じたのは、
あちらでは、たしかに食べる量は私達より多いのですが、
ある量が来たら「ぴたっ」とやめること。
たとえば、スイーツは「スイーツの腹」というのが最初から
計算に入っている代わり、「別腹」でだらだら、
というのはない感じ。
お皿に一度とったら、絶対に残したりしないこと。
だらだら間食もしない。

あちらの方と結婚されている方に伺った話ですが、
こういうことができない場合、
「とてもみっともない」という
意識が、家庭にも、ひいては社会にも浸透していて、
それで自然とこのようにしつけられていく、
のだそうです。


だとすると、その文化では、
「食を愛する」ということを、
心と身体で楽しんでいない、とは言いませんが、
結構、アタマでもコントロールしているのではないか。
(西洋ってそういうところある気がする。
「理性」礼賛なところがあるから)

日本では、どうなんでしょう。

あまり他の家庭のことは
ちゃんと見てきていないのですが。


楽しめる食べもの、上手に抱ける「食べもの」でも、
娯楽性が増し、「フィード」から離れていくかぎり、
多少のダメージは身体に起こるだろうと思います。

そのダメージまでちゃんと消化して排出しているのか、
どこかに溜め込んでいるのか。
身体の強さに合わせて、量を適切にコントロールできているのか。


身体の強い人だと、完全に溜め込んだまま
いけるかもしれないなあ、と思ったりもしています。



《本日のまとめ》

強く抱きしめすぎることはないかもしれないけど、
適切な愛でも、毎日愛しあうと疲れるかもしれませんので
休み休み、楽しまれるのがいいかもしれません。

大きなお世話かも^^;





本日もお読みいただき、
ありがとうございました。

次回も楽しみにしてくだったら
とても嬉しいです。


【お知らせ】
ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問、どんどんお寄せくださいね!
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【応援のお願い】
今日の記事が「役だった」と思いましたら

・ツイッターでのリツイート
・facebook でのシェア
 ブログ村「女磨き」ランキングをクリック。
 http://beauty.blogmura.com/ladiesbrushup/
・ご自分のブログにリンクを貼って感想記事を書く

などの応援をお願いします。



【提携サイト】

石塚ともが勉強した中で、役だった英語教材のリストです。
英語教室に来られない皆様は、参考になさってください。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/126424055.html


ジューサーのただいまのイチオシ、エンジェル・ジューサー
http://rawbeauty.seesaa.net/article/315346316.html

導入モデル、低予算モデルとしてのオススメ(2013年6月更新)は、イキイキ酵素くんOD31
http://rawbeauty.seesaa.net/article/364700702.html


バイタミックス(ロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/

ご感想・要望フォーム
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・1290部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・535部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。


応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村

thank you for reading..jpg
posted by tomo_ishizuka at 23:58| 健康(メンタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

感情鈍麻(8) (メンタル) &イベント予告です &引っ越します  vol.237

****************************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

感情鈍麻(8) (メンタル) &イベント予告です &引っ越します  vol.237

***************************************************************************

こんにちは、
発行人で、ロービューティジャパン代表の石塚ともでございます。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。


☆★☆ 10月後半、ふたつイベントします ☆★☆
どちらもとっても中身の濃いイベントになると思いますので
ぜひ予定をあけてお待ちください
10/22(火) 午後2時半〜 目白 ラ・ターブル・ド・プリム
10/27(日) 午前10時〜午後5時 広尾 wa-living labo


☆★☆ 無事にお引越し決まりました ☆★☆
くわしくは、久々の編集後記で。


☆★☆ すべてのお申し込み、お問い合わせのメールが大変多くなっております。☆★☆
毎日迅速に、ミスのないように対応しておりますが、
不備の際はお手間ですがご指摘ください。
また、メルマガなどで告知した内容に重複した質問には
お返事さしあげられないことがございます。ご協力よろしくお願いいたします。



☆★☆  2013年秋冬期の寺子屋、昼・夜・通信ともに締めきりました ☆★☆
おかげさまで満席となりました。ありがとうございました。
「他のWSでは得られなかった、不思議な安心感」
「私が求めていた《言葉》がぽんぽん出てきて、すっと腑に落ちる」
「ほんとうの《豊かさ》ってこれだったんだ、って確認できた」
などなど。
常に内容をアップデートしていきたいので、来年度の開催、内容は未定ですが
今回の募集はこんな感じでした。ご参考までにご覧ください。
https://docs.google.com/document/d/1wNwNjbPZHU_jMefbOc8573Ot9lIy1hYN2qe0cvZGAWA/edit


☆★☆おためし寺子屋音声ダウンロードもご購入いただけます。 ☆★☆
(7月3日(水)wa-living  で行われた回)https://www.dlmarket.jp/products/detail.php?product_id=232431
「寺子屋」を聞いて「よかった!」と思った方は
ぜひブログなどで紹介御願いします


☆★☆たくさんの方のお力で、
8刷、1万2000部のロングセラーにさせていただきました。
『ローフード 私をキレイにした不思議な食べもの』の著者
石塚とものプロフィール☆★☆
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


☆★☆このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
じっくり読んでみたい方はこちらから。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net


☆★☆ロービューティジャパン 今後のイベント☆★☆

♪12月22日(日) 13:00〜
年忘れパーティ@ピンクカウ 今年も決定! 昨年のお料理は大好評でした。
Never miss it! これを見た今、手帳に書き込んで! 
(フォームすでにできています。参加決めた方はぜひご記入下さい。)
http://bit.ly/15WmOpM
(なんとすでにお申し込みが10人以上! ありがとうございます)


♪濃厚ビジネスセミナー… システムを変えて、受けやすくなるよう調整中(日程延期)
♪ 文章力セミナー(映像版)、恋愛e-book、作成中。


☆★☆ロービューティジャパンを会場に
ローフードマイスター1・2級講座が開かれます。☆★☆
受講された方は、RBJ生徒様限定の特典がしょっちゅうあります^^
日程は
http://ameblo.jp/teteta/
こちらからご確認ください。


☆★☆ロービューティジャパンの無料e-book☆★☆
◆『高品質・低価格・高アフィリ報酬 だから売りやすい、商品リストと探し方。
ロービューティジャパン式アフィリエイト 常識的な成功法則』
http://mailzou.com/get.php?R=54692&M=22921


◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を 無料でお伝えします。
vol.01 (再配布OK)』
協賛メルマガもメルマガ強制登録もない、オリジナルドメインで公開しました!
「協賛メルマガが煩わしいから、お友達に薦めにくいなあ」と思ってた方、
ぜひこのURLをご紹介ください。http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf



☆★☆ 感情鈍麻 (8) ☆★☆

イベントや告知が目白押しで大人気のシリーズの更新が
遅れているという、贅沢というか
盛りだくさんな事態になっていましたが、
今回が最終回です。


過去ログ、
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/375352550.html
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/373761321.html
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/373093811.html
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/372558583.html
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/372182313.html
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/371927382.html
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/371597543.html


前回書き忘れたのですが、
「感情」のことを、英語で「エモーション」といいます。
この「エモーション」という言葉、
まさに「エ・モーション」で
「モーション」は動き
「エ」は、「外側へ」という
接頭語だそうです。

感情とは文字通り
「心が動く」
ことなんですね。

そしてその「心」は、
「あなた自身」のために動かないといけないんですね。

さらに、
「心」は、凍りついてしまっても、
また動かすことができるし、
今それなりに動いても、
もっとしなやかに、柔らかに、動かすことができる。

それによって、
楽しいことだけでなく、
苦いこと、酸っぱいことまで、
受けとめる受容力ができる。

それは、今はやりの(アメリカ型の?)
「潜在意識によって、いいことばかりを引き寄せる」
タイプの成功法則とは少し違いますが、
別の豊かさがあり、
有機的で、ホリスティックなもの
なんじゃないかなと思うのです。


さて、このお話のまとめとして
「感情鈍麻は避けられるのか?
感情鈍麻にならずに生きることは可能なのか?」
という点について、
私の意見を述べたいと思います。

理論的には、
感情鈍麻を引き起こすような強い精神的ストレスを
受けなければ、感情鈍麻は起きない、
ということになりますが、
私は、それは
現実的には難しいだろうと思っています。


それは、人間が、人間であるゆえの理由です。

人間というのは、生物界で唯一、
自分が「いつかは死ぬのだ」と認識しながら
生きる動物です……と言い切ったら
以前、
「なんでわかるんですか、ともさんは動物だったことがあるんですか」
ってまじめに質問が来たので、
だと思う、と和らげておきます^^;
(でも過去生で動物だったら
覚えていられないです! の堂々巡りですね)

まあ確認しようがないですが、
他の動物は、おそらく、わかってないだろうと思います。
わかるためには大脳が小さすぎますし、
動物の生きる目的が「種の保存」であれば、
そんなよけいなこと、知る必要もないし、
生きるのに邪魔だからです。

それと、もうひとつ、
「これは人間だけだろうな」と
思うことがあるんですが
それは、人間だけが
「殺されるかもしれない」という
恐怖を抱えて生きる動物だということです。


動物は動物に殺されますが、
ただ、それは、「憎しみ」や「踏みにじられて」
殺されるわけじゃないんですね。
食べるために必要最小限殺されるわけだから、
心が傷つけられてはいない。
殺される瞬間は噛み付かれたりして
痛いかもしれないけど、
「しまったー、つかまっちまった、やばっ」
てなもんで、心の傷にはならないのではないかと。。

というか、「殺されてしまう」なら
その場で終わるからある意味ゲームオーバーに
はやくなれるのですが、
人間というのは、相手を
「生きたまま、自分の思い通りの動かすように」
暴力を利用する。
これだと、肉体が傷つけられなくても
心だけ殺される。
そういう脅威(たとえ可能性であっても)
を常に感じながら、
私達は生きている。


で、こうした話題に絡めながら
食とエロス(恋愛・結婚)について(10/22 プリム)
食と健康について(10/27 wa-living)
解説していこうというのが、
冒頭で告知したイベントなので、
だから、結構重要なイベントだ、
と自負しています^^
(「ともさんそういうこといつ考えるの?」って
ときどきいわれますが、
ヨーロッパのオープンエアのカフェで
極上酵母たっぷりのシャンパンを
ちびちびなめていると、こんな考えが
泡のように浮かんでくるのです lol !!)


ストレス、精神的脅威というのは、
一瞬にして強い衝撃が加えられても
ダメージを受けますが、
真綿でしめるように、じわっと長時間やられても
同様に強いダメージを受けます。

「殺され」なくても
「殺されるかもしれない」という
恐怖で十分なんです。

私達は「死ぬほど」の強い攻撃を
加えられると感じることは少ないですけど、
どこかの「機能」にロックをかけられている、
一種の「去勢」をされて生きているのでは
ないかと感じます。
生まれてすぐにワクチン打たれたり、とかさ。


あと、
仏教では「愛別離苦」といって
親の愛すらも人間の生命性を制限する
執着の一種、と考えるので
何か「闇の権力」みたいのが私達を弱めるのでなく、
煩悩だらけの人間世界に出てきた時、
私達は感情鈍麻が始まるのかもしれないです。


とまあ、ずいぶん悲観的なお話に
なってきましたが。


では、
感情鈍麻のない世の中は免れなくて、
私達は、傷つけられた心を修復する、という
本来しなくてもいけないめんどくさいことを
しなくちゃいけないのって、
悲しくないですか?
感情鈍麻のない世界のほうがいいのに、
かというと、
それがそうでもないんです。


感情鈍麻を起こす機会をなるべく避けて、
生まれたときから
心のしなやかさをなるべく保持してきた人は、
健全な自己愛や、
他人への思いやりを持っています。
感度が鋭いので
危険へのアンテナも高いし、
自分を変えていく柔軟性も持っています。


しかし、
一度感情鈍麻を経験して、そこから
回復し、さらにしなやかさを磨いていける人は、
感情鈍麻を経験しなかった人とは
また別の種類の、
場合によってはさらに強い、さらにしなやかな
心を持ちえるんです。

心理学を超えた一般用語でいうならば
「肝が大きい」
「ふところが深い」
というような感じだと思います。

強引に例えるなら、
「野菜の50度洗い」かしら?(笑)
お湯で一度繊維が壊されたはずなのに、
水の浸透がよくなり、さらにシャキシャキ、
栄養も取り込みやすい、みたいな^^

自然には起きない現象を利用して、
自然よりより強力で
でも「人工」とも言えないようなものを、
人間はときどき作り出すんですよね〜。

「発酵」もそうか……。


そうなったとき初めて
「傷を受けた」という現象にも
「否認」や「負け惜しみ」でなく
「あれでよかったんだ」「意味があることだったんだ」
と思える日が来るのでしょう。
世の中に「これがあるから世の中悪くなる」
という類のものはかなりヘリ
(まったくなくなる、とは言いませんが)
そしてその人の心はますます強く、しなやかに
なっていけるでしょう。
周囲の人に、
さらに良質のインフルエンスを
与えられるでしょう。


ロービューティジャパンが提供するコンテンツは
すべてこの状態を目指しており、
そして、私自身もそうなりたいと思っています。


6月のバリ、
そして、7月と9月のヨーロッパでの経験は、
この私の道筋に、はずみと、通ってきた道の整理を与えてくれました。


この「感情鈍麻」の記事は
ある人との出会いによって
電光石火のようにインスパイアされたのですが、
書いているうちに、
私の中でも
自分の目指したい方向がよくわかり、
実際に、さまざまな変化と成長が
起こりました。


ずっと出せなかった問(というか謎)に
答えも出せました。
その解が、
今まで想像していたものとは
まったく逆方向だった、というのは、
長年それなりに健康によい食事を模索
してきたつもりだったのに
ローを見つけたときと
同じ方向転換かもしれません。
でも、だから、いいんです。
きっと、あってるんです^^

最後にあとを押したのは、
やっぱりシャンパンの泡?!


おわり。



《本日のまとめ》

もごもご〜とぼかしてる部分の話の中身は、
イベントに聞きにきてください^^



《編集後記》

というわけで、引っ越しですよ!
マークズ・エンジェルのTさんが、
「マークに見せたい」というほど絶賛の物件です。
ブログには間取りの話メインで書いちゃいましたが、
http://rawbeauty.seesaa.net/article/376146597.html
グランド・ハイアット・トーキョーから徒歩5分なのに
木造住宅が並ぶエリアで
車の音ではなく生活音や鳥の声がする、
ほっとできるエリアなんです。
まあ、この家を見つけたのも、
「脱・感情鈍麻ジャーニー」のはてだとも思うのですが。。。
(この話、続きそうですね)


【お知らせ】
 ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問、どんどんお寄せくださいね!
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【応援のお願い】
今日の記事が「役だった」と思いましたら
・ツイッターでのリツイート
・facebook でのシェア
 ブログ村「女磨き」ランキングをクリック。
 http://beauty.blogmura.com/ladiesbrushup/
・ご自分のブログにリンクを貼って感想記事を書く

などの応援をお願いします。



【提携サイト】

あなたの心の「いやし」に最初に取り組んでほしい。
下記は私推奨の6枚セットですが、1枚づつ買うこともできます。
(私も久々に聞きました。やっぱりいいです!!)
英語の学習にもおすすめ。
下記のリンクから購入してくださった方で、レビューを書いてくださった方には、
特典として、私が独自にとった重要箇所メモをお分けします
決済メールと感想を
rawbeauty8☆gmail.com
までお送りください。(☆を@に変えてください)
http://bit.ly/PFvHfV


《個人セッション準備中》
私も個人セッションを行うべく準備を始めたので、
他のカウンセラー・コンサルタントの紹介はいったん停止します。
クライアント様の状態を見て、必要に応じて個別に紹介をいたします。



石塚ともが勉強した中で、おすすめの英語教材(随時更新)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/126424055.html


ジューサーのただいまのイチオシ、エンジェル・ジューサー
http://rawbeauty.seesaa.net/article/315346316.html

導入モデル、低予算モデルとしてのオススメ(2013年6月更新)は、イキイキ酵素くんOD31
http://rawbeauty.seesaa.net/article/364700702.html


バイタミックス(ロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/

ご感想・要望フォーム
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・908部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・455部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。

応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村

IMG_5490.JPG

引越し前につき、在庫食材減らし中。
マヴィさんで買ったヴィーガンプリン(加熱・ヴィーガンなのにスイス製!)
を、英語教室のおやつに作りました。
寺子屋おやつのヤーコンチョコシロップの残りをかけて
召し上がっていただきました。
posted by tomo_ishizuka at 00:36| 健康(メンタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

感情鈍麻(かんじょうどんま)(7)(メンタル) vol.236

****************************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

感情鈍麻(かんじょうどんま)(7)(メンタル) vol.236

***************************************************************************

こんにちは、
発行人で、ロービューティジャパン代表の石塚ともでございます。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。



☆★☆ すべてのお申し込み、お問い合わせのメールが大変多くなっております。☆★☆
毎日迅速に、ミスのないように対応しておりますが、
不備の際はお手間ですがご指摘ください。
また、メルマガなどで告知した内容に重複した質問には
お返事さしあげられないことがございます。ご協力よろしくお願いいたします。



☆★☆  2013年秋冬期の寺子屋、昼・夜・通信ともに締めきりました ☆★☆
おかげさまで満席となりました。ありがとうございました。
1回めを受講した生徒様からいただいた感想としては……
「他のWSでは得られなかった、不思議な安心感」
「私が求めていた《言葉》がぽんぽん出てきて、すっと腑に落ちる」
「ほんとうの《豊かさ》ってこれだったんだ、って確認できた」
などなど。
常に内容をアップデートしていきたいので、来年度の開催、内容は未定ですが
今回の募集はこんな感じでした。ご参考までにご覧ください。
https://docs.google.com/document/d/1wNwNjbPZHU_jMefbOc8573Ot9lIy1hYN2qe0cvZGAWA/edit


☆★☆おためし寺子屋音声ダウンロードもご購入いただけます。 ☆★☆
(7月3日(水)wa-living  で行われた回)https://www.dlmarket.jp/products/detail.php?product_id=232431
「寺子屋」を聞いて「よかった!」と思った方は
ぜひブログなどで紹介してください。
「アフィリはお金に目がくらんでるように見えるからイヤ!」という
方がいるんですが、
新しいキャッシュ・フローを作ることは新しい世界を作ることだと思っているので、
罪悪感なしでバシバシやっていただきたいです。
「でも純粋に紹介したいんです!」
「タグ取得するのが単純にめんどくさいです」という方は^^;
下記のリンクをはってご紹介ください。
https://www.dlmarket.jp/products/detail.php?product_id=232431
よろしくお願いします<__>



☆★☆たくさんの方のお力で、
8刷、1万2000部のロングセラーにさせていただきました。
『ローフード 私をキレイにした不思議な食べもの』の著者
石塚とものプロフィール☆★☆
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


☆★☆このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
じっくり読んでみたい方はこちらから。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net


☆★☆ロービューティジャパン 今後のイベント☆★☆

♪12月22日(日) 13:00〜
年忘れパーティ@ピンクカウ 今年も決定! 昨年のお料理は大好評でした。
Never miss it! これを見た今、手帳に書き込んで! 
(フォームすでにできています。参加決めた方はぜひご記入下さい。)
http://bit.ly/15WmOpM
(なんとすでにお申し込みが10人以上! ありがとうございます)


♪濃厚ビジネスセミナー… システムを変えて、受けやすくなるよう調整中(日程延期)
♪ 文章力セミナー(映像版)、恋愛e-book、作成中。


☆★☆ロービューティジャパンを会場に
ローフードマイスター1・2級講座が開かれます。☆★☆
受講された方は、RBJ生徒様限定の特典がしょっちゅうあります^^
日程は
http://ameblo.jp/teteta/
こちらからご確認ください。


☆★☆ロービューティジャパンの無料e-book☆★☆
◆『高品質・低価格・高アフィリ報酬 だから売りやすい、商品リストと探し方。
ロービューティジャパン式アフィリエイト 常識的な成功法則』
http://mailzou.com/get.php?R=54692&M=22921


◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を 無料でお伝えします。
vol.01 (再配布OK)』
協賛メルマガもメルマガ強制登録もない、オリジナルドメインで公開しました!
「協賛メルマガが煩わしいから、お友達に薦めにくいなあ」と思ってた方、
ぜひこのURLをご紹介ください。http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf



☆★☆感情鈍麻(かんじょうどんま)(7)(メンタル) vol.236☆★☆

大反響というか大好評の「感情鈍麻(かんじょうどんま)」シリーズ。
あと2回で終了します。

過去ログ、
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/373761321.html
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/373093811.html
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/372558583.html
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/372182313.html
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/371927382.html
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/371597543.html


今回は
「感情鈍麻から脱出するには何をするのがいいのか」
次回は
「感情鈍麻にならずに生きることは可能なのか? 
だとすれば、そのためにはどうしたらいいのか」
をお伝えする予定です。


以前も書きましたように、感情鈍麻にもいくつか
種類があって、

・すべての感情が感じられなくなっている状態
・ある特定の感情(「怒り」「悲しみ」「喜び」)が感じられなくなっている状態

などがあるのですが、

いずれにしても、そこから脱出するには、
大きく分けて3つの方法があります。

ひとつめは、「他人の情緒に触れること」。

ようするに、他の人が喜びや悲しみを感じているシーンに
立ち会うこと、なのですが、
実はこれ、はなかなか難しいことなのです。

バリ島に行った時に聞いた話ですが、
バリ島では、人が死んだ場合、お葬式がお祭のように華やかで
ゆめ、泣いてはいけないのだそうです。
なぜかというと、
「泣く=悲しい」というのは、
魂がこの世に戻ってきて輪廻を繰り返してしまう
大変さに対して捧げられる感情なので、
人が死んだ場合、その人の魂がこちらに戻ってきて
もう一度(この苦しい現世を)生きることがないように
「やったー、おめけどう! 今度はあちら=彼岸行きだね!」
と送ってあげる。
泣いたら魂が帰ってきちゃうから、みんな
精魂こめて笑うらしいです。

日本では、お葬式の時に笑ってたら
「不謹慎」よばわれされてしまいますから、
感情というのは、かなり、文化に操作されて
作られているものなんですね。

文化以上に、権力にも左右されています。
コマーシャリズムは、私達が、
どういうシーンで笑い、
どういうシーンで泣くべきかを誘導しているわけですが、
文化も権力の検閲を受けているわけで、
「なまの感情(raw emotion?)」というのは
もはや、何がなんだかわからなくなっているわけです。

「権力」というあいまいなものを
持ちださなくても、
お父さんやお母さんが感情を検閲している家庭、
上司が感情を誘導している職場、というのは
たくさんあります。


感情というのは、検閲なしで排出されないと
いけないものなんですが、

ここで「検閲」というのは、
他人にネガティブな感情を見せたら悪い、みたいな
自己検閲も含みます。
自己検閲は周囲への
「おもいやり」でもあるわけで、
だから、私達は検閲なしに感情を
外にだすことは
(訓練なしには)皆無、といってもいいのです。

先ほどテンプル・ビューティフルの
メルマガが送られてきたけど、
エドガー・ケイシーでさえ
「妊婦は怒りを遠ざけよ」といったらしい。

「怒る」ことそのものと、
怒りをねちねち表現することとは、
違うんだけどな―。

そう。
「怒り」の問題点は、それが
感じられることではなく、
「適切に」表現されないことにあるんですね。
「過小」か「過剰」。
抑えこんでしまうか、
小さなきっかけで、
(過去にたまっていた怒りがこれを機会に)
爆発してしまうか。


怒りというのは「喜び」に比べて気持ちのいい感情じゃないし、
「悲しみ」に比べて、女性としてエレガントでもない
(「うれい顔の女」はまだ男性のエロスを誘うようですが、
「憤怒の女」はただ怖いだけ、というのが世間的なスタンダード?)

だから、
「それをどうしたらいいかわからない」。
不発弾みたいに、
「処理の仕方」ってものがわからない。


というわけで、
寺子屋では、まず
「怒る」ことから始めてもらいます。
これが2つめ。

というか、がんがん怒ってもらいます。
ちなみに、参加者様とのやりとりのなかで、それを感じたときは、
私も怒ります。
ファシリテーターだから遠慮する、って、しないの。

なぜ「怒り」から感じることを始めてもらう
ようにするかというと、
「怒る」ことが感情の中でいちばん難しいので
それが感じられるようになると、
他の感情もよりスムーズに感じられる
ようになるからです。


同時に、自分の「怒り」を感じたり
他人の怒りを受け止められるようになると、
面白いことに、
他人を信頼する能力が上がるんです。


いちばん感じにくい感情を感じることができると、
「これこそが人間なんだ」
「これが人間の、(まさに)「生の」姿なんだ」っていう
認知に目覚めるからじゃないかと思う。

他人の感情への受容能力も強くなります。
受容能力の強い人の前では
周囲の他人は、感情を受けてもらえるので
本当の感情を見せますから、
その人はますます
「真実の感情」という
栄養を受け取ることができるんですね。

だから、
「他人の、《なまの感情》が排出される場所に居合わせること」と
「自分の感情(とくに怒り)を排出すること」

セットです。

最後に3番めとして
「自分と他人の境界線を育てる」
ということがあります。

「え、どこからが自分でどこまでが他人かなんて
わかってることじゃん」と
思うかもしれませんが、
これがどうして、
なかなかわかってないのです。

人は、思いやりから
「感情移入」というものをしますし、
それはつまり、自分で境界線を
破ったり破られたりすることだからです。


でも、これも、
「力」によって破られてしまうことがあるんですね。
とくに、子どもの時に適切な
扱いを受けなかった人の境界線というのは
あってなきがごときものです。

だからこそ、
自分の幸福のよりどころが
自分の境界線をやすやすと超えて
他者になってしまうわけですが。


怒りをはじめとする感情をしっかり
感じることで「なまの自分」を育てながら
その、育った自分が流出しないようにする壁を育てていく。

この作業によって、
とても力強くて、美しいあなたが
生まれてくるのです。


《本日のまとめ》

押入れの中の服を一度出して見るように
自分の中の怒りを「棚卸」してみてください。
いったいどれだけたまっていますか?


【お知らせ】
 ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問、どんどんお寄せくださいね!
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【応援のお願い】
今日の記事が「役だった」と思いましたら
・ツイッターでのリツイート
・facebook でのシェア
 ブログ村「女磨き」ランキングをクリック。
 http://beauty.blogmura.com/ladiesbrushup/
・ご自分のブログにリンクを貼って感想記事を書く

などの応援をお願いします。



【提携サイト】

あなたの心の「いやし」に最初に取り組んでほしい。
下記は私推奨の6枚セットですが、1枚づつ買うこともできます。
(私も久々に聞きました。やっぱりいいです!!)
英語の学習にもおすすめ。
下記のリンクから購入してくださった方で、レビューを書いてくださった方には、
特典として、私が独自にとった重要箇所メモをお分けします
決済メールと感想を
rawbeauty8☆gmail.com
までお送りください。(☆を@に変えてください)
http://bit.ly/PFvHfV


《個人セッション準備中》
私も個人セッションを行うべく準備を始めたので、
他のカウンセラー・コンサルタントの紹介はいったん停止します。
クライアント様の状態を見て、必要に応じて個別に紹介をいたします。



石塚ともが勉強した中で、おすすめの英語教材(随時更新)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/126424055.html


ジューサーのただいまのイチオシ、エンジェル・ジューサー
http://rawbeauty.seesaa.net/article/315346316.html

導入モデル、低予算モデルとしてのオススメ(2013年6月更新)は、イキイキ酵素くんOD31
http://rawbeauty.seesaa.net/article/364700702.html


バイタミックス(ロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/

ご感想・要望フォーム
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・900部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・455部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。

応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村

IMG_5451.JPG

ランスのカフェにて。
シャンパン1杯3ユーロ。
おいしかったなあ〜
(酒に弱い私は1時間かけてちびちび)
posted by tomo_ishizuka at 00:12| 健康(メンタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

感情鈍麻(かんじょうどんま)(6) (メンタル) vol.235

****************************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

感情鈍麻(かんじょうどんま)(6) (メンタル) vol.235

***************************************************************************

こんにちは、
発行人で、ロービューティジャパン代表の石塚ともでございます。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。



☆★☆ すべてのお申し込み、お問い合わせのメールが大変多くなっております。☆★☆
毎日迅速に、ミスのないように対応しておりますが、
不備の際はお手間ですがご指摘ください。
また、メルマガなどで告知した内容に重複した質問には
お返事さしあげられないことがございます。ご協力よろしくお願いいたします。



☆★☆  2013年秋冬期の寺子屋、昼・夜・通信ともに締めきりました ☆★☆
おかげさまで満席となりました。ありがとうございました。
1回めを受講した生徒様からいただいた感想としては……
「他のWSでは得られなかった、不思議な安心感」
「私が求めていた《言葉》がぽんぽん出てきて、すっと腑に落ちる」
「ほんとうの《豊かさ》ってこれだったんだ、って確認できた」
などなど。
常に内容をアップデートしていきたいので、来年度の開催、内容は未定ですが
今回の募集はこんな感じでした。ご参考までにご覧ください。
https://docs.google.com/document/d/1wNwNjbPZHU_jMefbOc8573Ot9lIy1hYN2qe0cvZGAWA/edit

おためし寺子屋音声ダウンロードもご購入いただけます。
(7月3日(水)wa-living  で行われた回)https://www.dlmarket.jp/products/detail.php?product_id=232431
「寺子屋」を聞いて「よかった!」と思った方は
ぜひブログなどで紹介してください。
(アフィリ報酬もつけてるのでぜひ利用していただきたいんですが、
「私は純粋に推薦したいんです!
 アフィリタグはるとお金に目がくらんでるように見えるからイヤなんです!」
というファンが多い不思議な寺子屋(笑)
そういう場合は、上記のタグをそのままコピペしてブログなどのにはってくださればOKです。
その場合、どなたの推薦で売れたのかわからなくなってしまうのがちょっと残念ですが
皆様に感謝申し上げます)



☆★☆たくさんの方のお力で、
8刷、1万2000部のロングセラーにさせていただきました。
『ローフード 私をキレイにした不思議な食べもの』の著者
石塚とものプロフィール☆★☆
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


☆★☆このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
じっくり読んでみたい方はこちらから。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net


☆★☆ロービューティジャパン 今後のイベント☆★☆

♪12月22日(日) 13:00〜
年忘れパーティ@ピンクカウ 今年も決定! 昨年のお料理は大好評でした。
Never miss it! これを見た今、手帳に書き込んで! 
(フォームすでにできています。参加決めた方はぜひご記入下さい。)
http://bit.ly/15WmOpM
(なんとすでにお申し込みが10人以上! ありがとうございます)


♪濃厚ビジネスセミナー… システムを変えて、受けやすくなるよう調整中(日程延期)
♪ 文章力セミナー(映像版)、恋愛e-book、作成中。


☆★☆ロービューティジャパンを会場に
ローフードマイスター1・2級講座が開かれます。☆★☆
受講された方は、RBJ生徒様限定の特典がしょっちゅうあります^^
日程は
http://ameblo.jp/teteta/
こちらからご確認ください。


☆★☆ロービューティジャパンの無料e-book☆★☆
◆『高品質・低価格・高アフィリ報酬 だから売りやすい、商品リストと探し方。
ロービューティジャパン式アフィリエイト 常識的な成功法則』
http://mailzou.com/get.php?R=54692&M=22921


◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を 無料でお伝えします。
vol.01 (再配布OK)』
協賛メルマガもメルマガ強制登録もない、オリジナルドメインで公開しました!
「協賛メルマガが煩わしいから、お友達に薦めにくいなあ」と思ってた方、
ぜひこのURLをご紹介ください。http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf



☆★☆ 感情鈍麻(かんじょうどんま)(6) (メンタル) vol.235 ☆★☆


前回までのおさらいはこちらから。
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/373093811.html
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/372558583.html
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/372182313.html
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/371927382.html
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/371597543.html


今まででいちばん反響の大きい記事になりまして、
驚いています。が、
これは、トラウマ関連の心理学について学んだことがある人なら
ごく基本、「当たり前」として身体に染みこんでしまっていることなので、
(「ローフードは、調理温度が48度以下」ぐらい基本)
説明することもなく今まできてしまったかな、と思います。

前回は
「感情鈍麻を抜けだすと、どういうメリットがあるのか?」
というお話をしましたので、

今回は、
「どれぐらい鈍麻しているとやばいのか」


という点を見て行きたいと思います。

繰り返しになりますが、感情鈍麻は、身体で言えば
「筋肉が弱っている状態」で、それそのものが病気ではないのですが、
完全に感情が感じられなくなってしまう状態に対しては
「失感情症」
と名前をつけることもあるようです。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3968629.html
(↑これによると、「感情」どころか、そのトリガーとなる
刺激=「ストレス」すら感じなくなってしまう場合もあるそうな)

しかし、感情鈍麻が引き起こすいちばんやばい状態は、
これも前回書きましたように、
症状が、自分でなく、周囲の他人に出る、ということじゃないかと思います。


新逗子クリニックの院長の石川真樹夫先生は
http://www.iryouhouzin-seikoukai.com/shinzushi/
ご自分もアルコール依存症サバイバーであることを堂々と
カムアウトしていて、
現在「主流」(といわれている)西洋医学の医学博士でありながら、
エドガー・ケイシー療法、バッチフラワーレメディ、
ローフードを含めた食養、腸内洗浄(高圧のをクリニックで受けられます)などを
奨めている、とっても素敵なお医者様なのですが、

先生は、2011年の夏にPARC
http://www.parc-jp.org/
で行われた「PARC 自由学校 オルタナティブ健康術」で、

「人間の健康の問題というのは、
ほぼすべて、その人の《こころ》から出発しているんです。
健康を失った《こころ》を無視していると、
身体に出る。
そして、身体に出た異常を無視していると、
《周囲の身近な人》に出るんです」


とおっしゃっていました。


先生は「感情鈍麻」という言葉を使ってはいませんでしたが、
自分の健康を失った状態に無自覚であるというのは
一種の自己喪失といえますから、
つまりは同じことを言っているのかな、と思います。


「《周囲の身近な人》に症状が出る」という例で
いちばんありふれたものが、
機能不全家族(両親が感情鈍麻)の状態で、
子どもに摂食障害、薬物濫用、ひきこもり、家庭内暴力
などが出るケースです。

お母さんには、「能面型感情鈍麻」も多いですが、「キラキラ型」も多いですね。
お父さんは、無感覚で、せっせと働いています(笑)


この事態まできてしまうとやばいな、と思うことは、
問題の原因がどこにあるのか、全然見えなくなってしまうことです。
なにしろ、原因が他の人にあるので、
その人は「患者ですらない」わけです。


「摂食障害」が出始めの頃は、
家族の問題とはぜーーーーんぜん
感情鈍麻に切り込もう、という姿勢はまったくないまま、
「行動療法」というのが行われていました。


この「行動療法」というのね、全然食べないや吐く人を閉鎖病棟に入院させて、
一食食べたら(あるいは吐かなかったら)
読みたかった本を読むことを許可する、とか、
友達に手紙を書いていい、とか、
完全に「飴と鞭」療法なんです。
退院したら元の黙阿弥になってしまう
患者さんも多かったようです(当然ですが)
これ、日本で1990年代のことなんですよ。
(当時働いていた、日本のファッション雑誌で取り上げましたから)


現在では、家族関係に目を向けるクリニックでは、
両親も一緒にカウンセリングを受けることが勧められますが、
じゃあ、親が回復したかといって子どもがなおるともまた限らないので
(子どもに食べ吐きが「習慣化」して「染みこんで」しまうと、
それはもはや親の感情とは別の問題になってしまいます)
さらに話はややこしいことに……。


もっとも深刻な例としては、
感情鈍麻している人の周囲の人がガンになってしまったり
自殺をしてしまったりすることもあります。
感情鈍麻している人は、このような事態が起こると、相手が
「自分を捨てた」「去っていった」ととらえるので
(子どもの時のトラウマを繰り返している)
そっちはそっちでつらいです。


やるせなくて「そこから抜け出す方法はあるのか?」って話になってきたので、
(あります、それは次回)
今度は「症状が自分に出た場合」
の話をします。


いくつかのパターンがありますが、
どんな人にも共通していえる状態は
「生きるのがつらい、苦しい」
と感じている、ということです。


感情鈍麻している人は、
かつて、生き延びるために、
自分の感情処理回路=CPUの一部を無期限停止してしまったような状態。
残ったCPUで、入ってくる情報をすべて処理しようとするんですから、
そりゃー、大変に決まってます。
そのため、しょっちゅうフリーズを起こし、データが消失し、
ますます処理しきれないデータがスペックを上回り、
「あーもーやだ〜」とフリーズを起こす、という
悪循環に陥っていきます。


なんか、こっちもやるせない話になってきました。。。

もうちょっとだけ自分の症状を説明して、
今回は終わりにするので、
ご勘弁ください
(好評をくださっている皆様は、きっと
「他では読めない情報を提供されている」
「目を向けるべき情報である」
ということに
価値を感じてくださっているんじゃないかな〜」と思っています)

その、「処理すべき情報がスペックオーバー」の状態が
「離人感」(ひどくなると「離人症」と病名とすることもある)で、
自分のこころが
「もう処理できない! これ以上やったら壊れる」と、
逃げ出してしまう状態で、
本当に、こころが身体を抜けだして、
ふわふわ浮き、
天井に近いところから、
ぼーっと見下ろしている状態なのです。

(前々回、女優の浅野ゆう子さんがその状態を感じていた
ことを書きましたし、私自身も経験しています)


もう一つの引き起こしやすい状態が、何かへの「アディクション」です。
アディクションは英語で「ドラッグ・アディクション=麻薬依存症」から
「このロースイーツ、アディクティブにおいしい=やみつきになるおいしさ」という
一般用語まで使われますので、
こちらも「病気」とはいえないのですが、
ようするに、
「自分の意志・決定」を超えて、何かの行動を繰り返してしまう状態のことです。


アルコール、ドラッグ、セックスに始まり、
拒食、過食、買い物、ギャンブル、万引き、恋愛(セックスとは分けて考えます)、仕事、
暴力、などが一般的なアディクションです。
でも、これも、もっともありふれた例は、
「親が子ども(とくに母が娘)にアディクトしている状態だ」と
斎藤学先生は言っていますね。


その状態は、「愛」という名でしばしば呼ばれ、
誰も否定しませんから、こちらも話がややこしいですね。
(親が子どもに対する感情を「執着」だと喝破した仏教は、
西洋キリスト教に対し、この面ではスゴイのかも。。。)


アルコールも、痛み止めも、セックスも、食べることも、
ギャンブルや万引き(スリル?)も、仕事も
ちょっとなら悪いことじゃないのですが、
「アディクション」の問題となる点は、
「ほどほどでやめられない」
「身体を壊したり、社会的に責任がとれなくなるまで
(たとえば、アルコールで身体を壊したり、
ギャンブルの借金で首が回らなくなったり、
セックス依存がヒートアップして少女に手を出したり)
という点です。


感情鈍麻した状態では、
「これ以上やったら危険」というセンサーが働きません。
そのため、そうなってしまうのです。

「やめる」というセンサーが働かないわけですから、
内臓の一部を壊すまで飲食が暴走してしまって、
生活習慣病になることも、もちろん含みます。


また、自分でやってるのに、
自分の行動を、「なにか、自分でないものがのっとっている姿」は、
かつて、自分の意志とは関係なくつらい状況に追い込まれた
行動を無意識のうちに繰り返す
「トラウマの再演」とみる考え方もあります。


こういう人たちは、
たとえば暴力をふるうような人でも、
やさしいときは、それはそれで極端なほどやさしい
(これもまた自分の意思でなく、何かにとりつかれたようにやっている)
ため、しばしば
「それ(酒や暴力やギャンブル)さえやらなければ、
いい人なのにね〜」という
言葉で表現されてしまいやすいのです。
感情鈍麻は知的レベルとは関係ないので、
頭も良かったりします。


山田詠美さんの処女小説『ベッドタイム・アイズ』で
麻薬中毒で、軍の機密を盗み出し、彼女に暴力を振るう、脱走兵の恋人『スプーン』について

「彼には、《中間》というものがなかった」

と描写するくだりがあるのですが、

まさにこの言葉のとおりだと思います。


まったく余談になりますが、1980年代に書かれたこの小説で、
『スプーン』は、ビタミンE(アンチエイジングの栄養素といわれていますね)
のサプリを愛用しており、山田さんは、
「スプーンは、このカプセルがなければファックができないと思っていた」
と描写しているのですが、
アメリカ人のサプリ依存症ってこの頃から始まっていたのね、と、
よくこの小説のことを思い出します。




《本日のまとめ》
感情鈍麻は病気ではないけれど、
ある一線を超えてしまうと、
何かが「壊れ」始める。
身体だったり社会生活だったり、人間関係だったり。


本日もお読みいただき、ありがとうございました。



【お知らせ】
 ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問、どんどんお寄せくださいね!
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【応援のお願い】
今日の記事が「役だった」と思いましたら
・ツイッターでのリツイート
・facebook でのシェア
 ブログ村「女磨き」ランキングをクリック。
 http://beauty.blogmura.com/ladiesbrushup/
・ご自分のブログにリンクを貼って感想記事を書く

などの応援をお願いします。



【提携サイト】

あなたの心の「いやし」に最初に取り組んでほしい。
下記は私推奨の6枚セットですが、1枚づつ買うこともできます。
(私も久々に聞きました。やっぱりいいです!!)
英語の学習にもおすすめ。
下記のリンクから購入してくださった方で、レビューを書いてくださった方には、
特典として、私が独自にとった重要箇所メモをお分けします
決済メールと感想を
rawbeauty8☆gmail.com
までお送りください。(☆を@に変えてください)
http://bit.ly/PFvHfV


《個人セッション準備中》
私も個人セッションを行うべく準備を始めたので、
他のカウンセラー・コンサルタントの紹介はいったん停止します。
クライアント様の状態を見て、必要に応じて個別に紹介をいたします。



石塚ともが勉強した中で、おすすめの英語教材(随時更新)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/126424055.html


ジューサーのただいまのイチオシ、エンジェル・ジューサー
http://rawbeauty.seesaa.net/article/315346316.html

導入モデル、低予算モデルとしてのオススメ(2013年6月更新)は、イキイキ酵素くんOD31
http://rawbeauty.seesaa.net/article/364700702.html


バイタミックス(ロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/

ご感想・要望フォーム
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・885部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・440部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。


応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村

IMG_5386.JPG

Raw Wednesday さん
8月31日ののりまきとメキシカン・サラダ
posted by tomo_ishizuka at 00:20| 健康(メンタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

感情鈍麻(かんじょうどんま)(5) (メンタル) vol.233

****************************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

感情鈍麻(かんじょうどんま)(5) (メンタル) vol.233

***************************************************************************

こんにちは、
発行人で、ロービューティジャパン代表の石塚ともでございます。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。



☆★☆ すべてのお申し込み、お問い合わせのメールが大変多くなっております。☆★☆
毎日迅速に、ミスのないように対応しておりますが、
不備の際はお手間ですがご指摘ください。
また、メルマガなどで告知した内容に重複した質問には
お返事さしあげられないことがございます。ご協力よろしくお願いいたします。



☆★☆  2013年秋冬期の寺子屋、昼・夜・通信ともに締めきりました ☆★☆
おかげさまで満席となりました。ありがとうございました。
食事(デトックス含む)やヨガ、瞑想だけでは届かない、「こころをとかす」場所に、
理論とワークを使ってしっかり働きかけます。
常に内容をアップデートしていきたいので、来年度の開催、内容は未定ですが
今回の募集はこんな感じでした。ご参考までにご覧ください。
https://docs.google.com/document/d/1wNwNjbPZHU_jMefbOc8573Ot9lIy1hYN2qe0cvZGAWA/edit

おためし寺子屋音声ダウンロードもご購入いただけます。
(7月3日(水)wa-living  で行われた回)https://www.dlmarket.jp/products/detail.php?product_id=232431
アフィリ報酬もついてますので、
「寺子屋」を聞いて「よかった!」と思った方は
ぜひブログなどで紹介してください。



☆★☆たくさんの方のお力で、
8刷、1万2000部のロングセラーにさせていただきました。
『ローフード 私をキレイにした不思議な食べもの』の著者
石塚とものプロフィール☆★☆
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


☆★☆このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
じっくり読んでみたい方はこちらから。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net


☆★☆ロービューティジャパン 今後のイベント☆★☆

♪12月22日(日) 13:00〜
年忘れパーティ@ピンクカウ 今年も決定! 昨年のお料理は大好評でした。
Never miss it! これを見た今、手帳に書き込んで! 
(フォームすでにできています。参加決めた方はぜひご記入下さい。)
http://bit.ly/15WmOpM
(なんとすでにお申し込みが10人以上! ありがとうございます)


♪濃厚ビジネスセミナー… システムを変えて、受けやすくなるよう調整中(日程延期)
♪ 文章力セミナー(映像版)、恋愛e-book、作成中。


☆★☆ロービューティジャパンを会場に
ローフードマイスター1・2級講座が開かれます。☆★☆
受講された方は、RBJ生徒様限定の特典がしょっちゅうあります^^
日程は
http://ameblo.jp/teteta/
こちらからご確認ください。


☆★☆ロービューティジャパンの無料e-book☆★☆
◆『高品質・低価格・高アフィリ報酬 だから売りやすい、商品リストと探し方。
ロービューティジャパン式アフィリエイト 常識的な成功法則』
http://mailzou.com/get.php?R=54692&M=22921


◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を 無料でお伝えします。
vol.01 (再配布OK)』
協賛メルマガもメルマガ強制登録もない、オリジナルドメインで公開しました!
「協賛メルマガが煩わしいから、お友達に薦めにくいなあ」と思ってた方、
ぜひこのURLをご紹介ください。http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf



☆★☆ 感情鈍麻(かんじょうどんま)(5) (メンタル) vol.233 ☆★☆


前回までのおさらいはこちらから。
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/372558583.html


今まででいちばん反響の大きい記事になりまして、
驚いています。が、
これは、トラウマ関連の心理学について学んだことがある人なら
ごく基本、「当たり前」として身体に染みこんでしまっていることなので、
(「ローフードは、調理温度が48度以下」ぐらい基本)
説明することもなく今まできてしまったかな、と思います。

今回から、

感情鈍麻の状態からどうやって抜け出すのか、
抜けだすと(あるいは感情鈍麻でない状態では)どういうメリットがあるのか、
どれぐらい鈍麻しているとやばいのか、
感情鈍麻にならない方法はあるのか、


などについて見て行きたいと思います。


まず、

「病気とはいえない(=つまり、そのままでもいいといえばいい)
感情鈍麻から抜け出すと、どういういいことがあるのか。」


ひところでいうと、人生の充実感が違う。
「充実感」というとありふれた言葉になってしまいますが、
それは、
以前、ブータン国王の言葉として紹介した、
「あなたの中の龍」の存在と関係があると思います。

ブータン国王の龍の話って何? な人はこちらで復習
http://onodekita.sblo.jp/article/50705317.html


ブータン国王が述べられた
「あなたの中の龍」は「経験」を食べて成長する。
つまり、「ポジティブなこと」「ネガティブなこと」を分け隔てしないのですね。
人生はハッピーなことだけでもないし、アンハッピーなことだけでもない。
すべての経験をまるごと受け入れ、龍は食べてくれるというわけです。

感情鈍麻では、
すべての感情が感じられなくなってしまい、
ぼーっとした感覚や離人感、虚無感に襲われる人もいる一方で、
「キラキラ型」の人ってたぶんそうなのだろうと思うのですが、
「喜び」「ハッピーなこと」しか感じられなくなってしまう人もいます。


書いていてだんだん思い出してきたのですが、
(体系化してなくてすみません、書きながら思い出したりするので汗)
「キラキラ型」の反対、「憤怒型」感情鈍麻の人は、
怒りしか感じられなくていつも不機嫌だし、
喜怒哀楽が激しく、情にあつく、涙もろいタイプの感情鈍麻、
という人もいます。
こういう人は、自分の感情が豊かなようでして、
実は、自分の外部の事物に感情を操られやすい状態、といえます。
戦地の子どもや、飢餓に苦しむ地域の子どもを見て、
過剰に胸が痛くなってしまう人は
自分の中の傷ついたインナーチャイルドが
息の根を止められてしまっている可能性があります。
自分のことで泣けないから
他人のことに関連づけて泣くのです。
でも、他人のことで泣くのは、
自分の人生を生きているというわけではないのです。


「ひきよせの法則」とか「成功法則」とか
人生をより「よきもの」「幸福なもの」にしようとする
方便はいろいろ出回っていますけど、
「感情鈍麻を脱却する」という人生の質の上げ方は、
喜びも、悲しみも、怒りも、せいいっぱい
「自分のものとして」受け止め(なぜなら感情は100%自分のものだと言えるから)、
「ホール・フーズ」ならぬ「ホール・フィーリング」として
感じきることを、「質の高い人生」だと
考えるわけです。
(だからといって、無理やり不幸なことの方にばかり突き進む必要もないんですけどね^^)

それらがすべて「経験」となり、
経験を食べて、龍はゆたかに成長するというわけです。

この「龍」を大切に、大きく育ててきた人は、
たしかに、若い人〜壮年なら
「大物」「太っ腹」と呼ばれるだろうし、
歳をとった人なら、
「いい歳のとり方をしている」
「いい人生を送ってきた」
という言葉で形容されるような気がします。



《本日のまとめ》
感情鈍麻は病気ではないけれど、
感情鈍麻から抜けだしたとき、
「ゆたか」といえる人生が待っている。
金銭や家族(親・配偶者・子宝)に恵まれているかどうかを
とわず、このやり方なら、
元手もかけずに「ゆたかさ」を育てることができる。



本日もお読みいただき、ありがとうございました。



【お知らせ】
 ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問、どんどんお寄せくださいね!
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【応援のお願い】
今日の記事が「役だった」と思いましたら
・ツイッターでのリツイート
・facebook でのシェア
 ブログ村「女磨き」ランキングをクリック。
 http://beauty.blogmura.com/ladiesbrushup/
・ご自分のブログにリンクを貼って感想記事を書く

などの応援をお願いします。



【提携サイト】

あなたの心の「いやし」に最初に取り組んでほしい。
下記は私推奨の6枚セットですが、1枚づつ買うこともできます。
(私も久々に聞きました。やっぱりいいです!!)
英語の学習にもおすすめ。
下記のリンクから購入してくださった方で、レビューを書いてくださった方には、
特典として、私が独自にとった重要箇所メモをお分けします
決済メールと感想を
rawbeauty8☆gmail.com
までお送りください。(☆を@に変えてください)
http://bit.ly/PFvHfV


《個人セッション準備中》
私も個人セッションを行うべく準備を始めたので、
他のカウンセラー・コンサルタントの紹介はいったん停止します。
クライアント様の状態を見て、必要に応じて個別に紹介をいたします。



石塚ともが勉強した中で、おすすめの英語教材(随時更新)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/126424055.html


ジューサーのただいまのイチオシ、エンジェル・ジューサー
http://rawbeauty.seesaa.net/article/315346316.html

導入モデル、低予算モデルとしてのオススメ(2013年6月更新)は、イキイキ酵素くんOD31
http://rawbeauty.seesaa.net/article/364700702.html


バイタミックス(ロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/

ご感想・要望フォーム
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・885部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・440部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。

応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村


IMG_5372.JPG

8/25 ちょこれこさんの
カナダ帰国お話会に参加しました。
私もヨーロッパのローチョコ差し入れました。


posted by tomo_ishizuka at 00:21| 健康(メンタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

感情鈍麻(かんじょうどんま)(4) (メンタル) vol.232

****************************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

感情鈍麻(かんじょうどんま)(4) (メンタル) vol.232

***************************************************************************

こんにちは、
発行人で、ロービューティジャパン代表の石塚ともでございます。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。



☆★☆ すべてのお申し込み、お問い合わせのメールが大変多くなっております。☆★☆
毎日迅速に、ミスのないように対応しておりますが、
不備の際はお手間ですがご指摘ください。
また、メルマガなどで告知した内容に重複した質問には
お返事さしあげられないことがございます。ご協力よろしくお願いいたします。



☆★☆  2013年秋冬期の寺子屋、昼・夜・通信ともに締めきりました ☆★☆
おかげさまで満席となりました。ありがとうございました。
食事(デトックス含む)やヨガ、瞑想だけでは届かない、「こころをとかす」場所に、
理論とワークを使ってしっかり働きかけます。
常に内容をアップデートしていきたいので、来年度の開催、内容は未定ですが
今回の募集はこんな感じでした。
ご参考までに。
https://docs.google.com/document/d/1wNwNjbPZHU_jMefbOc8573Ot9lIy1hYN2qe0cvZGAWA/edit


おためし寺子屋音声ダウンロードもご購入いただけます。
(7月3日(水)wa-living  で行われた回)https://www.dlmarket.jp/products/detail.php?product_id=232431
アフィリ報酬もついてますので、
「寺子屋」を聞いて「よかった!」と思った方は
ぜひブログなどで紹介してください。



☆★☆たくさんの方のお力で、
8刷、1万2000部のロングセラーにさせていただきました。
『ローフード 私をキレイにした不思議な食べもの』の著者
石塚とものプロフィール☆★☆
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


☆★☆このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
じっくり読んでみたい方はこちらから。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net


☆★☆ロービューティジャパン 今後のイベント☆★☆

♪12月22日(日) 13:00〜
年忘れパーティ@ピンクカウ 今年も決定! 昨年のお料理は大好評でした。
Never miss it! これを見た今、手帳に書き込んで! 
(フォームすでにできています。参加決めた方はぜひご記入下さい。)
http://bit.ly/15WmOpM
(なんとすでにお申し込みが10人以上! ありがとうございます)


♪濃厚ビジネスセミナー… システムを変えて、受けやすくなるよう調整中(日程延期)
♪ 文章力セミナー(映像版)、恋愛e-book、作成中。


☆★☆ロービューティジャパンを会場に
ローフードマイスター1・2級講座が開かれます。☆★☆
受講された方は、RBJ生徒様限定の特典がしょっちゅうあります^^
日程は
http://ameblo.jp/teteta/
こちらからご確認ください。


☆★☆ロービューティジャパンの無料e-book☆★☆
◆『高品質・低価格・高アフィリ報酬 だから売りやすい、商品リストと探し方。
ロービューティジャパン式アフィリエイト 常識的な成功法則』
http://mailzou.com/get.php?R=54692&M=22921


◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を 無料でお伝えします。
vol.01 (再配布OK)』
協賛メルマガもメルマガ強制登録もない、オリジナルドメインで公開しました!
「協賛メルマガが煩わしいから、お友達に薦めにくいなあ」と思ってた方、
ぜひこのURLをご紹介ください。http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf



☆★☆ 感情鈍麻(かんじょうどんま)(4) (メンタル) vol.232 ☆★☆


前回からのおさらい。


「感情鈍麻(かんじょうどんま)」とは、
強いストレスにさらされたときに、
自分の感覚を削ることによって「痛み」をなくしてしまう状態。
だから、自分がそうなっているとも気がつかない状態です。
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/371927382.html



感情鈍麻してるかどうかは、

・社会的、あるいは本人の達成感として「成功している」かどうか
・ポジティブな発言をするかどうか
・愛や感謝を口にするかどうか
・思想・信条・環境、平和問題などについての考え方
・栄養状態、健康状態がいいかどうか
・(上記と関係あるが)よくデトックスされているかどうか
・スピリチュアリティに敏感かどうか
・身体感覚に敏感かどうか
・よい友情、家族関係、男女関係が築けているかどうか
・キラキラ輝いている、と評されるかどうか
・「フィルター力」を持てるかどうか

などとは関係がなく


なかには
「すごくいい人生だった、最高です。感謝します」
といって、
感情が擦り切れてしまったまま、死んでしまうということも
ありえます。


でも、おおまかにいって、ふたつのタイプがあり、


見るからに感情がとぼしくなってしまい、
「能面」または「はにわ」のように見えるタイプ。

笑うときはぎこちなさやわざとらしさがただよう。
ふだん、かつて自分が踏みにじられた怒りを押し殺しているので、
ふとしたタイミングで、
それが「夜叉」の顔となって現れることがある。
(子どもや恋人など、近い相手に出ることが多い)。


(読者の habezo さんがイラストを描いてくれた!
キャー、いるわ、たしかに、こういう人)

http://habezo.exblog.jp/20228665/



もう一つは、「キラキラ型」。

キラキラ型感情鈍麻の人は、
毎日楽しく生きている感じだし、
人気もあるし、
仕事や人間関係で成功しているふうにも見える。
人を強力にひきつけるカリスマ性を持つこともある。

一方で、ある方向の感情(かつて感じた怒りや悲しみ)に対して
強い防御をはっているので
過剰な防衛を感じさせる。

それゆえ、

・人の話が耳に入ってない感じ
・何か夢中になっているものがあり、突っ走る
・人生が嬉しい事ばかり(悲しみや怒りを防衛的に回避する)
・各論ですごく鋭かったり人を感動させるようなことを言うのだが、
全体を俯瞰して見た時、矛盾を感じさせる

という感じです。


ここまで、自分が今まで知っていた知識だけで書いてしまったので、
今回、あらためて「感情鈍麻」で検索してみたら、
私の知らなかったことが、2つ書いてありました。

1つは、
トラウマ性乖離障害(PTSD)の症状だけでなく、
感情鈍麻は、「うつ病」や「統合失調症」の症状としても
認知されていること。

もう1つは、
「感情鈍麻」にはいくつかのパターンがあり、

・特定の感情だけを感じられない(「喜びを感じられない」とか「怒を感じられない」とか
・全体的に感覚が鈍麻していて、すべての感情を感じられない

ことがありえる、ということです。

病気の症状として、というよりは

「防衛的な症状」だと思うので、

(たとえば、「鼻水が出た」というのが
風邪の症状でもあると同時に、
寒いところにいったら普通に鼻水は出てくる)

感情鈍麻=病気!

という捉え方は一面的だと思います。


筋肉と同じで、「能力が弱っている」のであり、
どこまで弱ってしまったから「病気」というボーダーラインがあるわけでもないし
(ただ、感情を受けとめる能力の弱さが影響を及ぼして
心身の病気につながることはあります)
どこまで麻痺が治ったから健康、といえるものでもありません。


むしろ、筋肉のストレッチと同じように、
日々少しずつメンテナンスすることで、病気や怪我を避けたり、
運動能力が上がったり、きれいにダンスが踊れたりして
人生の質が上がっていくもの、といえます。


……そうなんです。
筋肉の質(強さ、柔らかさ)が、その人の運動能力の「質」に影響するように、
感情鈍麻は、その人の声質の「質」に影響するんです。

ただ、運動の場合、100メートルを何秒で走れるとか、
前屈して床に手がしっかりつく、というように
能力を数値化できるのに対して、
感情の場合は、「感性」という主観がポイントになりますので、
客観化が難しいのです。


でもまあ、自己崩壊する前にとめたいですよね……。

ちなみに、自分が感情鈍麻しているのに
「自分は大丈夫」と放置して突き進むとどうなるかというと、
周囲の人が自己崩壊します。
(近い人が自分の苦しさを映しだすので)


みんなで人生が薄くなっていきます
(怖いなあ)
「薄くなる」」というのはどういうことかというと、
一つの現象として
「離人感(りじんかん)」というのがあります。
「離人症」はトラウマ性乖離障害の初期段階と言われるものですが、
「自分の魂が自分の身体を抜けだしてしまい、
ぼーっと外から抜けだしている感じ」
という自覚症状があります。


私は、1997年にさいとうクリニックに駆け込んだとき、
私はとくに薬とか処方はされなかったけど、
この症状を抱えていましたね。

有名人の例で言うと、三歳のときに母親との離婚によって生き別れた父親が、
数十年後、末期がんの症状になってから彼女の前に再び現れ、
その交流の記録が綴られている
女優・浅野ゆう子さんの著書 「親子ごっこ」で、
浅野さんが、(それが「離人感」というものだとも知らずに、ごく自然に)
上記のような症状があることを書き記しています。
http://p.tl/pQPg


次回の記事では、
感情鈍麻の状態からどうやって抜け出すのか、
抜けだすとどういうメリットがあるのか、
どれぐらい鈍麻しているとやばいのか、
感情鈍麻にならない方法はあるのか、
などをお伝えしたいと思います。



《本日のまとめ》

しかし自分、浅野ゆう子さんのソースとかよく探すな…
(この本1998年出版で、川崎市立図書館でチェックした、
でも他の箇所はまったく覚えてないです)




本日もお読みいただき、ありがとうございました。



【お知らせ】
 ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問、どんどんお寄せくださいね!
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【応援のお願い】
今日の記事が「役だった」と思いましたら
・ツイッターでのリツイート
・facebook でのシェア
 ブログ村「女磨き」ランキングをクリック。
 http://beauty.blogmura.com/ladiesbrushup/
・ご自分のブログにリンクを貼って感想記事を書く

などの応援をお願いします。



【提携サイト】

あなたの心の「いやし」に最初に取り組んでほしい。
下記は私推奨の6枚セットですが、1枚づつ買うこともできます。
(私も久々に聞きました。やっぱりいいです!!)
英語の学習にもおすすめ。
下記のリンクから購入してくださった方で、レビューを書いてくださった方には、
特典として、私が独自にとった重要箇所メモをお分けします
決済メールと感想を
rawbeauty8☆gmail.com
までお送りください。(☆を@に変えてください)
http://bit.ly/PFvHfV


私の自己発見のためにまさに「寄り添い」をいただいている
高橋三恵子先生のサービスです。
http://yorisoi.com/


私が豊かなパートナーシップのためにスーパーバイズを受けている
マダム雅子こと野口雅子先生のプログラムです。
「結婚」がゴールでないという方は、先生の個人セッションをオススメします。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=131483&iid=33731
個人(対面・スカイプ・メール)カウンセリング
http://ameblo.jp/amour-wedding/entry-11564521552.html


石塚ともが勉強した中で、おすすめの教材(随時更新)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/126424055.html


ジューサーのただいまのイチオシ、エンジェル・ジューサー
http://rawbeauty.seesaa.net/article/315346316.html

導入モデル、低予算モデルとしてのオススメ(2013年6月更新)は、イキイキ酵素くんOD31
http://rawbeauty.seesaa.net/article/364700702.html


バイタミックス(ロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/

ご感想・要望フォーム
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・885部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・440部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。



応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村

IMG_5076.JPG

ローフードブログでも紹介したけど
西麻布、ラミちゃんカフェの
大きなサラダ。

posted by tomo_ishizuka at 08:54| 健康(メンタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

感情鈍麻(かんじょうどんま)(3) (メンタル) vol.231

****************************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

感情鈍麻(かんじょうどんま)(3) (メンタル) vol.231

***************************************************************************

こんにちは、
発行人で、ロービューティジャパン代表の石塚ともでございます。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。



☆★☆ すべてのお申し込み、お問い合わせのメールが大変多くなっております。☆★☆
毎日迅速に、ミスのないように対応しておりますが、
不備の際はお手間ですがご指摘ください。
また、メルマガなどで告知した内容に重複した質問には
お返事さしあげられないことがございます。ご協力よろしくお願いいたします。



☆★☆  2013年秋冬期の寺子屋、昼・夜・通信ともに締めきりました ☆★☆
おかげさまで満席となりました。ありがとうございました。
食事(デトックス含む)やヨガ、瞑想だけでは届かない、「こころをとかす」場所に、
理論とワークを使ってしっかり働きかけます。
https://docs.google.com/document/d/1wNwNjbPZHU_jMefbOc8573Ot9lIy1hYN2qe0cvZGAWA/edit


おためし寺子屋音声ダウンロードもご購入いただけます。
(7月3日(水)wa-living  で行われた回)https://www.dlmarket.jp/products/detail.php?product_id=232431
アフィリ報酬もついてますので、
「寺子屋」を聞いて「よかった!」と思った方は
ぜひブログなどで紹介してください。



☆★☆たくさんの方のお力で、
8刷、1万2000部のロングセラーにさせていただきました。
『ローフード 私をキレイにした不思議な食べもの』の著者
石塚とものプロフィール☆★☆
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


☆★☆このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
じっくり読んでみたい方はこちらから。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net


☆★☆ロービューティジャパン 今後のイベント☆★☆

♪12月22日(日) 13:00〜
年忘れパーティ@ピンクカウ 今年も決定! 昨年のお料理は大好評でした。
Never miss it! これを見た今、手帳に書き込んで! 
(フォームすでにできています。参加決めた方はぜひご記入下さい。)
http://bit.ly/15WmOpM
(なんとすでにお申し込みが10人以上! ありがとうございます)


♪濃厚ビジネスセミナー… システムを変えて、受けやすくなるよう調整中(日程延期)
♪ 文章力セミナー(映像版)、恋愛e-book、作成中。


☆★☆ロービューティジャパンを会場に
ローフードマイスター1・2級講座が開かれます。☆★☆
受講された方は、RBJ生徒様限定の特典がしょっちゅうあります^^
日程は
http://ameblo.jp/teteta/
こちらからご確認ください。


☆★☆ロービューティジャパンの無料e-book☆★☆
◆『高品質・低価格・高アフィリ報酬 だから売りやすい、商品リストと探し方。
ロービューティジャパン式アフィリエイト 常識的な成功法則』
http://mailzou.com/get.php?R=54692&M=22921


◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を 無料でお伝えします。
vol.01 (再配布OK)』
協賛メルマガもメルマガ強制登録もない、オリジナルドメインで公開しました!
「協賛メルマガが煩わしいから、お友達に薦めにくいなあ」と思ってた方、
ぜひこのURLをご紹介ください。http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf



☆★☆ 感情鈍麻(かんじょうどんま)(3) (メンタル) vol.231 ☆★☆


「感情鈍麻(かんじょうどんま)」とは、
強いストレスにさらされたときに、
「痛み」がなくなってしまい、自分の感覚を削っていってしまう状態、
だから、自分がそうなっているとも気がつかない、と、
前回書きました。
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/371927382.html


そして、
こちらも前回からの繰り返しになりますが、


感情鈍麻してるかどうかは、

・社会的、あるいは本人の達成感として「成功している」かどうか
・ポジティブな発言をするかどうか
・愛や感謝を口にするかどうか
・思想・信条・環境、平和問題などについての考え方
・栄養状態、健康状態がいいかどうか
・(上記と関係あるが)よくデトックスされているかどうか
・スピリチュアリティに敏感かどうか
・身体感覚に敏感かどうか
・よい友情、家族関係、男女関係が築けているかどうか
・キラキラ輝いている、と評されるかどうか
・「フィルター力」を持てるかどうか

などとは関係がなく


なかには
「すごくいい人生だった、最高です。感謝します」
といって、
感情が擦り切れてしまったまま、死んでしまうということも
ありえます。


でも、おおまかにいって、ふたつのタイプがあります。


ひとつは、「能面型」。

本当に表情がとぼしくなってしまって、
「能面」
もしくは
「はにわ」
に見えるのが特徴です。


「能面」または「はにわ」のまま
笑いもしますが、
ちょっとぎこちない感じ。
そして、こういう人は、
「じわっ」と怒ったとき、やっぱり怖いです(笑)


摂食障害になる娘たちの多くが、
この「能面型」お母さんの攻撃にさらされています。
(ちなみに、能面型のお母さんは、ちょっとしたすきに「夜叉」の顔を見せることも多いです)


能面型の人は、「いい人」として評されることも多いです。
団体の世話役をやってたり、
社会営利活動に貢献していることもある、と言われています。


…「と、言われています」と書いたのは、
ここまでは、斉藤学先生の受け売りだからです。


私がもうひとつ感じるタイプは
「キラキラ型」という感じの人達です
(なので私は、あんまり「キラキラしてる人」を褒め言葉だと思っていないのです。
自分もときどき言われるけど(笑)
あ、でも、最近は「落ち着いている」と言われることが多くなってきたかも)


キラキラしてるタイプの感情鈍麻の人は、
毎日楽しく生きている感じだし、
人気もあるし、
仕事や人間関係で成功しているふうにも見えます。
男性だと、威風堂々としてるし、女性に人気もあるかも。
あと、人を助けるのが好き、かも。


ちなみに、斉藤先生は、こういう女性はむしろ
「共依存」の特徴だとしていますね。

「そういう女が、家に帰ると
夫にボコボコ殴られてるんだよ〜」とか
言ってます(笑)

「キラキラ型感情鈍麻」の人の特徴を私があげるとすると
次のような感じですね……。

・人の話が耳に入ってない感じ
・何か夢中になっているものがあり、突っ走る
・人生が嬉しい事ばかり(悲しみや怒りを防衛的に回避する)
・各論ですごく鋭かったり人を感動させるようなことを言う、
でも俯瞰して見た時、矛盾を感じさせる


私、結構言語化能力があるほうなので(というかすごくあると言われている)
このようにまとめてみましたけど、


周囲にこういう人がいても、
「何かが違う」と思っても
指摘できることって、少ないかもしれません。


そして、日常生活ではそれが病気でもないし、
周囲にとっては迷惑がかかるとか全然問題ですらないなので
(逆に元気を与えてくれる人だったりもするので)
事態は放置されっぱなし、
本人も何が苦しいんだから気づかないまま
静かに自己崩壊していく、
という事態になります。



次回に続きます。



《本日のまとめ》

こうなると、下手に
「運がいい人」「成功してる人」になるのもやばいって思わせちゃうかも。
スミマセン。



本日もお読みいただき、ありがとうございました。

《寺子屋秋冬の締切は8/15(木)いっぱいです》
https://docs.google.com/document/d/1wNwNjbPZHU_jMefbOc8573Ot9lIy1hYN2qe0cvZGAWA/edit


【お知らせ】
 ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問、どんどんお寄せくださいね!
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【応援のお願い】
今日の記事が「役だった」と思いましたら
・ツイッターでのリツイート
・facebook でのシェア
 ブログ村「女磨き」ランキングをクリック。
 http://beauty.blogmura.com/ladiesbrushup/
・ご自分のブログにリンクを貼って感想記事を書く

などの応援をお願いします。



【提携サイト】

あなたの心の「いやし」に最初に取り組んでほしい。
下記は私推奨の6枚セットですが、1枚づつ買うこともできます。
(私も久々に聞きました。やっぱりいいです!!)
英語の学習にもおすすめ。
下記のリンクから購入してくださった方で、レビューを書いてくださった方には、
特典として、私が独自にとった重要箇所メモをお分けします
決済メールと感想を
rawbeauty8☆gmail.com
までお送りください。(☆を@に変えてください)
http://bit.ly/PFvHfV


私の自己発見のためにまさに「寄り添い」をいただいている
高橋三恵子先生のサービスです。
http://yorisoi.com/


私が豊かなパートナーシップのためにスーパーバイズを受けている
マダム雅子こと野口雅子先生のプログラムです。
「結婚」がゴールでないという方は、先生の個人セッションをオススメします。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=131483&iid=33731
個人(対面・スカイプ・メール)カウンセリング
http://ameblo.jp/amour-wedding/entry-11564521552.html


石塚ともが勉強した中で、おすすめの教材(随時更新)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/126424055.html


ジューサーのただいまのイチオシ、エンジェル・ジューサー
http://rawbeauty.seesaa.net/article/315346316.html

導入モデル、低予算モデルとしてのオススメ(2013年6月更新)は、イキイキ酵素くんOD31
http://rawbeauty.seesaa.net/article/364700702.html


バイタミックス(ロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/

ご感想・要望フォーム
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・885部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・440部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。


IMG_5315.JPG

ビーツとセロリのジュース。
posted by tomo_ishizuka at 21:27| 健康(メンタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

感情鈍麻(かんじょうどんま)(2) (メンタル) vol.230 

****************************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

感情鈍麻(かんじょうどんま)(2) (メンタル) vol.230
***************************************************************************

こんにちは、
発行人で、ロービューティジャパン代表の石塚ともでございます。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。



☆★☆ すべてのお申し込み、お問い合わせのメールが大変多くなっております。☆★☆
毎日迅速に、ミスのないように対応しておりますが、
不備の際はお手間ですがご指摘ください。
また、メルマガなどで告知した内容に重複した質問には
お返事さしあげられないことがございます。ご協力よろしくお願いいたします。



☆★☆  2013年秋冬期の寺子屋、昼・夜、それぞれ残席1
通信はまだお席がご用意できます。 ☆★☆
準備の都合のため、お申し込み締切日を8/15(木)いっぱいとさせていただきます。
食事(デトックス含む)やヨガ、瞑想だけでは届かない、「こころをとかす」場所に、
理論とワークを使ってしっかり働きかけます。
https://docs.google.com/document/d/1wNwNjbPZHU_jMefbOc8573Ot9lIy1hYN2qe0cvZGAWA/edit


おためし寺子屋音声ダウンロードもご購入いただけます。
(7月3日(水)wa-living  で行われた回)https://www.dlmarket.jp/products/detail.php?product_id=232431
アフィリ報酬もついてますので、
「寺子屋」を聞いて「よかった!」と思った方は
ぜひブログなどで紹介してください。



☆★☆たくさんの方のお力で、
8刷、1万2000部のロングセラーにさせていただきました。
『ローフード 私をキレイにした不思議な食べもの』の著者
石塚とものプロフィール☆★☆
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


☆★☆このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
じっくり読んでみたい方はこちらから。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net


☆★☆ロービューティジャパン 今後のイベント☆★☆

♪12月22日(日) 13:00〜
年忘れパーティ@ピンクカウ 今年も決定! 昨年のお料理は大好評でした。
Never miss it! これを見た今、手帳に書き込んで! 
(フォームすでにできています。参加決めた方はぜひご記入下さい。)
http://bit.ly/15WmOpM
(なんとすでにお申し込みが10人以上! ありがとうございます)


♪濃厚ビジネスセミナー… システムを変えて、受けやすくなるよう調整中(日程延期)
♪ 文章力セミナー(映像版)、恋愛e-book、作成中。


☆★☆ロービューティジャパンを会場に
ローフードマイスター1・2級講座が開かれます。☆★☆
受講された方は、RBJ生徒様限定の特典がしょっちゅうあります^^
日程は
http://ameblo.jp/teteta/
こちらからご確認ください。


☆★☆ロービューティジャパンの無料e-book☆★☆
◆『高品質・低価格・高アフィリ報酬 だから売りやすい、商品リストと探し方。
ロービューティジャパン式アフィリエイト 常識的な成功法則』
http://mailzou.com/get.php?R=54692&M=22921


◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を 無料でお伝えします。
vol.01 (再配布OK)』
協賛メルマガもメルマガ強制登録もない、オリジナルドメインで公開しました!
「協賛メルマガが煩わしいから、お友達に薦めにくいなあ」と思ってた方、
ぜひこのURLをご紹介ください。http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf



☆★☆ 感情鈍麻(かんじょうどんま)(2) (メンタル) vol.230 ☆★☆

「感情鈍麻(かんじょうどんま)」

もしもこの世に恐るべきものを一つあげよといわれたら、
私はこの「感情鈍麻(かんじょうどんま)」をあげますね。

どうしてかというと、「感情鈍麻」というのは、
「痛み」すらなく、自分の感覚を削っていってしまう状態ですから、
自分がそうなっていると気がつかないのです。

食べもののことを学び始めて、
よく知れば知るほど似てるなあと思うのですが、
臓器の中には、ダメージが来ても自覚症状が全然ない器官、というのが
いくつもあります。

もっともやばいのがすい臓、それから肝臓、腎臓。
「腸をきれいにする」のが流行っていますが、
腸なんかまだいいほうです。便秘や膨満感など、
ある程度サインを発してくれます。
最近の私達の食生活は、過剰な糖分とか食品添加物とか
かつてないものを摂取していますので
「ものいわぬダメージ」は胃や腸にも及んでいる可能性がありますが
(だから「デトックス」の必要が言われ始めたわけですが)。

こころというのも、やばい状態になったとき、
「ダメージを受けている」というサインを出すのを
やめてしまう器官なのです。


だから、本人には自覚がなくなってしまうのですね。


運動不足で筋肉が弱っていることが「病気」と判断されないように、
こころが凍りつき、動かなくなり、そのまま弱っていってしまっていっても、
それが病気とは判断されません。
そして、脚の筋肉が弱って歩けなくなってしまうと、
全身の血行が悪くなる→代謝が落ちる→内蔵にも支障をきたす、と、
決して外科的な問題だけではなくなっていくように、
感情がよく感じられなくなることでその人全体に
悪影響を及ぼしていきます。

しかし、脚の筋肉より心の筋肉が弱ることが怖いのは、
脚の筋肉が弱って身体に影響をおよぼす場合、
「病気」という形で目に見える現象が起こってくる(=サインを与えてくれる)
わけですけれど、
「こころ」の場合には、まったくサインが起こらず、
平穏無事に過ぎていく(ように)見える場合がある、ということです。


なにしろ、「ほんとうの自分」というものがどんどん消えていってしまうので
ヘルプのサインが出せない。

前回も書いたのですが、
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/371597543.html

感情鈍麻してるかどうかは、

・社会的、あるいは本人の達成感として「成功している」かどうか
・ポジティブな発言をするかどうか
・愛や感謝を口にするかどうか
・思想・信条・環境、平和問題などについての考え方
・栄養状態、健康状態がいいかどうか
・(上記と関係あるが)よくデトックスされているかどうか
・スピリチュアリティに敏感かどうか
・身体感覚に敏感かどうか
・よい友情、家族関係、男女関係が築けているかどうか
・キラキラ輝いている、と評されるかどうか
・「フィルター力」を持てるかどうか

などとは関係がなく


なかには
「すごくいい人生だった、最高です。感謝します」
といって、
感情が擦り切れてしまったまま、死んでしまうということも
ありえるからです。

うーん、書いててちょっと
困ってきました(笑)


なにしろ、私も情報起業家というか、セミナー講師なので、
セミナー講師というのは、
今、お客様になる可能性のある方が抱えている
「痛み」を感じ取って、その痛みの消し方を
教えないとお客さんが来ない、と言われているのですが、

お客様候補が「痛い」と感じていないもの、
へたにいじらないほうが痛まないままいけてしまうかもしれないものを、
「あなた、そこ、やばいわよ」と喚起した所で、
どれだけの人のこころにひっかかるだろうか?

なにしろ、そのこころが機能しなくなってる状態なのに。。。(堂々めぐり)


次回に続きます。




《本日のまとめ》

なんとなく、「やばい」っていうか
ホラーっぽい感じを感じていただけたら幸いです。


本日もお読みいただき、ありがとうございました。

《寺子屋秋冬の締切は8/15(木)いっぱいです》
https://docs.google.com/document/d/1wNwNjbPZHU_jMefbOc8573Ot9lIy1hYN2qe0cvZGAWA/edit


【お知らせ】
 ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問、どんどんお寄せくださいね!
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【応援のお願い】
今日の記事が「役だった」と思いましたら
・ツイッターでのリツイート
・facebook でのシェア
 ブログ村「女磨き」ランキングをクリック。
 http://beauty.blogmura.com/ladiesbrushup/
・ご自分のブログにリンクを貼って感想記事を書く

などの応援をお願いします。



【提携サイト】

あなたの心の「いやし」に最初に取り組んでほしい。
下記は私推奨の6枚セットですが、1枚づつ買うこともできます。
(私も久々に聞きました。やっぱりいいです!!)
英語の学習にもおすすめ。
下記のリンクから購入してくださった方で、レビューを書いてくださった方には、
特典として、私が独自にとった重要箇所メモをお分けします
決済メールと感想を
rawbeauty8☆gmail.com
までお送りください。(☆を@に変えてください)
http://bit.ly/PFvHfV


私の自己発見のためにまさに「寄り添い」をいただいている
高橋三恵子先生のサービスです。
http://yorisoi.com/


私が豊かなパートナーシップのためにスーパーバイズを受けている
マダム雅子こと野口雅子先生のプログラムです。
「結婚」がゴールでないという方は、先生の個人セッションをオススメします。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=131483&iid=33731
個人(対面・スカイプ・メール)カウンセリング
http://ameblo.jp/amour-wedding/entry-11564521552.html


石塚ともが勉強した中で、おすすめの教材(随時更新)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/126424055.html


ジューサーのただいまのイチオシ、エンジェル・ジューサー
http://rawbeauty.seesaa.net/article/315346316.html

導入モデル、低予算モデルとしてのオススメ(2013年6月更新)は、イキイキ酵素くんOD31
http://rawbeauty.seesaa.net/article/364700702.html


バイタミックス(ロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/

ご感想・要望フォーム
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・885部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・440部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。

応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村

IMG_5289.JPG

Raw Wednesday のマンゴー・ピーチ パフェ。
posted by tomo_ishizuka at 22:30| 健康(メンタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

感情鈍麻(かんじょうどんま)(1) (健康) vol.229

****************************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

感情鈍麻(かんじょうどんま)(1) (健康) vol.229

***************************************************************************

こんにちは、
発行人で、ロービューティジャパン代表の石塚ともでございます。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。



☆★☆ すべてのお申し込み、お問い合わせのメールが大変多くなっております。☆★☆
毎日迅速に、ミスのないように対応しておりますが、
不備の際はお手間ですがご指摘ください。
また、メルマガなどで告知した内容に重複した質問には
お返事さしあげられないことがございます。ご協力よろしくお願いいたします。



☆★☆  2013年秋冬期の寺子屋、昼・夜、それぞれ残席2
通信はまだお席がご用意できます。 ☆★☆
準備の都合のため、お申し込み締切日を8/15(木)いっぱいとさせていただきます。
食事(デトックス含む)やヨガ、瞑想だけでは届かないこころの場所に、
理論とワークを使ってしっかり働きかけます。
https://docs.google.com/document/d/1wNwNjbPZHU_jMefbOc8573Ot9lIy1hYN2qe0cvZGAWA/edit


おためし寺子屋音声ダウンロードもご購入いただけます。
(7月3日(水)wa-living  で行われた回)https://www.dlmarket.jp/products/detail.php?product_id=232431
アフィリ報酬もついてますので、
「寺子屋」を聞いて「よかった!」と思った方は
ぜひブログなどで紹介してください。



☆★☆たくさんの方のお力で、
8刷、1万2000部のロングセラーにさせていただきました。
『ローフード 私をキレイにした不思議な食べもの』の著者
石塚とものプロフィール☆★☆
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


☆★☆このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
じっくり読んでみたい方はこちらから。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net


☆★☆ロービューティジャパン 今後のイベント☆★☆

♪12月22日(日) 13:00〜
年忘れパーティ@ピンクカウ 今年も決定! 昨年のお料理は大好評でした。
Never miss it! これを見た今、手帳に書き込んで! 
(フォームすでにできています。参加決めた方はぜひご記入下さい。)
http://bit.ly/15WmOpM
(なんとすでにお申し込みが10人以上! ありがとうございます)


♪濃厚ビジネスセミナーは、システムを変えて、受けやすくなるよう調整中(日程延期)
♪ 文章力セミナー(映像版)、恋愛e-book、作成中。


☆★☆ロービューティジャパンを会場に
ローフードマイスター1・2級講座が開かれます。☆★☆
受講された方は、RBJ生徒様限定の特典がしょっちゅうあります^^
日程は
http://ameblo.jp/teteta/
こちらからご確認ください。


☆★☆ロービューティジャパンの無料e-book☆★☆
◆『高品質・低価格・高アフィリ報酬 だから売りやすい、商品リストと探し方。
ロービューティジャパン式アフィリエイト 常識的な成功法則』
http://mailzou.com/get.php?R=54692&M=22921


◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を 無料でお伝えします。
vol.01 (再配布OK)』
協賛メルマガもメルマガ強制登録もない、オリジナルドメインで公開しました!
「協賛メルマガが煩わしいから、お友達に薦めにくいなあ」と思ってた方、
ぜひこのURLをご紹介ください。http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf



☆★☆ 感情鈍麻(かんじょうどんま) (健康)(1) vol.229  ☆★☆


5ヶ月連続のロービューティ寺子屋を受講すると、
1回、無料で私との個人セッションもついてきます。

数日前、寺子屋を第1期から、
つまり2年以上受講してくれているKさんのセッションをしました。

驚きました。

Kさんはずーっと通信受講受講だったのと
最初の頃はセッションをつけていなかったので、
2年前はどんな感じの方だったのかわかりません。

1年ぐらいまえに東京に来る都合とあったので
直接寺子屋でお会いしたのと、
その後はスカイプセッション、
それに、ときどきくる質問の内容を総合すると、
とにかく
「気弱な人」でした。

彼女を見ていて私がいつも思い出したのは、
『クオーレ 愛の学校』に出てくる
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AC
臆病で、「ごめんなさい」が口癖の「ネーリ」か、
(ほんとに、私に質問するとき「ごめんなさい」って何度書いてあったことか!)
『くまのプーさん』に出てくる、
身体が小さくて木の弱い子豚のピグレット。

それが、昨日スカイプを通してお会いしてみたら、
何が変わったって、ものすごい表情が変わってました。
ほんとに、違う人でした。
職場でうまくやっていけない自分を責めていたのに、
「私が悪いんじゃないと思います。転職しようと思います」
と言ってきたのには驚きました。
(ほんとに、以前はそういうこと言うタイプじゃなかったんです)


その違いを説明するなら、
以前は
「影が薄い」
人だったんですが、
「影が濃い」
人になっていたんです。
つまり
「存在感」が出てきたということです。


私は、
「ああ、感情鈍麻がなおってきたんだな」と
思いました。

「感情鈍麻」。
「かんじょう」は読めると思うんですけど、「どんま」が
読みづらいと思ったので、個買いのタイトルにはルビをふりました。


人は傷つけられたり、貶められたりすると、
その痛みが大きすぎるために、
それを感じないようにする防衛システムが働いて、
感情を感じにくくなります。
これが「感情鈍麻」です。
だから、このシステムはその人が生きていけるように
その人を守るためのものなのですが、
いうなれば、「自分で自分のためのモルヒネを分泌している状態」
なので、
感情鈍麻が起こってしまうと、
すべての感情を感じづらくなります。

それによって、喜びも悲しみもなんだかわからない
「薄い」人生になってしまうのです。


感情鈍麻が起こっている人は、
「興奮」することはできるので、
ドキドキワクワクしたり、
瞬間湯沸かし器的にかっとなったり、
刺激に対して大興奮することはできます。
それが「感情」だと思っているので、
本人も周囲も、「感情鈍麻している」とは思わず、
むしろ「感情の起伏が激しい」と思っていたりします
(実際は「気分の起伏が激しい」のです)


そして、「感情鈍麻」というのは、なおってきたというか
感情の感知能力が上がってきて初めて「わー昔は感情鈍麻してたんだ」と
わかるので、
その状態にあるときは、自分がそうであるかもわからないし、
その何が問題なんだかわからないのです。


感情鈍麻が起きているかているかどうかと、
下記のようなこととは関係がありません。

・社会的、あるいは本人の達成感として「成功している」かどうか
・ポジティブな発言をするかどうか
・愛や感謝を口にするかどうか
・思想・信条・環境、平和問題などについての考え方
・栄養状態、健康状態がいいかどうか
・(上記と関係あるが)よくデトックスされているかどうか
・スピリチュアリティに敏感かどうか
・身体感覚に敏感かどうか
・よい友情、家族関係、男女関係が築けているかどうか
・キラキラ輝いている、と評されるかどうか
・「フィルター力」を持てるかどうか

etc. etc...

じゃあどういうことと関係があるかというと、

みなさま、そんなふうな観点で
人を見たことがあるかどうかわからないのですが、
私の言葉で表現するなら、

・「深いところからのイキイキ感」

とでもいうべきものなんです。


これ、そういう観点で人を見てないと気づきにくいことなんですけど。
(たぶん、あまりみんな問題にしてない)
でも、この

「深いところからのイキイキ感」

が、つまり、その人の人生の充実を決めるんですね。


「寺子屋」では
この
「深いところからのイキイキ感」を感じられるようにする
お手伝い(講義とワーク)をするのですが、

とっても大切なお話なので、
次回以降も、もう少し続けたいと思います。


《本日のまとめ》

きっと「感情鈍麻(かんじょうどんま)」って言葉を
初めて聞いた、という人が多いのではないかと思います。
今日はその言葉を覚えてくださいね。


《寺子屋の締切は8/15いっぱいです》
https://docs.google.com/document/d/1wNwNjbPZHU_jMefbOc8573Ot9lIy1hYN2qe0cvZGAWA/edit


【お知らせ】
 ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問、どんどんお寄せくださいね!
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【応援のお願い】
今日の記事が「役だった」と思いましたら
・ツイッターでのリツイート
・facebook でのシェア
 ブログ村「女磨き」ランキングをクリック。
 http://beauty.blogmura.com/ladiesbrushup/
・ご自分のブログにリンクを貼って感想記事を書く

などの応援をお願いします。



【提携サイト】

あなたの心の「いやし」に最初に取り組んでほしい。
下記は私推奨の6枚セットですが、1枚づつ買うこともできます。
(私も久々に聞きました。やっぱりいいです!!)
英語の学習にもおすすめ。
下記のリンクから購入してくださった方で、レビューを書いてくださった方には、
特典として、私が独自にとった重要箇所メモをお分けします
決済メールと感想を
rawbeauty8☆gmail.com
までお送りください。(☆を@に変えてください)
http://bit.ly/PFvHfV


私の自己発見のためにまさに「寄り添い」をいただいている
高橋三恵子先生のサービスです。
http://yorisoi.com/


私が豊かなパートナーシップのためにスーパーバイズを受けている
マダム雅子こと野口雅子先生のプログラムです。
「結婚」がゴールでないという方は、先生の個人セッションをオススメします。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=131483&iid=33731
個人(対面・スカイプ・メール)カウンセリング
http://ameblo.jp/amour-wedding/entry-11564521552.html


石塚ともが勉強した中で、おすすめの教材(随時更新)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/126424055.html


ジューサーのただいまのイチオシ、エンジェル・ジューサー
http://rawbeauty.seesaa.net/article/315346316.html

導入モデル、低予算モデルとしてのオススメ(2013年6月更新)は、イキイキ酵素くんOD31
http://rawbeauty.seesaa.net/article/364700702.html


バイタミックス(ロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/

ご感想・要望フォーム
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・885部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・435部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。


IMG_5290.JPG
本日 raw wednesday でいただいた
ブルーベリーパフェ。おいしかった!
posted by tomo_ishizuka at 23:59| 健康(メンタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。